--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/24

このお話はフィクションです 第1話 チュートリアル(6)

393◆Kirsi/M6uM2013/05/22(水) 23:30:52 ID:9FzQ3Hco0



                     ┌───────┐
                     │    ・      │
                     │ さあしのう    │
                     │              │
                     └───────┘
                                          ┌───────┐
                                          │    ・      │
                                          │ さあしのう    │
                                          │              │
                                          └───────┘





                           ┌─────────────┐
                           │                          │
                           │ 今日はうれしい誕生日      │
                           │                          │
                           └─────────────┘




                                     ┌────────────────┐
                                     │      ・                      │
                                     │ なんてしぬのにうってつけの日     │
                                     │                                │
                                     └────────────────┘





>>続きを読む
スポンサーサイト
このお話はフィクションです | Comments(0) | Trackback(0)
2013/05/06

このお話はフィクションです 第16~20話 勢いで嘘をつくと、意外とバレないよね

332◆Kirsi/M6uM2013/05/05(日) 16:28:16 ID:BQPJ4ets0

 .:.:.:.:.:.:.:.:..   :..:⌒;       "         __,、
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ:::: ::: :: :        ,rヽ'⌒ `^j   ヽ ..:
   ̄ `ー ‐-‐一´:::: ::: :: :       r'´       `ー'⌒ヽ`ー、:.
   :::: ::                  ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
     ┌―――――‐‐:、          ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ
     |            | \
     |            |  |
TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTiヽ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|  \
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|   |
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|   |
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |




>>続きを読む
このお話はフィクションです | Comments(0) | Trackback(0)
2013/04/29

このお話はフィクションです 第15話 チュートリアル(1~3、5)

258◆Kirsi/M6uM2013/04/28(日) 13:58:31 ID:C1.dNgsg0


  /  /. : : /:/:: : : :.:|: : :    /  ,//_. :ィ´ :、\./  /. :/           /
 .:  /. : : /:/i: : : : : | : :   /.イ/:/:<: .    \′ /  .:′         /:/  /
. { /. : : :.{/: |: : : : /|: : :  /: : :l    {rx:丶、   | .ヘ  :′      /  / : /  /ヘ
/ . : /: : / ィ1: : : .' :|:. : . ′  、   ニ=ヘ:::::\. |/:`ヽ′    /   / : : /  /: : !
 /:/: :/:.:.::| : : ハ八: : :/: :    \  \ `ークヘ、レ : : :|:      /    /   / . ′ |
:/: :/: /:.:.:.:.:.::∨: {: ヽハ: :{: :      `    ̄   ヾ:、: : |    /:′ /  //    |
: : /:./:.:.:.:.:.:.:::::∨|; : :ハ: |: :        ` ー-         |     / i  /―./: .__    :|  /
ィ/ :〈:::.:.:.:.:.:.::/ヘ|ヽ._l:ハ|: :                      |   / :| / : /ー-: . ¨. ‐:|  /:1
. !: : :|:::::::.:.:/: : : : /::::|: : : : :                    !  /   :| ′        `  :} /:`|
/: : 八:::::::::{ : : /:::::::l: : : : :                . l /   :|′ア^ : : . ._     // : j
: : :/: :∨:::::|:/:::::::::::::,: : : : :               /  ∨            {::::::>x、._  :/./
: : {: : : ∨/::::::::::::::::::::,: : : : .                ..:′        \  ャく::::::::::ィミメ、{/
/|: : : /:::::::::::::::::::::/:, : : : .              .:/:                `: ._ ` =ニ:=イ /
  |: /:::::::::::::::::::::::/: : : :, : : : .           /::                   ` : .__ /  . :
 /:.:.:.:::::::::::::::::/: : ___∧: : : : .                             /. . . : /




>>続きを読む
このお話はフィクションです | Comments(0) | Trackback(0)
2013/04/24

このお話はフィクションです 第14話 ゆうしゃのぎむ

155安価スレッドはEXへ!纏めて落とします2013/04/20(土) 14:41:18 ID:cHUyisIk0
面白いスレ発見。
もしかして、喪女マミさんの人か、ニート地球を守るの人かしらー?


156◆Kirsi/M6uM2013/04/23(火) 20:05:00 ID:QFQerHm60
特定班の方が、複数の作者さんを挙げるのは卑怯ですよw
他の作者さんの名誉のために、名乗らざるを得なくなってしまいますからw

というわけで
>>155
はい、私は以前◆nbtQ7vmOmUとか◆mami/sXKGkという酉でスレ書いていました
お久しぶりですが、過去作としてwikiに挙がっているもの以外は、書いていません
まあ酉は別酉も含め全て過去に割ってあり、キャップも消失しているので証明できませんがw

そんな感じではじめます


157◆Kirsi/M6uM2013/04/23(火) 20:05:32 ID:QFQerHm60


 _,n_00    ___  __     _,n_00    ___  __     _,n_00    ___  __
└l n |    く,ニ ! └┘/7 └l n |    く,ニ ! └┘/7 └l n |    く,ニ ! └┘/7
  U U     くノ   <ノ    U U     くノ   <ノ    U U     くノ   <ノ

__i][i___i][i___i][__________][i___i][i___i][i__
ニニi!ニニニニニニニニi!ニニ、||        ||        || .,ニニニニi!ニニニニニニニニilニ
 .(O)        (O)  | ||  | ̄ ̄|. || .| ̄ ̄|  || |   (O)        (O)
     |||     ||ll| ||  |    |: || :|    |  || |ll||     |||
=======i|!=======i|ii| ||  |__|: || :|__|  || |ii||=======i|!=======
     |||     ||ll|_||        ||        ||_|ll||     |||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l[|_||        ||        ||_|]l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,l | ||        ||        || | l_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_
________i | ||____||____|| | i_________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                     │ ああ、でも良かったですよー   │
                                   \_____________/





>>続きを読む
このお話はフィクションです | Comments(0) | Trackback(0)
2013/04/19

このお話はフィクションです 第13話 おっぱいサクリフィスランド入園料4935円(税・チャージ料込)

112◆Kirsi/M6uM2013/04/18(木) 22:47:51 ID:d2iiacnQ0
・ 今回の話数は記載ミスです
・ 全10話で終わります
・ どちらも嘘です


113◆Kirsi/M6uM2013/04/18(木) 22:48:32 ID:d2iiacnQ0

├┬──┐\: : |:::: : : : :|:::::::::\            __,,.. .-'' ‐- .,,_
|::| :::::::::::│:::::ト-、: : : : : :|:::::::::::::::\__,.. .-‐ '''""~{_}        { } ~""''' ‐- ...,,__/
├┴──┘:::::ト-、\___ : !::::::::::::::::::::\   {_}    {_}        {_}           { {
.          |.  \___\二二二二}\ー――――――┬──┬─┬──┬─┐{ {/
=‐- _     |   | | \}____}}\ }二二二二l ──┴──┴─┴──┴─┤{_}ィ========
::| l! l| ト 、  .|   | |  |:::::::::|  | \」───┬、\} |   [二二二二]   ∠_/{ .〃:|:::「 ̄ ̄ ̄
::| l! l| | i|  |   | |  |:::::::::|  |   l       |  「   |「|-r _ _      r‐「「  | {{ l |:::|
r‐、l! l| | l|  |   | |  |:::::::::|  |   rfミ、nr、  |  |   .||:| :| |  |:|  n  「| |:|  :| || l |:::| |
=ミ....l| | l|  l  _ |  |::::::__ .|  .{_::}}に} l _   .||:| :| | _|」  {ハ} .|:| |:|  :| || l |:::| | l
二ニ}}_」 |o.ll ∠__/|   .∠__/l .| ./ニ/|爪リ ./ ∥:|.__|:」=-r‐‐n、 ; {T} _n !:!  r=‐- :|:::| | |
二ニl:}   | ll | | | .|  .| | :|  |   .|:| |/l   l辷} |::|    ||辷} |}  {;リ ト{辷}ーr―ト:ヽニ} |:::| | |
二ニノ‐┐┌―! ! ! ̄「 ̄.| | :| ̄ }{ ̄ |:| |/|__l↑| |::|    ||↑| |}   .ト|↑|..」_.|::::|↑| |:::| | |
:/::::l‐一  ー‐| | |一^ー | | :|一 ^ー‐.|:| | .| ̄ ̄|:::::| |::|    ||  | |}   .ト|  |   |::::|  | |:::| | |
ハ:: }  /    | | | .|  .| | :|  |   .|」 | .|    |:::::|_|::|    ||  | |}   .|.|  |   |::::|  | |:::| | |___
}..{:リ/      | | |/   | | :|/    .! |/   .| :::::::: |    廴 :| |}   .、|_|   \|_|_|:::|____
l {::}        ̄      ̄      . ̄      ̄ ̄         ̄                 ̄
」「」
      _/___          _/__    _  |_                  _\_
    /                   /               |                       \

                                         ┌────────────────┐
                                         │                                │
                                         │ 駅まで徒歩16分。走れば10分     │
                                         │                                │
                                         └────────────────┘




>>続きを読む
このお話はフィクションです | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。