--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/12/04

短編「キル夫剣豪」

111◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 18:05:08 ID:yTepBew.
昔書いてお蔵入りして、キル夫剣豪にリメイクした短編を発掘したのでそれを21:00か22:00頃に投下します


115◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 20:59:36 ID:yTepBew.

           ____
          /       \
        ,(●)  (● )  \
       / (トェェェェェェェイ)    |
       |  ヽェェェェェ/    |
        \_/⌒ヽ、-- .._ ,/
          |   イ    ` ̄ヽ
         ヤ/‐<__ ,..、   ヽ.
          |        ゝ、   ゙.
             ',         |ヽ, トヘイ´>
          ',          |ヘトイ「」"´
           ヤ        {〉、<"
              j         トメヽ>
          /            |
         . イ./          |
      イ  ,.イ.            |
   . イ  . イ´ /         /  |
  ト、_ イ   /      /´l"    |
         /       /  |    |




俺は剣一筋でずっと生きてきた
もう剣を握って30年になろうか


116◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 20:59:50 ID:yTepBew.

       ____
     /     \
   /         \
  /     (ー) (ー)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \    \ェェェェェ//




世間では俺の事を「達人」というらしい
だが俺にはそんな自覚はない


117◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:00:03 ID:yTepBew.

                          |\
                          | ||
                          | ||
                         | ||
              /  ̄  ̄ \    TT
            /         \  (  )
           /  (●)   (●) \ | |
           |  (トェェェェェェェェェェェイ) |/ /
           \ \ェェェェェェェェ// /




確かに俺は剣を使えばそれなりに強い
だが、剣が無ければちょっと強い大人程度だ


118◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:00:15 ID:yTepBew.

           x - ─ z 、
       ,. z=イ         ヘ
      イ       .YMヘ     ヘ
      l     ィ i i リリ ̄ ヤリリ ヘ l!
       {   .ノイイ.イ`   ≠イソ. ノ
    ー≦斗イzi!´ ̄`YY´ ̄`iイ=z
     Y   .i jl ヘ _ ノ .、 _.ノヤ}
     ヘ _ z ゝイl!   r - ァ 込ン、
     Y  .{! j!、  ヽ / /イハリ
.     ゝ z.込ソj ヘ   ¨ イ込ン._
   ≦≧z´ ̄r 、≒r > <z≧Yイ,:::ヘ´ ̄ ><
.     ::::::::::::::::::ヘ.∧::::xz._    jイ::::::ヘ` ≠=イ
    ::::::/:::::::::::::: ',7ハz≠y、 ̄ ¨´::::::::::::〉 0
   :::/:::::::::::-:-::ヤ/////,ヘ:::::::::::> イz、 _ ,. 斗
    イ:::::: ̄:::_ ,: zj/////.ハ’_ >"><:::::::::::::
   :::> " ´ ヽ ,'/////.j!ー ¨  ̄.j.○.レヘ:::::
            _.//////7´    \∧フ! /ヘ
   ヘ   ,. ィ .V/////7 _        .j、Y
   /ゝ / /、ヘ // j!     ̄ ー  .i ,.ィzzz
   :::::::ヘ  ヘ  >.7o         j//////
   ::::::/:ヘ   >ー ’z{二二二≒z  ノ/////




「達人」というのは俺の師匠みたいに
剣以外で戦っても強い奴の事を言うと思っている


119◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:00:29 ID:yTepBew.

       ____
     /      \
   /         \
  /  (●) (●)   \
  |     r───-、     |
  \               /




まあそれ以上に納得できない理由は
俺に剣の才能があるわけではないからだろう


120◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:00:43 ID:yTepBew.

               iヽ.
               \\
                 ム气
       ____        .(´r、ツ
     /     \   ../ / ヾ
   /         \/  /
   .' (●)       \ . /
  .!ェェェェイ)          |/
   iェェ/        /
   `=、   r   、  〈
       \  ヽ  \ ヾ
        \  \  ヽ ゝ
         \  〉  〉 j
          〉/  / ハ
        / (_ノ ノ ヽ
       /    /\   \
      (   <´    \   \
      \   ヽ     \   \
        >  }      ヾ   ヽ
        ゞ、_ノ       廴  }
                    弋__ノ




実際俺は弟子の中では落ちこぼれだったし
今も30年分の経験があるからこそ、才能がある奴に勝てるだけだ


121◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:00:58 ID:yTepBew.

       ____
     /      \
   /         \
  /.  (●) (●)  \
  |   ハェェェェェハ   |
.  \  |_ェェェェェェェェ_|  /




まあ、自分に才能が無いのはよく分かっていたし
今更剣以外で生きて行くこともできないので、このままでも良かった


122◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:01:11 ID:yTepBew.

                ,ィ7
               /,/
            / /
              / /
.             / /
            / /
           / ̄ ̄\
          /\  /  \
.         | (●)(●)  │
.         /| (__人__)   .|
        / ,| ` ⌒´     |
.    ィ´ /''ヽ      ノ
   (⌒) イi一‐ヽ、   /
    7 .K.`ー--→―― )
    ヽ/ ヾ--‐―‐  /
.       /      /
      /      /




そんな中、勇者であるあいつが来た


123◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:01:23 ID:yTepBew.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     |vvv|ノ
.  |      `^^´}
  |        }
  ヽ_.   l~~i ノp~~i
   ( \/ / 卜 /
   |\  /  .| /
   |     /⌒i
  i⌒ 、`ヽ  ´/
  レ^丶、_)_`)




最初は変な奴が勝負を挑みに来たと思った
しかも剣をはじめて二週間だとかのたまう


124◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:01:35 ID:yTepBew.

       ____
     /      \
   /         \
  /  (○)  (○)  \
  |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
.  \ Lェェェェェェェェ._l  /




が、そういった感想は驚きにかき消された


125◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:01:48 ID:yTepBew.

        ,へ            |         /
        /、 ,ヽ、      _____     /
       l  ^  |    /        \ /
        l   |  .| \/   , -―- 、      \
       l  |  | /   /     \     \       _
        l .l .|     |        i      |__,.. - ''"
         l l |   /|   ノ  ヽ、_ |      | _______
           l ! i  /  丶 (●) (●) /      |
            l ^ ト、     \(__人_/  ̄ ̄ ̄ / .__
          { ー'U         `ー./_/ ̄/  /// 7
           {,='ヘ     ___/   匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ
          ミ  ' ̄ ̄         // ./     l /l / / ./
           `ー――------- '  / ./        /./
        /            |   ̄       \  ̄




無論、俺が負ける事は無かったし、戦闘中は手加減もしていた
だが、奴の剣術は二週間などという短い間で身に着けたものとは思えぬ程の出来だった


126◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:02:00 ID:yTepBew.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´




勝負の後、奴は俺に弟子入りしたいと言いはじめた
俺は「俺を倒せたら考えてやらんでもない」と適当に誤魔化したが


127◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:02:13 ID:yTepBew.

                ト、 _ _ _
   <三三三三三三三三| |l_l_l∩l
                レ'/  ノ    ____
                 |  |    /―  ―\
                 |  |  /(○ ) (○ )\
                 |  |/             \
                 \ |              |
                  \\           /




弟子だなんて冗談じゃない
あんな才能にあふれた奴を弟子にしたら俺は嫉妬を抑えきれないだろう


128◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:02:25 ID:yTepBew.

       ____
     /     \
   /         \
  /           \
  |     (●) (●)   |
  \  (トェェェェェェェェイ)/




結局奴は去った
去ったは良いが、一ヶ月後またやってきた


129◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:02:37 ID:yTepBew.

        i|i            i|i   / ̄ ̄\
     i|i             i|i  /  _ノ   \
.    i|i             i|i   (●)(● )    |
  i|i              i|i   (__人__)       |
 i|i               i|i    (`⌒ ´       !
i|i               i|i      ヽ       |
i             i|i       {         ノ
            i|i   /⌒`      ` ̄`ヽ
            i|i    |                  ) ,.、
                i|i    !   ト、         i  //:::::\
             i|i   |  |│         │ \∥∥::\
i                 i|i  |  |│         i:\ ∥∥:::::::::\
|i                 i|i,  |  |│         !::::::::∥∥\;::::::::l|
i|i                 i|iト、|  |'´         \::∥∥(mU〉:::::l!
<三三三三三三三三三| |(ノ)))ニ⊃          \::::::::`二:::::::;!
                 / レ′ _,,,,.. -‐'´`\       \ ̄ ̄ ̄
              {    i´          \     ヘ
             |    |          ヽ     ヘ
             _,〉   〈             ヽ     ヘ
           (´________ノ               ヽ    ヘ
            `  ̄  ̄              ∨______`)
                                  ̄  ̄ ´




諦めずに修行してきたらしい
一ヶ月の修行とは思えぬ程強くなっていた


130◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:02:51 ID:yTepBew.

            ____
          / ::::::::::::::::\
        /  :::::::::::::::::::::::\
       /   ::::::::::::::::::::::::::::::\
       |    (〇)::::(〇):::::::::::|
       \  (トェェェェェェェェイ)::/
       /   ..:::::::::::::::::::::::::ヽ
.      / /|  ..::::::::::::::::::::::i::::::i
____/ /__| ..:::::::::::::::::::::/|::::::|
___,廴j__ヽ   r::::::::/ ハ::::,)
         ヽ  |/
          >__ノ;:::......




余程密度の濃い修行をしてきたのだろう
俺は本気を出さざるを得なかった


131◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:03:04 ID:yTepBew.

        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |




本気を出したら勝ったが、奴は悔しかったのか泣いていた
泣きたいのはこっちだ。お前はどんだけの才能があるんだよ。


132◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:03:15 ID:yTepBew.

                           /  ̄ ̄ `ヽ
                             ノ /  ̄ .丶  \
                         / /      V ヽ. \
               , 、         |   i_\   /_, i   ヽ ヽ
                /  ` <         i   |(●ゞ イ●) |   , |  i
            /     ` <    ゝ.  ヽ (_人__,) /  ,’イ  V
             /         ` <  ゝ  ヽ`´_`_ ノ  /」    \
              /       _     ` <ヽ  ヽ  i  .´/    i  ヽ
          /       /:::>:::..._   `ヾ   ゙i  |  /     丶 |
            /       /::::::::::::::::::::::::`>::..._ `ヽ-.,,>  ,´、         i
        /       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>|i:|   7  \   メ ト、
         /        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:|_.ィ´     ヽ、  ,   丶
       ./        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> |i:|        ゝ \   |
      〈       V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://¨´         ヽ ヽ  |
        V         .V:::::::::::::::::::::::::::::::::::://              \ i  ヽ
          .V         .V:::::::::::::::::::::::::::://                   }    }
         .V         .V:::::::::::::::::::://                 / i   .i
           V       V:::::::::::://                   `´ ̄ ̄
          V       V:::://
          V       V'./
            .V      ./
           .V    /
              V ./




さらに一ヵ月後、奴はまた俺に挑みに来た


133◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:03:27 ID:yTepBew.

                    ___
                _,. '´      ̄`、
               /          \
              |                |
                ノ、  {  ヽ    r  ァ /
            /  `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ
           /   ,イ  ` ‐--‐'´ ノ    |
           /    / |       / ´     ,'
          Y   /  l  __,.、 /  ,.-‐''''‐、/
          |゙';‐-;;,〉二 ̄   \ ,イ    ,.;;l ::::::::
          `'''"´⌒`ヽ;;;:;::::...;;;::>|;    イ'::::::
                 | `゙。;;’´ 厂|     l:::::
                l     /  l     |:::
                ヽ、.,,__,ノ  l     ヽ、
                       `ー---一'




結果はというと──


134◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:03:39 ID:yTepBew.

            ____
           /   u, \
         /  u.      \
        / (○)ililili(○).u  \
        | (トェェェェェェェェイ)    |
        \ \ェェェェ /    /
        :i     U     ):
        :|   !    /____/i:
       :,-| . |ー-、/ ゞノヽ .|:
      :{_ i、___,l   |    、 |:
       :)ソ(___i)---|    |.ノ:
              ゝ-i--i´ ;
                `-゙




俺は負けた
接戦だったとはいえ、俺の30年は奴の二ヵ月半に負けたのだ


135◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:03:53 ID:yTepBew.

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |




そんな状況で奴は俺に弟子入りしたいとのたまった
が「俺に勝った時点で免許皆伝」と誤魔化して帰らせた


136◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:04:04 ID:yTepBew.

       ____
     /     \
   /         \
  /. u   (●)ili(●)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /




分かっていた筈だった
俺に才能が無い事を


137◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:04:16 ID:yTepBew.

       ____
     /     \
   /         \
  /. u   (ー)ili(ー)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /




分かっていた筈だった
勇者とあろう者の才能と俺のような凡人の才能を比較してはいけないと


138◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:04:28 ID:yTepBew.

     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l  _,-ー、
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |/'、=--ー: :メ,
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :/: /' _.,,=-ー`´i
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'ー/ /´,_=-ー'': : :)
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/ 'ー(,,r'"_,--一,ー ,.゙(,
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\  ゝ: : ̄.:゙i,: : :: : :,r': ヽ
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\ ``-" \,_、: : :: : : :ヽ
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\   ``ヽ: : :: : :: : :ヽ




負の感情が俺の中に渦巻く


139◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:04:45 ID:yTepBew.

..      ____
     /     \
.  . /  (●)  (●)
  /  (トェェェェェェェェイ)\
  |    \ェェェェェ/  |
.  \           /
.   ノ          \
 /´             ヽ




が、よく考えれば今までと何ら変わりない
俺より優れた奴は何人もいるのだ


140◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:04:56 ID:yTepBew.

: : : : : : : : : : : : : : ' ., . . . . . `ヽ、  _ ___
: : : : : : : : : : : : : : : : ' , . . . . . .: : :: : : : : : :: : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : :' , : _,.: : :, ' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:' .
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ':,: : : :.i  .:.:.:.:.:.:.:   i
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: : :..|:.          |
: : : : : : : :__: : : : : : : : : : : : : : |:._ ノ ヽ __ |
: ,. <´ ,. イ: : : : : : : : : : :彳ヘ!| ( {:::} ) ( {:::} )/i'´`ヽ
    ≫: : : : : : : : : : : _: :i' <ヘ(___人____)イ´ヽ . . \
    ∧. . . . . . . . , イ: : : :ヽ、: : :t i、 - -、 /.イ: j. . . . . .`ヽ、
..イ´ ̄``. . . .,---- 、. . . . . . .i. . ./ハ>、 イ!テ´: :.i-.イ ̄ ̄`ヽヽ
≫---< /    ハヽ. iヽ∧. . ヽ iヾ:} {::|ハ. . ../. .__. . .,ィ. . .ノハ
 . <´ r、'、 _  .<ニr-<ヤi j. . ハ.l.i:) i/i 7. . ./>'´. r-'´   }
:.r、:.:.:.:.∧ニニv':r-j: :i: /: :/ハイ フ================================y
:.{ミヽ廴三三三i|: :i: :i:ィ',: i---' /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニイ
:.:`ヽ:::::``ヽ、<:::ハ、ヽ_ヽ_人j=-'<.ir:Y r-7/  > ' ノ´ ̄7'´
:.:.:.:.:.:.``ヽ、:::::::::::::::i:::> 、:< ':,ヽ、=、_,.{_/イ´_,. -‐' .イ:::/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、ノ::::::::::::::::::::\--、_ハ / ´   ) .イ::::::::/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、:::::::::::::::::::::}  ヽ`ヽ   /: : : : :./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:::::.イ     '   /: : : :'´,':./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ' ´   ¨´ヽ、       //: : '  .:': /
:.:.:.:.:.:.:.: イ            i  >、x<: 〈'   ,:':./




やがて、勇者が魔王を倒したという知らせを聞いた


141◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:05:06 ID:yTepBew.

           ____
          /       \
        ,(●)  (● )  \
       / (トェェェェェェェイ)    |
       |  ヽェェェェェ/    |
        \_/⌒ヽ、-- .._ ,/
          |   イ    ` ̄ヽ
         ヤ/‐<__ ,..、   ヽ.
          |        ゝ、   ゙.
             ',         |ヽ, トヘイ´>
          ',          |ヘトイ「」"´
           ヤ        {〉、<"
              j         トメヽ>
          /            |
         . イ./          |
      イ  ,.イ.            |
   . イ  . イ´ /         /  |
  ト、_ イ   /      /´l"    |
         /       /  |    |




だが、そんな事は俺には関係なく
今日もまた剣を振るだけだ


142◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:05:18 ID:yTepBew.

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u.|
.   /,'才.ミ)トェェェェェェェイ)/
.   | ≧シ'ヽェェェェェ/ \
 /\ ヽ          ヽ




どうせ俺にはそれしか生きる術を知らないから


143◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:05:39 ID:yTepBew.

            ____
          /     \
        /         \
       / (●) (●)    \
       | (トェェェェェェェェイ)    |
       \ \ェェェェェ/   /_
     //              ヽ /\
    / /        _     /  /
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
    |              | /
    |__________|/






                おわり


144◆DTkWOlJnAY2013/12/03(火) 21:06:23 ID:yTepBew.
やっぱりコレはリメイクして正解だったと思います
でもまあ、お蔵入りのままもなんかMOTTAINAIので


関連記事
やる夫は最強にならなければならないようです | Comments(15) | Trackback(0)
Comment
No title
また読みたくなったわ>剣豪
No title
どっかで似たような話を読んだような気がするけどなんだったかな
これはこれで好き
No title
これは別のブログでまとめられてたな
No title
久しぶりに読みました。乙です。
No title
米2
リメイクって書いてるからリメイク前のじゃない?
No title
リメイクしないほうが良かったと思うが。

何も訴えたいものがない、特に山も落ちもない物語が
作者の理想なのかな。

明らかに盛り上げどころがごっそり削げ落ちてるんだが。
No title
盛り上げどころ・・・?
No title
盛り上げどころってのは、起承転結の「転」の事じゃないかな多分。
物語が始まって、魅せられてきたのに、山場の無いまま、結果だけ聞かされる。
という風に感じたんだと思う。
あくまで個人的な予想ね。
No title
俺は中編の奴のほうが好きだったけどなー
No title
上2

つってももう、なんかこの作者に粘着してる奴が居るだけの気がするわ
キル夫剣豪は大傑作ってんではないかもしれないが、
中篇としたら折に触れて話が出てくる位に佳作だろう。
No title
というか同じ人だったのか
No title
昔書いてお蔵入りして、キル夫剣豪にリメイクした短編を発掘したので

ってあるから、この短編をあの中編にリメイクしたんでしょ?
だから作者さんもリメイクしてよかったって言ってるんじゃない?
No title
リメイク後を読んできたけど面白かった
アレがかけるのに最強の方はなぜああなってしまったのか
No title
こういった作風は全然ありだと思うな~。
淡々とキャラの内情を語るだけってのも風情があって好きだよ。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。