--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/11/18

やるやらと学ぶ人名講座 第2章 世界の姓  - フランス編 -

47◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:03:50 ID:ovqQJBq.

第2章 世界の姓  - フランス編 -


48◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:04:17 ID:ovqQJBq.

  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.


50◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:04:36 ID:ovqQJBq.

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\      さて、今日から新しい地域っていってたおね。
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    どんな所か楽しみだお。
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ
       ヽ   ̄   ̄ |
       |      /
        |   r  /
        ヽ  ヽ/
         >__ノ;:::......


51◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:04:57 ID:ovqQJBq.

     / ̄ ̄ ̄ \
    /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::        |  /⌒ ポチッ              ピンポーン>
  \::::::::::::::::        / /  /
    | :::::::::::::::      ̄ ̄ /
    |  :::::::::::::       |--‐‐'
    |  ::::::::::     |



               -―─- 、
           /         \      やらない夫ー?
         ′  ⌒    ⌒   ,
          i  ( ―)  (― )  i     遊びに来た・・・・・・
          |     (__人__)    |
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/                         ガチャリ>


49小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 20:04:35 ID:vdOh9JJ2
ルイズ(ryの解説もありそうでwktk


52◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:06:20 ID:ovqQJBq.

>>49

ま、まさか、貴方は、予言者!?



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||                                |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||                                |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||                                |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||               __               |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||           "´      ` 、           |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||         /    !       ヽ          |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||       /     !     !    キ          |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||       /   /   |    |   ! !i         |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    ハーーイ!!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||       |从. Tナ <ハ  ! _,.!斗‐ ! | i        |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||       ∧ !、|圷テfト |ノリ「rセT!Vリ  ! |         |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||      / / !ハ 弋:rリ    弋:rリ /  / ヘ        |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||     //  !ハ. ::::   、   ::::/  /::.. \      |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    /  ....::i. へ、  ‐-   , イ  /:!:::::.   \     |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  / ..:::::://  ::|>_、. _ < /  /:::ヽ:::::::..   \   |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| ./  ::::::://   .::」_r|`>v<´_/  {__  \:::::::. . ヽ  |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| | :::::::://   ::::::/::::\(☆)/:.、  \::ヽ \::::::::  ) |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| |:::::::::./   :::::::/::::::::::::::) (::::::::::::∨   \! ::::::::):::: /  |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| ! !::::/  :::::::::/::::::::::::::/i| |i\:::::::.ヘ   ヽ:::::/  /   |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| V| {   ::::::::::|::::::::/   || ||  \::::::|:::   ∨  /   |:::::|.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| / \  :::::\::/     ` ´   ヽノ:::::   |  (    |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||   ::::::!!\.  :::::\     i     /::::   /:::.   \  |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  :::::::::川.|ハ   :::::丶   |:  /:::::  / |:::::::::   }  |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  ::::::// |ノ    ::::::ヽ |:. /::::::::  (― |::::::::::  /  |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ガチャリ


53◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:06:51 ID:ovqQJBq.

           ,. -‐===‐-‐-
        , : :´: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
      -‐': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :' ,        あら、特徴的な・・・・・・
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : 丶: : :ハ
.   /: : : : : : : :,′: : : : \: : : ヽ: ヽ: : :ハ: : : :丶      貴方が、やる夫かしら。
   /: : : : : : :i : l: : : : : : :: :ト、: : : `: :',: : : ', : : : : ,
.  {: : : : : : : ハ: ',: : : : : : : :} \: : :从: : : l : : : : l
.  八: : |: 、_ l ハヽ: : : : : :ノ, -‐弋:厂i: : : |丶: : : ',
   ヽ::i:: :: :, `廾ト\: : : i   __,、丿: : ,': ハ: : : :l
.    ノル': 八≠=z、 }: :丿''爪⌒,`从:: : :l: : : ', : :ヘ
      ∨ゝ` 圦ハ ノ'´   匕:刈 /: : : ,: : : :ヽ: : :\
        }: :ハ V:リ      `¨¨´./:: : : ,′: : : : \: : `ヽ
.        从 : ',    '       ,′: : /: : : : : : : : :ヽ: : : ',
     /: }: : : ト.   -、     /: : : : i: : : : : : : : : : :',: : : l
    /: : : ノ'´: : : : : 、      ィ : : : : : :',: : : : : : : : : : l: : 丿
    /: : : /: : : : /: : : ,.r≧l  ハ: : : : : : 丶:: : : : : : : : :\'
.   {: : ::/: : : : /: ::∠ ∧r‐一' ∧: : : : : : :ト:: : : : : : : : : : ヽ


54◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:07:34 ID:ovqQJBq.

               ____
             /      \      おっおっお!!
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ●) ( ●)ヽ    そうだお。
            l      ⌒(__人__)⌒ |
          \     ` ⌒´   /    初めまして。
          /             ヽ



               ___
              /      \       今回は、
            /   ⌒   ⌒\      お嬢ちゃんが、
         /   ( ●) ( ●)\    やらない夫に預けられているのかお?
          |      ⌒(__人__)⌒ |
        \     ` ⌒´   /     小さいのにしっかりした良い子だお~。
          /⌒           ヽ
       |   ヽ__     _ ',
          :、_     )  ( ̄ _丿
          |   /  ̄`i  / ̄  `i
          |      |     ,    |
         ∧ |     |__/     /
        `ーヽ _ |   |  _/
          (__)  、__)


55◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:08:22 ID:ovqQJBq.

 / .:./       \       ヽ    i      |i:.   i
./ .:./           ヾ、 ヽ   .:',.:.:.:. .:l       |l:.:.   l
i .:./| .:.:.:       :.:ヽヽ ヽ.  .:.l:.:.:.:._ -ト      | |.:.   l     お嬢ちゃん・・・・・・?
.:.:/ l .:l.:.:.  .:.   .:.:.ヽ ヽ.:.ヽ.:._-ト‐´:.:.:.!     l l:.:.   l
!.:|   l.:.:!ヽ.:.:.  .:.  :i.:.:.| ヽ_}-l  |、.:.:.:.:ハ     / l:.:.   l     小さいですって・・・・・・?
f ト、_ l.:.| ヽ.:.:.:. .:.:. .:|l.:/ /}リ_l=/ヽ--/!‐   / l.:.:   l
ヾ!==ヽ:i|、.ヽ.:.:.:.:.:../lソニ=リ ̄l:/ |.:./ ,'    / イ.:.:.   l
. ヽr 、 ̄ヾヽ ', l 〃/リ ̄ r-,  /  l/ ./.:.  .:./  / ヽ    ',
  {:i:} _ノ   j | /  ヽ、{:!:i    //.:. .:./  l:.:.:.:.\  ヽ
_-―ニ     ソ    ‐テ=―‐ ´ /:.:. .:./   /.:.:.:.:.:.:.ヽ、 \
   ‐´               U /:.:.:.:./    ト、.:.:.:.:.:.:.:. \  ヽ、 ピクピク
         ,           /.:.:.:./.    {::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \  ヽ
               _ノ、  /.:.:.:/:      ト、::ヽ‐、.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ヽ
   ___,  ----―‐=_ニソ /.:.:.:./:.      l:::l::::l::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ',
‐-、 `ー==-------―  ̄   _-/.:.:.:/.:.       ',:::i:::|::::::::',.:.:.:.:.:.:.:.:.  ヽ l
  ヾ ‐ 、     ̄    ィ ´ /.:.:.:/:.:.          !:::/::r、::::l.:.:.:.:.:.  .:.:. ヽl
   \ ` ゝ‐ - ‐ ´ /   〈.:.:.:,':.:.:.         ヾ::/:::ヽ::ト、 .:.:.:.:.:.:.:. リ



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |       お?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /        どうしたんだお?
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\     お嬢ちゃん
.    |  /     \_ノ


56◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:08:41 ID:ovqQJBq.

: : :{: : :∧: : : : : : : : : : : : : : `: : : i: : : :}: : : : : |/: : : : : :|
\: :',: : : : : : : 、: : : : : : : : : : ノ:: :: :|:: :: :|: :: :: : :i: : : : : ┏┓┏┓
: \从: ∧: : : ヽ: : : : : : : : :}: : : /,.斗匕:: : : :八: ::┏┛┃┃┗┓    誰が!!
: / \:/ ', : : : |: : : : : : : λ: /ハ: : / ', : : |:: : : ┗━┛┗━┛    超弩級豆粒チビ嬢ちゃんですってーーーっ!!
/   ヽ,\, ∨゙: :|: : : : : : :/ /: / } /  l: :从: : : ┏━┓┏━┓
-‐====ミ、\:゙i: :: : : : :/,. -‐====ミ、| |: : : : :┗┓┃┃┏┛
       `ミ `7 Iw/彡         `ミハ : : : : , .┗┛┗┛
        刈厶イ. 从,            刈: : : : :i: : :∧
-===-‐彡      `ー -===-‐彡 : : : : : :! : : : i
                        |: :: : : :ハ: : : :',
      /^ヽ___,r‐一'`ヽ       |: : : : ∧',: : : }
    /    -‐…‐- 、   ' ,      |: : : : i : ヽ : : 、
    / , ´: : : : : : : : : ::` 、  ヽ       ' :: :: ::从: : \: :',
.    |, ': : : : : : : : : : : : : : : : \ |   /: : : : : 八: : : : : ヽ丶
/:`  _{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }_, イ: : : : : : : : : ト‐-ミ、_: :∧
///| 人 __ _      _ _ 丿 / : : : : : : : : : ∨////} : : ',
///|     \   ̄ ̄ ̄´/    / : : : : : : : : : : : \///|: : : ヽ
///{      `ー┐ r‐一'       {: : : : : : : : : : : : : : :ヽ/∧: : : :



         ___
        / .u   \                   お、おおおお!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


57◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:08:59 ID:ovqQJBq.

                   / ̄ ̄ \
                  ヽ  _,.ノ   \                  お、おい、何があった!?
 <ドシーン!!           (○)(○ )   |           _
                 (__人_)  u  |     _......-::::::::::::::::::ヽ
                  }ト┬r}     |  _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  '、`⌒ ´     |<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::/:::::::::::\
                   |      ィ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}/::::::::::::::::::::\
                 ,.<`._`ー─_´__ノ::::::::::::::::::::::::::::/:::/¬<_/::::::::::::::::::::〉
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{//    \::::::::::::::::::人
         .     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}         ヽ::::::::/   ヽ、
           /::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i          `¬       〉
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           { 、_  、`〉
          }:::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|              ヽ Y`  /
           V:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|               └´ ̄


58◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:09:26 ID:ovqQJBq.

|l!1!|                                 /
|l!1!|!                                 ー'
|l!1!|!l                              )    バ   ル
|l!1!|!l お、おおお!?>                   ヽ    ス  イ
|l!1!|!l            / ̄ ̄ ̄ ` 、 r===ミ         )  .タ.   ズ
|l!1!|!l         ./⌒ヽ´           .乂// \        )   │
|l!1!|!l         { 、 ,ソ         〕iト. ` ⌒ヽハ      .|.  │
|l!1!|!l     / 乂「 .ィi〔      ィ : ´ ̄ : : `ヽ \     |    ッ
|l!1!|!l |  /   イ     __/: :ィ: : : : : : ヾ : : \ ヽ   /   !!
|l!1!|!l l ./   /   .「!!il|!∨: : /: / : : : : : : } : 、: :t┤  ノ
|l!1!|!l l! .{___/  /  |i!i!i!iイ: : /: :ハ: : ト、: :ソ: :「   V  ´ゝ..ィ'!ヽ  /`Y
|l!1!|!l |!   ./  |   ( ̄`Y|:: :1: :{\)イ Χ : : |   i:ヘ       )/1!|
|l!1!|!l |!   .|   \  ( ○)}八 : : ハfム  イ才: |   | : \      || |l!1!|
|l!1!|!l |!,   ゝ 〉〉〉/\ /  ノル'.l:込、__rヘ _,l : | x≦} : : :ハ   :i:|| |l!1!|
|l!1!|!l |!i      ̄ ´  \____/゙ヽi:ゝノ: :|:.:/爪刈′: : イ   :l:|| |l!1!|
|l!1!|!l |!l            / : : : .ィ ⌒ヽィ☆厶/////{: : : :/    :l.|| |l!1!|
|l!1!|!l |!l              { : :/、 、   \/  ヽ//〈 : : /      l:|| |l!1!|
|l!1!|!l |!l          「≧=イ:i:i:i:i/\  /\/  Y/i} :ノ       .l:|| |l!1!|
|l!1!|!l |!|.i          ∨//{:i:/ 、.:_:_:`7i:i:i/   .从/     .i   l:|| |l!1!|
|l!1!|!l |!|.l             ー‐彡  {////77≧=彳イ    l|.i!  l:|| |l!1!|
|l!1!|!l |!|l|                 ̄ ̄          l|l|i  l:|| |l!1!|



            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |    いや、ホント、何があったんだ・・・・・・。
          (__人___)    |
              |` ⌒´   u. |
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |


60◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:10:03 ID:ovqQJBq.

  _
  |:  |
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.


61◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:10:26 ID:ovqQJBq.

            |                                   ,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            |__       ____________           ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              /  ./|      |~l~i~~~i~~~~~|~i~~~~~~l~~i~~'|         ||\  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;
             | ̄ ̄|  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||  \
             |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |\
     ____    |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |  \
   . / /|/| |_  |゚ |        .|  |   |    | |   |  | |  |         ||.0   |    \
 / ./|||| |  |∠/| |  |        .| ノ.       |  !  | ノ .|  |          ||    |    |
 | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,,,人,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,|______||    |    |
 |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                 ___________ \   |    |
 |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※,,,ヽ   \  \|.   0|
 |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                 / ※※※※※※※※※\   \  \   .|
 |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
 |_|/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                l⌒l⌒l i⊂⊃i   |\ \
/            /           /_,|                ⌒'⌒ l______,l   |  | ̄|>
             | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                              |\|_|
             |_|            |_|                            |  |


62◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:10:49 ID:ovqQJBq.

         ____
        //   \\
      /(―)  (―) \      ・・・・・・えーと。
     /   (__人__)   u \
      |    ` ⌒´      |    つまり、彼女は、フランスからの留学生で
      \           /    既に20歳を超えていると・・・・・・。
        /         \
       |              )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ



                    -─‐- 、
                -‐'´        丶
             / /  〃:./  {      ヽ        ええ、そう。
            /  /  .:/:∧:l:.. ヽ:.: ヽ:. ヽ:.:.:.',
              l :i.:.l.:.:.:.:7メk!八:.:.  }厶匕:.jl:..:.:ハ       『Marie-Luise Francoise de La Valliere』
             Vl从 :.:.{/フ必ハ` イ/心 `V:.:.:.:i |       「マリー=ルイーズ・フランソワーズ・ド・ラ・ヴァリエール」
              ヽト、:f‘ 乏ン ノ/弋乏. !:.:.: | l
              小:.:.ゝ :::::   '   :::::: /.:.: i ハ      と言うわ。
             /..:l :.:人    ' ⌒ヽ   ,/.:.:  ,'  ',
           /.:.: l :.:.:.:.> 、.    , イ/.:.:  / :.:. ヽ     この前、こちらに来たアンリエッタの友達よ。
          / .:.:.:./:ヽ..:.:.:.\ j. `´ レ′  ∧:.:.:.:... \
        / .:.:.:.:./:.:/¨ヽ :.:.:.:.ヽ 、  /.:.:.  ,'7ヽ、:.:.:.:.:.:.:..丶、
       / .:.:.:.:.:/:._/  _} :.:.:.:.:}  _{:.:.:.:   {_}} `V:.:.`ヽ:.:.:.:.:..ヽ
         { :.:.:.:.:.:{〃I丁l7/ :.:>ナ戈夫ニニ=ヾ与-ヘ===、、:.:.:.ハ


63◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:11:36 ID:ovqQJBq.

        ___
      /_ノ '' 'ー\      アンリエッタちゃんの友達かお?
     / ( ●) ( ●)\
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\
   |       `'ーnl^l^l  |
   \         l   っ/
             (   ゝ
              i   \



          / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        / / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : ::\      ええ、そうよ。
      / /. : : : : : : / : : /: : : : : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :ヽ: : : l
     {/ {: :.|.:|: : : |: : :/: :l: : : : : : : : !::l: :|l: : : : : i: : : : :l: : : :l      元々、私の父が、アンリエッタの父の大学に
          |: :.|.:|: : :⊥.:ム:!: : : : :ー十1‐|l‐- 、: :}: : : : :l: : : :l      留学生として行った時以来の親友なの。
        \|.:|: : :1ヽ| ヽ|\. : : : : ::l: l l:!:::ハ: :}: : : : l: : : :l
         `ト\1,.テ弍ヽ  \: : :/l/-_リ:仁_.l/l : : : :.:l: : : :l      だから、家族ぐるみの付き合いがあったのよ。
             |: : :| {{ し。1   )ノ そ〒テ弐ミヽ: : : : :!: : : l
             | : ! ヽ廴ソ       辷 ソノノ V . : : :.!: : : :!
           /:| : :!          ´ ̄⊂つ/ . : : : :ハ: : : :ヽ
          /: .:| : : :l     ′      ,r┐/. : : : : :.ハ: : : : :.\
         /. : :.:| : : : \          / l ∩: : : : : /: : :ヽ: : : : : :\
       /. : : : :| : : : : : lヽ、   `   ∩ l!l: : : : /L....: : : \: : : :
      ( . : : : /\: : : : V::::〉ゝ --‐ < l / / 〉.::::/.:::::::::::`ヽ: : :\: :
      ヽ:::::/.:::::::.\: : : V:::l L ,.ィ´//    /.:.::/.:.::::::::::::::::::L__: : : :


64◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:11:53 ID:ovqQJBq.

            ,. -‐===- 、
          ,. -‐' : : : : : : : : : : `ヽ‐- 、
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: : : : /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\           彼女とは歳が、少し離れていたけど、
.     /: : : : / : : : /: : : : /: :i:: : : : ヽ: : : : : : : \          私達の周りには、男兄弟や結婚した姉だけだったから、
.     /: : : : / : : "''/‐- _ノ: : ,′: : : : : ',: : : : : : :ヽ\        結構、仲良くなったのよ。
    ,':: : : : /: : : : :ハ丿  `ヽ∧: : : : : : : : : : ヽ: :: : \`ニ=-
.   | : : : : i: : : : : {≦三ミハxノ' ' ,: : : : : :|:!: : : ',: : : : : ',
   / : : : : ! : : : : l l f圦_,ィ`ヾ /::丿-‐廾‐-、丶: : : トヽ
   / : : : : ::| : : : : | 匕::::リ   ノ'´ z≠ミx j丿:: i: : : ノ
 / : : : : : : ',:: :: : :|     ̄     心イ 从: : 厶イ
,′: : : : : : : : |: : : : ',             弋:リ 厶: ::i
:: : : : : : r‐ ,__', : : : ∧   `ー 、 ′    ,'゙: : :|
: : : : /////∧:: :: :ハ    ヽ `    人:: : :|
: : : //////// | : : : : ',\       イ:: :: :: :::ト
: //////////|: : : : : ト-、ト  r、 ´: :: | : : : : : ',: \



     ____
   /      \       へぇ?
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     そんな繋がりが・・・・・・。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


65◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:12:27 ID:ovqQJBq.

                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,     彼女のは、文化学を学んでいるそうで
            ( ●) ( ●)   |     | r     フィールドワークの為に先日、日本に来たそうだ。
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、.   今回は、前回のイタリアと同じラテン語圏を取り扱おう
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´    と思っていたので、適当な人材をジョゼやアンリエッタちゃんに
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、   聞いたら、彼女を紹介されたんだ。
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |


59小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 20:09:28 ID:X01mtU9E
エルリックかwww


66◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:13:45 ID:ovqQJBq.

>>59

彼の怒り方を参考にしました。
彼ら兄弟もどっかで出せたらなぁ・・・・・・。



         < ̄\, -‐===ー――- 、
     / ̄ ̄ ̄                \          そういう事。
    /  _                     \
    / / /                、 _ _ ヽ       それと、さっきは、悪かったわね。
    || /     _  -‐_ ニ ̄- ̄‐ | \― ― -ヽ
    V∠ -‐ _ ̄-‐  ̄        |  \     ヽ     ちょっと、平均よりささやかな体についての
      ノ‐    _∠     ハ    ||    \     ヽ    話題には、ちょっと敏感なのよ。
 `===彳    //   /| / \   | \    \     |
    /    / /  /  レ  _,. -弋''Τ""\    \   ヽ
弋ー‐'     / ⊥∠..._    '" _ _,-z==ュ、_ ト、    \__
  \__/  〈  __-、     ´イ~l爪 _ノ| ` }}下、___
      | ハz√《〈¨オ'       ヽV三ノ|    / /  \   \
       \| ハ ヽ V彡〉      ¨¨¨¨  r‐ヘ \   \   \
         / ハ  `¨´           /_-=ニ≧=、   \
          /  ハ     ′     _ァ  /ニニニ三>―― 、 ヽ
       /   ,人     =-‐'"  /ニニ三/二二二二\ |
      /   /  `≧- _  "" /二ニニ/二二ニニ三三三ハ
    /   //ニi f二二| 弋ー-イ二ニ/二ニニ三><二二\



       ____
      /      \         あっ、はい。
    / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=-. \      やる夫も悪かったですお~。
  |  u ,  (__人__)  U |
  \    ..` ⌒´   .〆ヽ
   /          ヾ_ノ
  /rー、           |
 /,ノヾ ,>         | /
 ヽヽ〆|         .|


67◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:14:40 ID:ovqQJBq.

        -‐‐'´      `ヽ、
     /             \
    /  /         ヽ    \
   /  /  /        i ヽ   ヽ
  |  /   /   / /     |  i    }                  〆
  | |   |   / /     /|  _L   |                 〆
  | |  -:十卅十|ト、/ /レ ィi「 /|   リ               〆     それじゃあ、
  | |   |ィ厂テトミ 从.{ f爪}「 〉|  ィリ                〆      聞いてるところによると、
  | |   |i {.辷リ      {心リ イ/ィ                 〆        欧州に姓については、
 / ∧   i|       、 `¨ /   |\            〆         基本的に教えたそうだから、
/   i|   ',   ,. - :ァ   ∧  |ゝ \      r-、/ィ          今回は、早速、フランスの姓制度と
  / ∧   \  ` -'  イ| \ \∧ }     ノムイ {           その広がりを見ていくわね。
 /  /⌒|    \` ー r<ー┐  \  \|   //´- |./
./  /::::::::i|    i >rく \:::\   \  \ /イ/r:┴ヘ
   〉:::::::/     iト、//ヽ\|::::::::\   \  |  レ'  ̄/
/ ̄ ̄___ノ i|::::\| Tア|:::::/:::::::\   } |r'´  /
      ___ノ‐::::::: ∨/:::/::::::::::::::∧ / ∧ イ\__
     <::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::|::/::::ー:::::::::ノ’  |/   イ |
\ \  \ー――‐:::::::::/::::\:::::::/     ∨__/   \
::::::\ \  \::::::::::::::::/::::::∧:/ /     |       \
:::::::::∧  \.  \:::::/::::::::/| (  (     /:::\       ヽ
::::::::::::ノ    \.  \:::::::::イ| |  \ \   \::::/ \       |


68◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:15:14 ID:ovqQJBq.

           ,,-、く~~ヽ、 っ  ヽ,          /~~ (
           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|
         \___ノ )`´    |        __ ,)  レ~、
                ,-´、_    ´つ   /~~~´
              ,,-~~`   ,,ノ   /
              ´~~~~、_ノ ,~-´
                  、-、 ,,-ノ
              |~~~~`ツ
              `ヽ,
                ~ヽ
                 )
     ,,、,,-、          |
     |   `‐- 、,     ノ                  ,--,
     /      ~`~~´             __     )  ヽ
    /                  ,~、__  _~´ `丶   ヽ  `ヽ
   /                  |   `-´   _、 `|   `|,  \
  /                ,__,-´        ( !  \   \  ~~~`ヽ,,_
  `/              /           、二,   `ヽ_,,   ̄く    |
  /,             (  _ 、‐、 ο     ´i  |      `-、   ,~_\ i
  ~ `´ヽ,         /´  ~  `´       ) ,,_|        `i ヽ, `´ ヽ
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`              `´          ) ,-!     )
     ,,-‐、    ~                       i~~`-‐フi_/
  _,,/   ` ‐-´i_ - ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐ ´`‐`―´~ヽ,っ  `\_  )


紀元前4世紀頃、ヨーロッパの大部分は、
元々、ケルト人が、多く住んでたと言われているわ。

例えば、フランスの首都であるパリの名前もケルト人の一派である
『Parisii』「パリシイ」(敵対していた古代ローマのラテン語で田舎者、乱暴者の意味)族の
居住地であるルテティアが、元となっており、パリシイ族という名前が、
元となって、今のパリとなったという説があるわ。

その他にもパリを流れるセーヌ川やアルプス、
フランスに限らずロンドンやドナウ川といった
名前の由来もケルト由来だとされているわ。


69◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:15:30 ID:ovqQJBq.

                                             -――- 、
                                         , ‐'´         \
                                        /            、 ヽ
 しかし、紀元前1世紀頃に入ると、                   |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',
 各地のケルト人は他民族の             \          .ljハ トkハ  从斗j │ ハ
 支配下に入るようになるわ。              \          l∧}ヾソ V ヾソ !  ! ヽ \
                                  \ __  __ リ.人  v‐┐ /" ト、  ヽ ヽ
 特にドイツ北部に住むゲルマン人に東から        {心下ヽ /"  >ゝ-'<{   Vl   } }
 圧迫され始めたケルト人は、                 ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
 西のフランスやスペインへ移動し始めるの。           7´ ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
                                      /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ
                                      ! ≦∠__ノ:::| /ハ::::/   ゝ、:::::::::`、 リ ノ
                                      |   .:.:::::::::::l  __ヾ\    ≧:::::::::'、ヽ {


71◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:16:24 ID:ovqQJBq.

       _ f ¨  ~- ャ
        ´     =ミ、   ヽ
.           | i    、:i   :i            ガイウス・ユリウス・カエサル
    イ   i   乂_ __.夂 !川ミ 、          Gaius Iulius Caesar
    〉  i:| ( .ム__ :| 爪 :リ! 、 ハ
   八_从≧ミ、 リ )厂 }ヲ厂乂ヘリ {       言わずと知れた英雄。
   ミ r=v' ノ゙      /"    .爪
    |  V{ ≠¨==zzォ ノ 从=≠ ル!        帝政ローマへの基礎を築くが、
     ム     Lモ'オ   :| モ'ニ {/        紀元前44年に暗殺される。
     L.ィ ;.         :|    ./
.      |八       ,    }  ./          彼の氏族名であるユリウスは、
.      |  、     ⌒¨′ ′          ジュリアンやジュリアの語源に。
     ノ   ヽ  l ー 二二 '/
-=ヤ「       、       /            彼の家族名であるカエサルは、
::::::::マハ        ー――'ミ}}ト、          皇帝を表すドイツ語のカイザーや
:::::::::::寸ミ=--z、_____. ムク:::::::\        ロシア語のツァーリの語源となった。
::::::::::::::::`============":::::::::::::::


しかし、そこも彼らケルト人にとって安住の地では無かったわ。

紀元前80年頃には、ゲルマン人が、ガリアに侵入したという
資料もローマ側に存在しているし、
また、既にカルタゴを滅ぼし、地中海に覇を唱えていた
ローマもガリアに侵入してきたの。

とくに有名な物が、ガリア戦争ね。

この戦争は、紀元前58年から紀元前51年まで、8年もの長きに渡って続いた戦争で、
ローマ軍の指揮官であるカエサル自ら表した「ガリア戦記」という書物に
それを詳しく記しているわ。


72◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:16:46 ID:ovqQJBq.

    /:::::::rー-:、ノ<⌒:.:<´ ̄ ̄二ニ=ー   
    {::::::/iヘ:.:.:{.:.:.:.:\.:.:.:.:`ヾ、、 ̄二ニ=ー      ウェルキンゲトリクス
   /:Y:.∧ヘ:.:.ヽ:.:.:.:ミ\:.:.:.:.:`ヾ二ニ=<⌒     Vercingetorix
  /: /: |/:i ヘ:.\:.:\\\ミ、、_三≧=ー  
  i:./:.:.:ji:.:|Ⅳ\: `\\ヾ才`ヾ`ヾ\\ミヾ      ガリア人を率いてローマと戦った
  !从 ハ:/>ト、\、メ孑升ハヽ Ⅵヾ:.:ヾ \       アルウェルニ族出身の人物。
  Ⅵ:i:.:.从ィ芹ハ      辷ソ  ハノ'YⅥ:`ヾ  
   Ⅵ:.:.|ヘi 辷ソ j        丿ノ 八`ヽ       当時、ガリアには、ゲルマン人も移住しており、
   八リ从:\   ヽ           ,イ:/ハヽ!      純粋にケルト族のみといえなかたが、
     ヘム    r.ニニヽ       ハ//:从
      八   ',::   ヘ    / ノ从У          彼は、烏合の衆であった彼らをまとめ上げ、
        \  V__ ノ   .イ  ノルヘ         ローマを長く苦しめたが、紀元前52年の
          jヽ  ー  /¨⌒ヾ ̄ ̄〉≦才     アレシアの戦いで敗北し、後に処刑される。
        r~<` ー―く{ ./⌒i :|:.:.:.:.:i/ /:.:.: 
        |:「}: i \、 _/ | |:.:.:.:l :|:.:.:.:.:l 〈___     そして、近代に入ると、ローマと言う外敵に
       _| i:l:.:.|  :/::::ヘ. l l:.: : l :|:.:.:.:.:l`ー―     抵抗した彼は、民族主義の勃興と共に、
    //! !i.: :| /i:::::::∧ ! !.: : l :|:.:.:.:/ /:7 /:/     フランスの英雄として祭り上げられる事となった。


もちろん、ガリアに住む諸部族・・・・・・
この頃は、既にゲルマン人も移住してきて、純粋にケルト人主体とは言えないけど、
彼らも果敢に抵抗したわ。

しかし、彼らガリア人を統率していたウェルキンゲトリクスが、
アレシアの戦いに敗れると、戦争は、徐々に終結の方向に向かい、
紀元前51年、最後まで抵抗していた部族が、降伏し、
ガリア全土が、ローマ属州となったわ。


73◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:18:06 ID:ovqQJBq.

  -ー ''´   ̄ ̄ ̄ ー- 、
/              \        ・・・・・・属州となったガリアでは、
                 \       ローマの影響を強く受ける様になり、
                \     \     ローマ化が進んだわ。
     ..:.l:   `、.      ヽ   ヽヘ
  :.:.i :.:.:l:..   \:.  ヽ  \:.:.....',:ハ 
 .:ハ:.{:. :.:.:.!{:.:..  ヽ丶/:l:.:. :.:.ハ:.:. | l| 
`:/、!_|ヽ:.. |:.ヽ:.:.:...、_}イヽ:.:|:.:.:. :.:.l:.}:.: j リ 
:.:{ j:.厂ヽ:トヘハ:.:.:.:.辻≠テミ-:.:.:从:./  
 ァ行テ气F`  ノ:/ チ乏/ //.:l/´   
   r'乏:_j       ̄  イ:.:{:.{    
.  ´        、      {:.:ヽ`
:ヽ               八:. \
:.:.:.\         ' `   /:.:.:.:.:.:.: ヽ



                 __
            _, '"´      `丶、
           /            \      また、紀元後になるとゲルマン人が、
          / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ     小作人や傭兵としてゲルマン人が、
          l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ    ガリアに移住する様になったわ。
          l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/
         | l Vf゙仡圷/ jl ノィアト、ヘ// /     この様な状況の中、紀元3~4世紀には、
         j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ      大陸のケルト人は、ローマ化と他の民族に
         ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !      飲み込まれる形で、姿を消してしまうわ。
        / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ
      //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ     でも、ケルト文化を何とか
     / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ   今日まで受け継いでいる地域もあるの。
    /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/
    ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X
    {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \
    ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',
     }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
     /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /
   / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ   ,
 / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
/  〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   < _


75◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:19:01 ID:ovqQJBq.

     ____
   /      \      へぇ、何処だお?
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ
         /.:./  / / .:.  /     \      アイルランド島と
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ     グレートブリテン島の一部よ。
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉   大陸から逃げ出したケルト人達は、
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/    これらの島に移住していったの。
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ


76◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:19:42 ID:ovqQJBq.

         _     ______
        l i  /    \      まぁ、受け継いでいるといっても
        l l_./ _,ノ  ヽ、,_\     純粋にケルト文化を受け継いでいる訳では無いがな。
        l/ ニヽ( ●) ( ●) .|
        l / y 「'i___人___)  |    ウェールズは、イングランドに長い事支配されていたから
        l   <、.l         |    ウェールズ語は、忘れ去られていようとしたし、
        ',    ',/       |    アイルランドもキリスト教の影響や17世紀の
         j    ノ      ,/'|、   イングランドの事実上の植民地化によってかなり変質している。
       _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
     / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
   / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
 / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l



               _, --- 、
            _ /        `ヽ、        それでも、アイルランドの公用語である
          /              `ヽ、      アイルランド語(ゲール語)は、
        / /  /      /        \     ケルト語派を今に伝える貴重な言語よ。
.       /  /  |/   |  /     i     ',
       |  /  」|_ / |  /| ハ  |  i |   |  i|   また、ウェールズ語やマン島語なんかの
       |  |   | >く| | || | /| |レr‐ |  ||   危機に瀕していたり、絶滅したケルト語派の
       |  |   | >テ‐ミト、_| | /,.ィ/ 乂  |  /リ   言葉が、復活したりとしているわね。
       |  |   | ` {ハrイ}   |/´テ代}∨ィ/ /
       |  |   |  ´ ̄     弋rリ 从 イ
      /  |   ハ        `     |  ∧
     /   |    ハ   {t ー- ,x     ハ i \
   / /  /|    i\    ̄   , ィ´   |   \
 / /  /  |     i|`  、 _ r ' /    |    \
/ /   /  /:ヘ i    \___  |ーイ       i      ',


74小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 20:18:47 ID:HNc4dybo
>>66
出せるとしたら、イギリスかアメリカ?


77◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:21:05 ID:ovqQJBq.

>>74

彼らの国って何処が、舞台なんでしょうかね?
ちょっと分かんないですね。



        ___
      /_ノ '' 'ー\      復活した言語かお。
     / ( ●) ( ●)\
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\   そんなのもあるんだおね。
   |       `'ーnl^l^l  |
   \         l   っ/
             (   ゝ
              i   \


78◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:22:06 ID:ovqQJBq.

                      ,. -‐===- 、
                  ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ        ・・・・・・さて、
                 〃: : : : : 〆 : : : : : : : `ヽ: : : : :\       話をフランスに戻しましょうか。
                /: : : : , :: : : : / レ : : : : ヽ: ',: : : : ハ
                jハ ,': :从 l: l: : {: : : : :ヽ: ',:: : : : : :ヽ:∧     ガリアが、属州となってから、
                 ノル'゙: : '⌒ヽj: : : }-‐廾ト、ノ:: : : : ',: :i     急速にローマ化が、
                  乂:{从ヽjノル': ノ jハハ .i: : : : : : : :!     進んで行った事は、話したわね?
                   ハ =≠ ノ'´ヾ≠=' .}:: :: : , l :ハ
                   /:: :|   ′     ,': : : /゙::|: :: :\
                  /: : 人  i ̄ ̄i    /: : :λ:八: : : : :ヽ
                 ノ:: : : : : ト  `¨ ´  .イ : : : ハ: : : :ヽ: : : ノ
                ′:: : : : :丿: :>   < /:: : : ::i:: : : : : : :∨
 ,. -‐-γ 丶       八: : : : : ∠爪//厂`y一'゙ : : : : {孑、:: :: ::人         ,.- r‐‐- 、
 `7  }  丿、       入:: : : ::∨_///| ☆//{: : : : : \≧= 、: : :\       ィ    { , 孑
 /,//  /_/丶     〃 ∧ : : : ∨///!,/////ヽ: : : : : ∨///}:: :: ::\   / 弋ソ _ヽヽ
  `¨´ ̄}   ,ノ\    ヽ∨丿: : : : }////////////\: : : : ヽ//仆 : : : : ヽ/ ,`ト = }  `¨´
     八`¨¨ ,  ハ,-=≦爪/: : : : : ///////////////,} : : : : :\∧`: : : : ハ  ,  ,′
      \  l   ゝ/////: : : : : ∧//∧/////////,丿 : : : : : : }/}≧_/    ` /
       `\   丿\// : : : : : :i//∨||ヽ_//////// : : : : : : : //∧/  `ヽ  /
         ∨    }i: : : : : : :ノ/∨〃 ∨_/////} : : : : : : :丿//∧、    /
         ∧__,.-一': : : : : /,// ,j|   \/////ヽ: : : : : :`ヽ,//∧: \ ノ



        ,. - '::´ ̄ ̄:`::ー-、
      / ,.: : : : : : : : : : : : : : \
     /: : /: : ,: : : : : : : : _ : : \: .\     ガリアでローマ化が、進んだ理由は、諸説あるけど、
     |: : i : : {:./: : : : : :、: ヽ : : ヽ: : i     主な理由として2つの理由があるとされるわ。
     |: : ト、ハ|.: : : ヽ: : ヽ: :|: : : :|: : |
     |ハ:.i !\:.ヽ.: : : :|: ハ|: :.|.: : : |: : |
      从弋ト、:.!: :!_」斗ヤT: : : :|: : |
       |:.| ヒリ |ノ 弋たト/: : : 八: :|
     /|人::: 、   ::`ー' /: : : /: : ヽ!
     (:._ノ: : \ r 、   /: : :.∧: : : : \
    / : : : : : _}>、 _, ィ: : : /: :ヽ: : : : : \
   (.: : : : : /:/:.:.:.:ムr:/: : : /\: : \: : : : : \


79◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:22:27 ID:ovqQJBq.

             ,. -‐===‐-
          , : :´: : : : : : : : : : : : :`丶、          一つ目は、地理的な影響ね。
         〃:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
.          /´:: : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : ハ       ガリアは、イタリア本土と比べても土地が広く、
         /: /:: :: :l:: :: :l: :: : : : :ヽ: : : : : : ',: :: :∧      また、平坦な地形で気候的にも安定しているわ。
.       /: / : : : :|:: ::/i: : : : : : : ',: : : ヽ: :∨ : : !
      {: /: : : :从 : ハ: : : : : : :人: : :从: :}: : : :|      その為、大規模農場であるラティフンディアが、
      |: i:: ::斗-‐廾‐-、: : : : 斗-‐廾ト、::!: : : :|      大量に作られたの。
      |:ノル': :{z≠=z、   7: ::ノ ,xz=≠、 }: : : !::|
       |: : : : 从 fゞ、,ィ` ノ'´  爪ゞ、ィ 从: : :ハ::!      これは、元々、奴隷を酷使していたんだけど、
.       八: : :∧. ∨匕!,      匕::::リ / : : /:: :ハ      ローマが、拡大期から安定期に入ると、
     /: : : ',: ハ ´      ,       ./:: : : i: : : :ヽ     次第に奴隷の供給がなくなってきて、
      /: : : : :i: : : ',      、__,    八 : : ハ:: : : :\   労働者不足になっていくの。
   /: : : : : :|:: : : :ト             イ: : : : :i : ',: : : : : :\
 , : ´:/: : : : : : !: : : :ハ : : ト   _  イ: : ,': : : : : !: : ヽ:: :: : : : :ヽ
./: : :/: : : : : : :ノ : : : : }く ==、 ,-==┐: : : : : :{: : : :`ヽ: : : : : ',



            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ          だから、次第にラティフンディアは、
         /.:./  / / .:.  /     \        小作人を労働させるコロナトゥスに変化していくわ。
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',      小作人となった者は、
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉      元からの奴隷や移住してきたゲルマン人等も居るけど
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/      ラティフンディアの安価な農作物に押され、
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!        土地を失ったイタリア半島の中小農民等も多数、小作人となったの。
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |         ラテン語を話す彼らは、小作人として
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |         ガリアへ、多数流入する事になったわ。
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \


80◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:22:56 ID:ovqQJBq.

           ,. -‐===‐-‐-
        , : :´: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ         次に属州の防衛や植民の影響ね。
      -‐': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :' ,
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : 丶: : :ハ      特にガリアは、帝政初期において
.   /: : : : : : : :,′: : : : \: : : ヽ: ヽ: : :ハ: : : :丶     重要な税収地の一つだったわ。
   /: : : : : : :i : l: : : : : : :: :ト、: : : `: :',: : : ', : : : : ,     
.  {: : : : : : : ハ: ',: : : : : : : :} \: : :从: : : l : : : : l     だから、ガリア人が、反乱を起こしたり、
.  八: : |: 、_ l ハヽ: : : : : :ノ, -‐弋:厂i: : : |丶: : : ',     ゲルマン人と面していたガリアを守る為に
   ヽ::i:: :: :, `廾ト\: : : i   __,、丿: : ,': ハ: : : :l     ローマの軍団が駐屯する基地が、
.    ノル': 八≠=z、 }: :丿''爪⌒,`从:: : :l: : : ', : :ヘ    多数建設されていたわ。
      ∨ゝ` 圦ハ ノ'´   匕:刈 /: : : ,: : : :ヽ: : :\
        }: :ハ V:リ      `¨¨´./:: : : ,′: : : : \: : `ヽ
.        从 : ',    '       ,′: : /: : : : : : : : :ヽ: : : ',
     /: }: : : ト.   -、     /: : : : i: : : : : : : : : : :',: : : l
    /: : : ノ'´: : : : : 、      ィ : : : : : :',: : : : : : : : : : l: : 丿
    /: : : /: : : : /: : : ,.r≧l  ハ: : : : : : 丶:: : : : : : : : :\'



                                ,. -‐===- 、
                            ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
 また、古代ローマでは、           〃: : : : : 〆 : : : : : : : `ヽ: : : : :\
 征服した土地の維持の為に        /: : : : , :: : : : / レ : : : : ヽ: ',: : : : ハ
 その土地に植民して、植民市として   jハ ,': :从 l: l: : {: : : : :ヽ: ',:: : : : : :ヽ:∧
 都市を築く事が、あったわ。         ノル'゙: : '⌒ヽj: : : }-‐廾ト、ノ:: : : : ',: :i
                            乂:{从ヽjノル': ノ jハハ .i: : : : : : : :!
 もちろん.ガリアでも多数の              ハ =≠ ノ'´ヾ≠=' .}:: :: : , l :ハ
 植民市が築かれたわ。             /:: :|   ′     ,': : : /゙::|: :: :\
                            /: : 人  i ̄ ̄i    /: : :λ:八: : : : :ヽ
 今のリヨンに当たるルグドゥヌムが、    ノ:: : : : : ト  `¨ ´  .イ : : : ハ: : : :ヽ: : : ノ
 有名ね。                    ′:: : : : :丿: :>   < /:: : : ::i:: : : : : : :∨
           ,. -‐-γ 丶       八: : : : : ∠爪//厂`y一'゙ : : : : {孑、:: :: ::人
           `7  }  丿、       入:: : : ::∨_///| ☆//{: : : : : \≧= 、: : :\
      .      /,//  /_/丶     〃 ∧ : : : ∨///!,/////ヽ: : : : : ∨///}:: :: ::\
            `¨´ ̄}   ,ノ\    ヽ∨丿: : : : }////////////\: : : : ヽ//仆 : : : : ヽ
      .           八`¨¨ ,  ハ,-=≦爪/: : : : : ///////////////,} : : : : :\∧`: : : : ハ
                \  l   ゝ/////: : : : : ∧//∧/////////,丿 : : : : : : }/} : : : : /
                 `\   丿\// : : : : : :i//∨||ヽ_//////// : : : : : : : //∧: : :/
                   ∨    }i: : : : : : :ノ/∨〃 ∨_/////} : : : : : : :丿//∧: :i
                   ∧__,.-一': : : : : /,// ,j|   \/////ヽ: : : : : :`ヽ,//∧: \


81◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:23:40 ID:ovqQJBq.

             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\     このローマ人の植民市ってのは、
            ( ●)( ●)  |     結構色々な所にあってな。
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |      ドイツのケルン(コロニア・アグリッピナ)を始め、
           {         |      欧州だけじゃなく、アフリカや中東にも広まっている。
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、     また時代は違うが、フェニキア人や
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_    ギリシア人も植民都市を築いている。
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |  ローマを苦しめたカルタゴは、フェニキアの、
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }   今のマルセイユやナポリと言った沿岸の都市は
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|  ギリシア人の植民都市だ。



        ___
      /_ノ '' 'ー\      ふーむ。
     / ( ●) ( ●)\
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\   難しいお。
   |       `'ーnl^l^l  |
   \         l   っ/
             (   ゝ
              i   \


82◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:24:04 ID:ovqQJBq.

            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ
         /.:./  / / .:.  /     \      まぁ、色んな理由を言ったけど
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ     詳しくは、
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',    分かってないのが実情ね。
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/    取り敢えず言える事は、
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!     ガリアにおいては、
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |     ローマ帝国で使われたラテン語が、
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |     主に使われる様になったって事よ。
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ



     ____
   /      \      ん、分かったお。
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


83◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:24:23 ID:ovqQJBq.

             ,. -‐===‐-
          , : :´: : : : : : : : : : : : :`丶、          さて、ラテン語が、主に使われる様に
         〃:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ        なったガリアだけど、4世紀頃、
.          /´:: : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : ハ       大事件が起こるわ。
         /: /:: :: :l:: :: :l: :: : : : :ヽ: : : : : : ',: :: :∧
.       /: / : : : :|:: ::/i: : : : : : : ',: : : ヽ: :∨ : : !      これまで、ゲルマン人は、小作人や傭兵、
      {: /: : : :从 : ハ: : : : : : :人: : :从: :}: : : :|      移住として平和裏にローマ領内に入っていたんだけど、
      |: i:: ::斗-‐廾‐-、: : : : 斗-‐廾ト、::!: : : :|      これまでに無い規模でゲルマン諸部族が、
      |:ノル': :{z≠=z、   7: ::ノ ,xz=≠、 }: : : !::|      大挙としてローマ帝国内に押し寄せ来るの。
       |: : : : 从 fゞ、,ィ` ノ'´  爪ゞ、ィ 从: : :ハ::!
.       八: : :∧. ∨匕!,      匕::::リ / : : /:: :ハ       これは、東方からの異民族である
     /: : : ',: ハ ´      ,       ./:: : : i: : : :ヽ     フン族の圧迫を受けての事だとされているわ。
      /: : : : :i: : : ',      、__,    八 : : ハ:: : : :\
   /: : : : : :|:: : : :ト             イ: : : : :i : ',: : : : : :\
 , : ´:/: : : : : : !: : : :ハ : : ト   _  イ: : ,': : : : : !: : ヽ:: :: : : : :ヽ
./: : :/: : : : : : :ノ : : : : }く ==、 ,-==┐: : : : : :{: : : :`ヽ: : : : : ',



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |        フン族?
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.    |  /      |


84◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:24:50 ID:ovqQJBq.

   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、    起源が良く分かっていない民族だ。
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../     有力な説として、1世紀頃に滅亡した
  |    ` /       ``77   /      北匈奴の生き残りであるとする説だが、
.  ヽ   /          / /   /      確証が、取れていない。
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /        4世紀、黒海沿岸に現れた記録が始めで、
   |. \   〈\.\,〉 `,  f        有名なフン族の王であるアッティラの死後、
    | . \  (ヽ ヽ `..   |        急激に勢力を減じ、5世紀頃には、資料から消えている。
    |    .\ \      ノ



                 __
            _, '"´      `丶、
           /            \       ・・・・・・ゲルマン民族のローマ領内への侵入が
          / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ      始まった4世紀の後半には、既にローマ帝国は、
          l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ     東側の方に勢力の比重を置いていたわ。
          l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/
         | l Vf゙仡圷/ jl ノィアト、ヘ// /      既にキリスト教を公認した事で有名なコンスタンティヌス1世によって
         j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ       ローマ帝国の首都は、コンスタンティノープルに330年に遷都していたの。
         ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
        / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ       これは、東側で面していたササン朝ペルシアの侵攻対し、
      //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ      早く対応する為の対策という側面もあったんだけど、
     / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ    逆に西側への比重が、軽くなり、西での対応に遅れが出る結果も生み出したの。
    /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/
    ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X     だから、ゲルマン人の侵入が、始まった時、
    {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \    なんとかゲルマン人の侵入を抑えていた東側に比べて、
    ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',   西側では、ゲルマン人が、どんどん侵入してきたわ。
     }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
     /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /
   / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ   ,
 / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
/   〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   < _


85◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:25:27 ID:ovqQJBq.

              __
            "´      ` 、         そして、ゲルマン人侵入の混乱最中の395年。
        /    !       ヽ
        /     !     !    キ        キリスト教を国教化して国内の統一を図ろうとした
      /   /   |    |   ! !i       テオドシウス1世の奮闘むなしく、彼の死後、
      |从. Tナ <ハ  ! _,.!斗‐ ! | i       ローマ帝国は、ローマを首都とする西ローマ帝国と
      ∧ !、|圷テfト |ノリ「rセT!Vリ  ! |       コンスタンティノープルを首都とする東ローマ帝国に
      / / !ハ 弋:rリ    弋:rリ /  / ヘ       分裂をしてしまうわ。
     //  !ハ. ::::   、   ::::/  /::.. \
   /  ....::i. へ、  ‐-   , イ  /:!:::::.   \
  / ..:::::://  ::|>_、. _ < /  /:::ヽ:::::::..   \
./  ::::::://   .::」_r|`>v<´_/  {__  \:::::::. . ヽ



      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ         前述通り、4世紀頃のローマ帝国は、
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ         東に重点を置いていたわ。
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-    だから、西の領土を受け継いだ
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \        西ローマ帝国は、非常に脆弱な勢力基盤しか
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \      持っていなかったの。
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \      だから、西ローマでは、ゲルマン諸部族の
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\     侵入が、止まらなかったわ。
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!


87◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:25:47 ID:ovqQJBq.

        -‐‐'´      `ヽ、
     /             \
    /  /         ヽ    \
   /  /  /        i ヽ   ヽ
  |  /   /   / /     |  i    }                  〆
  | |   |   / /     /|  _L   |                 〆
  | |  -:十卅十|ト、/ /レ ィi「 /|   リ               〆     西ゴート、東ゴート、ヴァンダル、
  | |   |ィ厂テトミ 从.{ f爪}「 〉|  ィリ                〆      ブルグント、ランゴバルド、
  | |   |i {.辷リ      {心リ イ/ィ                 〆        アングル、サクソン、
 / ∧   i|       、 `¨ /   |\            〆         そして、フランスの語源ともなったフランク。
/   i|   ',   ,. - :ァ   ∧  |ゝ \      r-、/ィ
  / ∧   \  ` -'  イ| \ \∧ }     ノムイ {           彼らは、西ローマの各地に侵入し、
 /  /⌒|    \` ー r<ー┐  \  \|   //´- |./            自分達の国を立ち上げたの。
./  /::::::::i|    i >rく \:::\   \  \ /イ/r:┴ヘ
   〉:::::::/     iト、//ヽ\|::::::::\   \  |  レ'  ̄/
/ ̄ ̄___ノ i|::::\| Tア|:::::/:::::::\   } |r'´  /
      ___ノ‐::::::: ∨/:::/::::::::::::::∧ / ∧ イ\__
     <::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::|::/::::ー:::::::::ノ’  |/   イ |
\ \  \ー――‐:::::::::/::::\:::::::/     ∨__/   \



               /7
                 //    ちなみに、現在でも彼らが、国を建てた場所が、
             //     地名や国名になっている場合が、多い。
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//       例えば、
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l        フランスの語源となったフランク族を始め、
.  |    `⌒// ノ        イングランドの語源となったアングル族、
   l       // ./        フランス中部、ブルゴーニュ地方の語源となったブルグンド族、
.   ヽ r-‐''7/)/         イタリア北部、ロンバルディア地方の語源となったランゴバルド族、
    / と'_{'´ヽ         スペイン南部、アンダルシア地方の語源となったヴァンダル族、
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i         等だな。
    ヽ _,.フ  .|.|


89◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:26:11 ID:ovqQJBq.

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \      本当に色んな所にあるおね。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



             ,. -‐===‐-
          , : :´: : : : : : : : : : : : :`丶、          ええ、そうよ。
         〃:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
.          /´:: : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : ハ       西ローマ帝国の領土である西ヨーロッパ各地に
         /: /:: :: :l:: :: :l: :: : : : :ヽ: : : : : : ',: :: :∧      ゲルマン人の部族の名前が、ついている。
.       /: / : : : :|:: ::/i: : : : : : : ',: : : ヽ: :∨ : : !
      {: /: : : :从 : ハ: : : : : : :人: : :从: :}: : : :|      これから分かる様に西ローマには、
      |: i:: ::斗-‐廾‐-、: : : : 斗-‐廾ト、::!: : : :|      もうゲルマン諸部族を食い止める力は、なかったの。
      |:ノル': :{z≠=z、   7: ::ノ ,xz=≠、 }: : : !::|
       |: : : : 从 fゞ、,ィ` ノ'´  爪ゞ、ィ 从: : :ハ::!       ゲルマン人がどんどん流入する中、
.       八: : :∧. ∨匕!,      匕::::リ / : : /:: :ハ      ゲルマンの文化や言語も西ローマ中に広まっていったわ。
     /: : : ',: ハ ´      ,       ./:: : : i: : : :ヽ
      /: : : : :i: : : ',      、__,    八 : : ハ:: : : :\    つまり、ローマとゲルマンの文化の混合が、始まったの。
   /: : : : : :|:: : : :ト             イ: : : : :i : ',: : : : : :\
 , : ´:/: : : : : : !: : : :ハ : : ト   _  イ: : ,': : : : : !: : ヽ:: :: : : : :ヽ
./: : :/: : : : : : :ノ : : : : }く ==、 ,-==┐: : : : : :{: : : :`ヽ: : : : : ',


90◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:27:05 ID:ovqQJBq.

                 __
            _, '"´      `丶、
           /            \        さて、そんな中、一つのゲルマン部族が、
          / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ      勢力を拡大させていたわ。
          l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ
          l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/      その部族は、ゴート族やヴァンダル族等の他の部族とは違い、
         | l Vf゙仡圷/ jl ノィアト、ヘ// /       自身の根拠地である現在のオランダやベルギー等から
         j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ        着実に勢力を伸ばしていったわ。
         ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
        / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ        その為、本拠地の力を保持しながら
      //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ        勢力を伸ばす事が出来た為、
     / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ      他部族よりも1つ飛び抜けた力を保持する様になったわ。
    /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/
    ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X     その部族の名前は、フランク。
    {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \
    ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',   後に、フランスの語源となった部族よ。
     }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
     /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /
   / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ   ,
 / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
/   〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   < _


91◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:27:42 ID:ovqQJBq.

これにて本日の投下は、終了とさせて頂きます。

見て下さった方々に感謝を。

明日は、時間があれば、
12:00頃から『第2章 世界の姓  - フランス編 Ⅱ -』を始めたいと思います。

時間が、無い場合は、何時も通り20:00頃から
投下を始めたいと思います。

それでは、お暇な時に覗いて下されば幸いです。


86小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 20:25:34 ID:wLzRkYPI
>>77
アメストリスはたぶんドイツあたりだったと思う


88小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 20:25:52 ID:HNc4dybo
>>77
原作的に言えば、元小国から侵略で拡大征服してできた国でかなり多民族な国柄らしいからなあ
特定のモデルでこれって国はないと思います


92◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:29:42 ID:ovqQJBq.

>.>86 >>88

そうだったんですね。

でもまぁ、イメージカットみたいな感じで
出演させる事は、できるかも……。


93小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 20:30:16 ID:HNc4dybo
乙ー
了解でーす

別スレの話になるが、フランス革命が舞台のやる夫スレを読んでたとき
なんでこいつらどいつもこいつもクッソ長ったらしい名前ばっかりなんだ
と思ったなあw


95小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 20:39:13 ID:vdOh9JJ2
乙乙ー

ルイズ来るとは思ってなかったんでこっちもびっくりしたわw


97◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 20:58:38 ID:ovqQJBq.

>>93

明日、その辺に触れますので、
お楽しみに!!



>>95

フランス語っぽい長い名前のキャラと考えて、
まず思いついたのが、ベルばらでしたが、AAが、無い為ボツ。

そんな風に考えていたら、
そういえばルイズってフランス人が、モデルだったなと思いだし、
採用しました。


98小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 21:01:35 ID:Rhffoldw

タイミング良く今日の世界ふしぎ発見はフランスだぞ


99小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 21:03:45 ID:bpG7SqEE

まさかのルイズ
ISのシャルかと思ったら違ったぜ


100◆S.DnKL8wio2014/11/08(土) 21:45:12 ID:ovqQJBq.

>>98

・フランス名:カトリーヌ・ド・メディシス
       Catherine de Medicis

・イタリア名:カテリーナ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ
       Caterina di Lorenzo de Medici


Caterina:カテリーナ
     英語では、『Kathryn』「キャスリン」となる。
     ギリシャ神話の『Hecate』「ヘカテ」が、由来とも、
     古代ギリシア語の(意思)に意味するとも。

di Lorenzo:ロレンツォの子供(前回参照)

de Medici:メディチ出身の(前回参照)



・ディアーヌ・ド・ポワチエ
 Diane de Poitiers


Diane:ディアンヌ
    ローマ神話の『Diana』「ディアナ」が、由来。
    ディアーヌとも言われる。

de Poitiers:明日触れます。



>>99

ISを良く知らないんですよね……。
なので、変なキャラになるかもと思い、
没にしました。



101小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 22:10:21 ID:FtZFdcQY
正確には「ロミオとジュリエット」じゃなくて
「ロミオとジュリエッタ」になるのかな?


104小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/09(日) 00:10:03 ID:2L83xCzw

ちょっと読点が多い気がする


106小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/09(日) 07:40:07 ID:mRTKLgUM

そういえばルイズの原作の王女の名前もアンリエッタだったからソレ繋がりかな?


107小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/09(日) 09:21:02 ID:j2UeBa3k
>77 遅レスですがハガレンの舞台であるアメストリスは内陸国ですが産業革命期のイギリスをモチーフにした国だということなのでイギリスでいいのでは?と思います


108小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/09(日) 12:44:24 ID:Ua6fMU6M
アメストリスはロックベルとかマスタングとかホークアイとかアームストロングとかヒューズとか、明らかに英語圏っぽい
シンが中華っぽいのは論を俟たない

クセルクセスはどうなんだろう……ペルシャの王の名前が国名だけどホーエンハイムってドイツっぽいしな


109小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/09(日) 12:47:51 ID:AmFI/BE.
ファンタジーの国をデザインするに当たってモチーフというか参考にした実在の国がひとつだけと考えるのは危険だと思うの


110小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/09(日) 14:34:45 ID:bIUrLCU6
フランク王国でFA!


111小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/09(日) 16:42:42 ID:2L83xCzw
wikipediaにはアメストリスのモデルはヨーロッパと書いてあるな


112小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/09(日) 18:09:14 ID:3.SdZ2K6
禁書のフレンダの名前はどこなのかな…某スレだとイギリス人だけど
個人的にはフランス人ぽいしな…


114◆S.DnKL8wio2014/11/09(日) 19:56:43 ID:MWT4bj/M

>>101

『Romeo and Juliet』「ロミオとジュリエット」のヒロイン
『Juliet』「ジュリエット」は、『Julia』「ジュリア」のイタリア語的変化の
『Giulia』「ジュリア」の愛称形である『Giulietta』「ジュリエッタ」の
英語読みです。

ちなみに『Julia』「ジュリア」の由来ですが、
本文でも触れたようにユリウス氏族が、起源とされています。

由緒ある氏族である為、
ジュリアやジュリアンと言った等は、貴族の間で流行り、
何処となく、坊ちゃん嬢ちゃんといったイメージを内包しています。

ロミオとジュリエットは、イタリアを舞台とした
敵味方に分かれた貴族を登場人物とした作品ですので
何処となく、イタリアっぽい響きを持たせ、
且つ貴族的なイメージを持つ名前をヒロインに名付けたのでしょう。



>>104

ご指摘、有難う御座います。
以後、出来るだけ見やすい様に心掛けたいと思います。



>>106

実は、それも狙っていました。

ルイズを配役に決めた時、アンリエッタ女王のAAが見えてしまったので……。



>>107 >>108 >>109 >>110 >>111 >>112

確かに鋼錬でも姓の由来は、
軍用機から取ったっぽいですからね。

複数の国を混ぜたりもしますから
やっぱり、これという物は中々ありませんよね……


105小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/09(日) 01:51:43 ID:xY6Mrfgo
遅レス
ガリレオ・ガリレイは特殊な例なんでしょうか?


115◆S.DnKL8wio2014/11/09(日) 19:57:23 ID:MWT4bj/M

>>105

欧州においての姓の広がりですが、
前スレ>>205で言っている様に15~16世紀頃からには、
一般の民衆でも姓は、広まり始めていました。

前スレ>>206で姓が、完全定着したのは、
19世紀と言いましたが、これは、前スレ>>232の様に各国で
名前に関する法制度の整備が、なされた事によります。

ですので、それ以前から姓は、欧州の一般市民の間でも
名乗っている人は、もちろん居ました。

ガリレオ・ガリレイの生まれ、活躍した時代は、
16世紀後半から17世紀前半のイタリア、
それも屈指の大都市であるトスカーナ地方の港町ピサです。

既にイタリアを始め、発展をしている地域や都市部の市民の間では、
姓の必要性が、高まっており、上流階級だけでなく、
名乗っている人は、多くいました。

もちろん、姓を名乗るきっちりとした規則なんて、までありませんから、
これまでの言った様に父称やあだ名で済ませている人も多く居ました。

ただ、ガリレイ家は、貧しいながらも元々、貴族であるので
前スレ>>194で言った様に、姓を元から持っていた可能性は、
十分にありえます。

なお、ガリレオは、自身の子供の名前に子から見た祖父にあたる
ヴィンチェンツィオという名前を与えています。

ちなみに今スレ>>100で出たカトリーヌ・ド・メディシスの父である
ロレンツォも祖父の名前から取られている事から分かる様に
イタリアでは、前スレ>>278の様に祖父の名前から
孫の名前を取る習慣がありました。

ただし、この風習は、現在では、
ナポリを中心とする南部辺りでしか無いと言われます。


関連記事
やるやらと学ぶ人名講座 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。