--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/11/29

やるやらと学ぶ人名講座 第2章 世界の姓  - ドイツ・ベネルクス編 -

251◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:27:41 ID:bm4/TBxg

第2章 世界の姓  - ドイツ・ベネルクス編 -


252◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:27:54 ID:bm4/TBxg

  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.


253◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:28:20 ID:bm4/TBxg

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\      ・・・・・・さて、
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \     今日から新しい地域って言ってたおね。
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


254◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:28:38 ID:bm4/TBxg

     ____
   /⌒  ⌒\
  //・\ ./・\\      いや~、
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\     前回、前々回と可愛い女の子で、
|      `ー'´     |     こっちも楽しくお話しできたお!!
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     今日も楽しみだお!!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |     さーて、今日は、どんな子かな~。
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


255◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:28:54 ID:bm4/TBxg

     / ̄ ̄ ̄ \
    /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::        |  /⌒ ポチッ              ピンポーン>
  \::::::::::::::::        / /  /
    | :::::::::::::::      ̄ ̄ /
    |  :::::::::::::       |--‐‐'
    |  ::::::::::     |



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\       やらない夫ー?
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、    遊びに来た・・・・・・
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ                                ガチャリ>


256◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:29:15 ID:bm4/TBxg

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||                             .  |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||                              . |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||        ______                 |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| .   / ̄ ̄    / ̄`ー─ヘ ノ7        . |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    /     / /     /    /{          |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| .  /   / /     /   / //,L.         |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||   ′ /                 /-  }  .      |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  i   /イ.//.i !    /   /  ./  '/ }  .      |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    ハーーイ!!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  |   ノ / !.! .|:i.  /_,,/ ///_    '/         |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  |     イ|:|:i:|:l // __ヾ__,/Ⅶノrヘ!          |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  l  :i| 从|从|/=Y斗t_ッ-ヽ乢rッミト、        |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  }  :lト. 〈 |  |   人 ミ 彡 }ー{ミ彡 ノ        |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| ノイ|:|:i:|\ 」     __  ー‐ 、 {ー‐〔 _        |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  从|从川l|   }r‐     (.__  )  , : : ヽ       |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  /∧乂从!   从 `ー===‐--‐7 .′: : ∧      |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    ∧:. 人.    ヾr、::::____ ソ{  /  . : : :∧__    |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| .   ∧   > .   こ二ニ  r丶 . : : :i:川:i了   |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||     ∧  乂 心、 ___ ノ  \: : 从|:i:i:ト..., _ |:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||   〉  ∧,__ >-≠-<!i:.     丶乢I:i:i:i|:i:7 ト |:::::|.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||       ∧  .:i:i:i/ ̄ヽ |:i:i:.      >--<.ノ |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  .′    ∧:. _/、   :Ⅳノ:i:i:.           //   |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||        ∧./  \r‐、  ∨   丶   //{........ |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||  ___  .∧丶  .:}  \. ∨  、   \ '/___ |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ガチャリ


258◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:29:48 ID:bm4/TBxg

           ____________
                          |┃┃
                          |┃┃
                        三三三  |┃┃
                          |┃┃
               / ̄ ̄ ̄ \      |┃┃
               /   :::::\:::/\三三三|┃┃
          _ /    <ー>:::::<ー>    .|┃┃
        (((とヽ|      (__人__) .j     |┃┃
          \ \、     ` ⌒´,;/    |┃┃て
      ‐=≡ /ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ(      |┃┃ て
       ‐=≡(   ⌒⌒ ̄ ̄`r::\ヽ     |┃┃ そバタン!
      =≡  (´ー-、_,. -‐'´/l  . ヾ_つ.;.   |┃┃ て
      ( ̄ ̄ ゝゝ    /              |┃┃そ
      `゙´ \/    /          三三三 |┃┃
           (   /               |┃┃
          \ J                |┃┃
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


257小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/18(火) 22:29:20 ID:DCZvdRa2
ドイツというからには屈強な男だろうな(ゲス顔)


259◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:31:49 ID:bm4/TBxg

>>257  う~む、今回出て来る彼は、屈強なのでしょうか・・・・・・?



          ___
         /     \
       /         \     ・・・・・・どうやら疲れている様だお。
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |   まさか、男の幻を
     \  u.   (__人__) ,/    見るなんて・・・・・・。
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ   どうかしているお。
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


260◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:32:14 ID:bm4/TBxg

                 _ _ __ _ r-、
                   {.r、\\`㍉、`\i\¨ミ、
                /Ⅵi\\\  \ .\.Ⅵ `㍉
               ,イ彡iiⅥム ヽ  ヽ  \ .\}\∧    ・・・・・・おやおや、酷いじゃないか。
                }彡ニハⅦiム  \ \  .ヽ .∨ Ⅵ
                  {/,イ `¨¨∧ .i i        .∨i}i    いきなり閉めるなんて。
               Y//      .∨| | | |i i } l!Ⅵ}
                  {i i,ィzzzzミ、 .乂i}i 从乂八il } i乂、
              {`Y ,ィ==r=ァミ、___,Yrィ尨ラ.}i}从{i ノノ
              人 {(弋__`彡豸⌒}i}_`⌒".ノノ  }/}
                `Y`ー====彳i⌒` ‐==‐'.,ィ  iノノ
                          、_,ィ  . ,イ  /ミ、
                   人  `‐-= zzz-≠彡′/{㍉ ヽ_
                /  .\  `ー‐‐‐    /ノiト、i} }i:i: Yヽ、
      ____,..-'/  /i} >‐-  --,..イ./ / ./ ./i:i:  i ` \
     /i}_____/  /./}   /ゝヘ    ./ ./ ./ i{i:i:  i}乂  `ーミ、____
   /乂⌒/  i/   /./i∨ j /}´⌒i}     ./ ./  ヽ___///i`㍉____   〉、
  / //  / , -'"   /./  i/__./i迄亥イ\  ./ ./        i}/ i:i:/  ヽ/⌒\
  / //_,..       /}   {ii: i/⌒㍉}彡' Уi:i:i:/       i}i:i:i:i:/   /    ∧ <ガチャリ



     ____
   /      \
  /         \      ・・・・・・幻じゃなかったお。
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


261◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:32:28 ID:bm4/TBxg

  _
  |:  |
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.


262◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:32:40 ID:bm4/TBxg

            |                                   ,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            |__       ____________           ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              /  ./|      |~l~i~~~i~~~~~|~i~~~~~~l~~i~~'|         ||\  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;
             | ̄ ̄|  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||  \
             |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |\
     ____    |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |  \
   . / /|/| |_  |゚ |        .|  |   |    | |   |  | |  |         ||.0   |    \
 / ./|||| |  |∠/| |  |        .| ノ.       |  !  | ノ .|  |          ||    |    |
 | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,,,人,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,|______||    |    |
 |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                 ___________ \   |    |
 |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※,,,ヽ   \  \|.   0|
 |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                 / ※※※※※※※※※\   \  \   .|
 |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
 |_|/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                l⌒l⌒l i⊂⊃i   |\ \
/            /           /_,|                ⌒'⌒ l______,l   |  | ̄|>
             | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                              |\|_|
             |_|            |_|                            |  |


264◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:32:57 ID:bm4/TBxg

         ____
        //   \\
      /(―)  (―) \      ・・・・・・えーと、
     /   (__人__)   u \    つまり、彼が、彼女の言っていた大学の先輩だと・・・・・・。
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |              )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ



                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )    |        あ、ああ、そうだ。
                  (__人___)    |
                 |      u  |        確か名前は・・・・・・。
                    |        .|
                 ヽ 、     ,イ
                 /ヽ,ー-   ト、
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \


263小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/18(火) 22:32:49 ID:DCZvdRa2
>>259
少なくとも精神は一本筋の通った方だと思うよ(震え声)
ごめん超兄貴のドイツ! ドイツ! ドイツ! ジャーマン!しか頭の中になくてwwwww


265◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:35:54 ID:bm4/TBxg

>>263

あの兄貴達は、姓がないですからね……。
う~む、ヴァイキングのイメージカットでワンチャンかな?



                  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
.                 ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl    ドイツから来た
                . /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|    「アードルフ・モンティ・フォン・マックス」
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|    『Adolf Monti von Max』
                { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"    と言う。
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/
.                 ヽl.      ̄`ー-     jノ       宜しく頼むぞ、やる夫君、やらない夫君。
                  」l 、            /
               _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /


266◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:36:15 ID:bm4/TBxg

        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\       よ、宜しくお願いします。
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
    |     (__人__)  u  |
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ



          / ̄ ̄\
        /   ヽ_  \
        |    (⌒ )(⌒)     え、ええ、宜しくお願いしますだろ。
       . |     (__人__)
         | U   ` ⌒´ノ
       .  |         |
       .  ヽ       |
          ヽ   __ , _ ノ
        _,,,, 「:::ー----ー"::i、___
   _,,..r''''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::`''ー-、
  /::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ..ヽ
 ノ ::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/}
 l :::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::::/::::ハ


267◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:36:37 ID:bm4/TBxg

           ____
          /      \     (な、何だか、独特な人だおね?)
        /_、 ,,/"  \
       / (●) ゙(●) U \
       |    (__人__)      | <ヒソヒソ
       \   ⊂ ヽ∩     <
        |  |  '、_ \ /  )
        |  |__\  “  /
         \ ___\_/



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)     (あ、ああ、そうだな・・・・・・)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}
  |      | | |} <ヒソヒソ
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、


268◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:37:07 ID:bm4/TBxg

                 , ==、lr、ヽハハハ‐-、、
           ,ィ'三三ミ.llililil,ヘハハ ト,liヘハ‐、_
          ,f三三三ミllilililil l l l l l l l l ハ ヽ、
         ,f三彡´      ∨ハハ.iハ l l l l ハハ
        l彡ィ=-― 、v--、,,,ィ-l从l从lハ l li .l ハlハ     おや、もう話は、良いのかね?
          ,l-イl、   ,ノ--、ll。    ヾl l l l.l,リ.l 洲
        l lイ'`ー=彳ノ  ヾ,、_  __ノルlリlルイlル州l     それじゃあ、早速、
        l、リ. ,    `‐'ミ、    ̄ ´ `ヽリ_ノリ州リ     ドイツの姓の概要について
         `l  l ト--、-, ,、_ `  、、、  ´ l,ミlノイリ'      話していこうじゃないか。
         l  l Yニ'二ニ='‐``ラ .!'   l ノイイリ/
         .l、 ,. 、ゞェェェェェェィリ'    ./`-イ,'´
            >、ヽ、ー----‐イ   ,/彡イ〈、
        ,.イイハ‐、 ` 、 ____,, ィ _,,イ彡イィト ト、
        ,イイ   ヘ ` ‐----‐_彡'´   /   ,' .l`i、__
     _,イ-‐-、 _,.イヘ、 _,, <     / イ//  .l ト、@ヽ、
   ,.イ//   )'´ l i'ミ、r,ミ、     ,ノ ,/イ././  l l 〉、__
.,ィl  ,/,.'    ,' ,! l ,i!l´ `ヾ,il   .,,ィ'´,イ . ./ /   . l.l ,' .l
.l l /,.'    ,' ,' l!,リ..ノr‐,ヽ,イヘ、 ,イ 〃,イ / /    .l.リ .リ.,イ
ハイ, '      l /.レl'l彡◎ミl}  ヘ, @,イ . イ / /    .ll! //
イ.'      l.,'. .Yl iノ.ノ.l、    ,ヽ' ,.' .,' ,     ll/イ l
         ,' ./   .'//.l     ,イ  ,' /     .ll' l ,l
_       ,' ./    //l l     , '   .,' /        ll l ,',.イ
トミ=、______ .l./    .,','={{lト‐_/=、 . /./         .ll l.l! ィ
,》>=‐-ミ.〈    l.l  ,l,ly'´   l,.//         ll! l l,イ!


269◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:37:23 ID:bm4/TBxg

           ,,-、く~~ヽ、 っ  ヽ,          /~~ (
           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|
         \___ノ )`´    |        __ ,)  レ~、
                ,-´、_    ´つ   /~~~´
              ,,-~~`   ,,ノ   /
              ´~~~~、_ノ ,~-´
                  、-、 ,,-ノ
              |~~~~`ツ
              `ヽ,
                ~ヽ
                 )
     ,,、,,-、          |
     |   `‐- 、,     ノ                  ,--,
     /      ~`~~´             __     )  ヽ
    /                  ,~、__  _~´ `丶   ヽ  `ヽ
   /                  |   `-´   _、 `|   `|,  \
  /                ,__,-´        ( !  \   \  ~~~`ヽ,,_
  `/              /           、二,   `ヽ_,,   ̄く    |
  /,             (  _ 、‐、 ο     ´i  |      `-、   ,~_\ i
  ~ `´ヽ,         /´  ~  `´       ) ,,_|        `i ヽ, `´ ヽ
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`              `´          ) ,-!     )
     ,,-‐、    ~                       i~~`-‐フi_/
  _,,/   ` ‐-´i_ - ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐ ´`‐`―´~ヽ,っ  `\_  )


そうだね、前回、彼女から聞いていると思うが、
紀元前4世紀頃、ヨーロッパの大部分は、ケルト人が、多く住んでたと言われている。

それが、ヨーロッパ各地の地名となった事も御承知の通りだ。

紀元前1世紀頃、
現在の北欧にあたる地域やバルト海沿岸に居住していたゲルマン人が、南下し始め、
次第にケルト人は、圧迫をされ、西方へ逃げ始めた。

これにより、現在のドイツに当たる地域は、ゲルマン人が、多く住む様になったのだ。


270◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:37:40 ID:bm4/TBxg

       _ f ¨  ~- ャ
        ´     =ミ、   ヽ
.           | i    、:i   :i            ガイウス・ユリウス・カエサル
    イ   i   乂_ __.夂 !川ミ 、          Gaius Iulius Caesar
    〉  i:| ( .ム__ :| 爪 :リ! 、 ハ
   八_从≧ミ、 リ )厂 }ヲ厂乂ヘリ {       言わずと知れた英雄。
   ミ r=v' ノ゙      /"    .爪
    |  V{ ≠¨==zzォ ノ 从=≠ ル!        帝政ローマへの基礎を築くが、
     ム     Lモ'オ   :| モ'ニ {/        紀元前44年に暗殺される。
     L.ィ ;.         :|    ./
.      |八       ,    }  ./          彼の氏族名であるユリウスは、
.      |  、     ⌒¨′ ′          ジュリアンやジュリアの語源に。
     ノ   ヽ  l ー 二二 '/
-=ヤ「       、       /            彼の家族名であるカエサルは、
::::::::マハ        ー――'ミ}}ト、          皇帝を表すドイツ語のカイザーや
:::::::::::寸ミ=--z、_____. ムク:::::::\        ロシア語のツァーリの語源となった。
::::::::::::::::`============":::::::::::::::


しかしながら、ゲルマン人の南下は、止まらなかった。

ローマ側に、紀元前80年頃、
ゲルマン人が、ガリアに侵入したというの資料が、存在しているし、
また、カエサルの表した『ガリア戦記』の中でもゲルマン人について触れている記述がある。

ガリア戦争時の紀元前50年頃には、既に相当数のゲルマン人が、
ガリアに侵入していたらしく、ローマ相手に奮闘していたが、
紀元前51年、ローマのガリア全土の属州化という形でガリア戦争は、
幕を閉じ、ゲルマン人とローマとの境界は、ライン川を境とする事となった。

そして、このガリアの属州化は、ガリア地域のローマ化を意味する事となったのは、
前回の彼女の説明で、既に知っているだろう。


271◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:38:03 ID:bm4/TBxg

                      ⌒ ー-、
                /         、_}´`ヽ
               /         ⌒ヾ'r'   \   ガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス・アウグストゥス
            、_ノ        i   rミ、   、 }        Gaius Julius Caesar Octavianus Augustus
            フ ノ ;  i  _ノ;   ( {ノ:;   乂
            ( /;//  ノ l l フ′;}   Y /  ! \ヽ    ガイウス・ユリウス・カエサルの養子。
            }'//; ; < ノ} }八 (/ /;  ){! { ト-ィ )ノ
            ∨// / イノ厶、_V∨/ /__乂ヽ‐ァ (     第2回三頭政治の一角であったが、
            {〃八 /(_たtッ‐≧{/(f'tッ ラ イイ{ ト     他の二人を追い落とす。
             V {ヽ(ヘ(´     ′{    ノノ/ノ
                ヽ乂 `Y       |    イイ/´       紀元前27年に元老院から
               _ )ノハ、     ー '   /乂_        「アウグストゥス」(尊厳者)の称号を授けられ、
               7/ | \  ´ ̄`  ,イ)ト- `        共和制を終焉させ、以後400年以上続く
               Ⅵ(ー、  ヽ    /|Vノ          帝政ローマの基礎を築く。
                    _ハ} `ーぇ≧、r'彡イ{、
        -─-x、  ィ代 ト、_)Yr‐、Y|!| r‐(ぅ)ー‐rく        以後、彼の賜った「アウグストゥス」(尊厳者)の
  ─ ´      ノノ}くヽ  `ミx〈_ノノ{[ト`¨゚/  / ノノ      称号は、皇帝に相当する称号として
|ヽ_    ─   ´ ̄ 人 \ー==ミヽ\/r=ヽ{ レイ彡'゚丿      後の人物たちに使用される事となる。
| |        ィ个|::|\   ̄`ーx)__}! | } |> ´ /
|ヽト─r::T::「:「:|::|: |: |::|::|  \       ̄ ̄   ̄


そして、紀元9年、カエサルの暗殺という混乱を経て、
アウグストゥスの称号を得たオクタウィアヌスは、
ゲルマニア総督であったプブリウス・クィンクティリウス・ウァルスに
ゲルマニアの併合を命じた。

そして、この命にプブリウス・クィンクティリウス・ウァルスは、
直ちに、ローマとゲルマンを隔てていたライン川を
約2万5000人の兵士と共に渡河したのだ。


272◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:39:06 ID:bm4/TBxg

          ,.- ──‐ ‐-、、、
       ,r'"´          `ヽ
       / ゞr'゙´      ー-、ヽヾ、 ヽ     プブリウス・クィンクティリウス・ウァルス
      ,リ´`""゙´  ̄  ``ヾ;:;:;:;ヽ`v;:;:;:;:        Publius Quinctilius Varus
      /           j;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
      !           ト、;:;:;:;:;:゙,;:゙,;:;:;:
     ,!   , '"´  ̄ `    !ミ、;:;:;:;:;:;j;:i;:;:;:   帝政ローマ期の政治家、軍人。
     fヾ   ,,、ィ二ヾ、   ゙ゞミミ、;:/;:;!;:;:;:
     jテ, ゙'''"テュ´       ト、;:;r^ヽ;;;;;;;;;   オクタウィアヌスの腹心であるアグリッパの娘と
       i ,!  `ヽ         !ミ ,イ ,!;;;;;;;;   結婚した事から分かる様にオクタウィアヌス、
      リ             ゙' jソ !;;;;;;;;   アグリッパ双方から信を置かれていた。
     (   _j       ,!    ソ;;;;;;;;;
      了´        ,'   厂`リ,イ;;;;;    紀元9年、トイトブルク森の戦いで
       !r==ュ          /   j/イイ    アルミニウス率いる1万8000人のゲルマン人と
      l `二ニ´      ,   /   ,、‐'゙     戦うものの地の利を得ていたゲルマン人側に惨敗。
       j        ,'  ,イ ,、‐'゙,、‐'゙
       ゙、 _  _,,、.‐ '"´,、‐'゙,、‐'゙        自身は、その最中に自害したと伝えられる。
        _`フ `Y,r゙"´,r'´r'"´


しかし、プブリウス・クィンクティリウス・ウァルス率いるローマ軍は、
地の利を得ていたアルミニウス率いる1万8000人のゲルマン人に惨敗し、
彼自身もその最中に自害してしまうのだ。

それから、100年程後の歴史家ガイウス・スエトニウス・トランクィッルスによって
記された『皇帝伝』によると、後に、トイトブルク森の戦いと称される事となった
この戦いの敗北を聞いたオクタウィアヌスは、『ウァルスよ、我が軍団を返せ!』と怒鳴ったとされる。


273◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:39:48 ID:bm4/TBxg

            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/   この、一見すると、ただの戦いに見える
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/     トイトブルク森の戦いだが、実は、言語上、
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ       かなり重要な分岐点となった戦いなのだよ。
..  彡 }_j        \            ヽ
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´
  >x、八          \ `‐=ニソ__」
\    `>、          `ー‐ {´
  \     `  、         √
   \       `  、     /
     \         ` 、 ィ´



     ____
   /      \
  /  ─    ─\       ふむ、どうしてこの戦いが、重要なんですかお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ


274◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:40:10 ID:bm4/TBxg

         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、      この戦いの敗北によってローマは、
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、     ゲルマニア方面への進出を諦める事となる。
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|l     そして、ローマとゲルマンの国境は、防衛の
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|     しやすさから自然とライン川を国境とする事となるのだ。
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|     つまり・・・・・・だ。
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |     この戦いによってローマの影響力が、及ぶ範囲が、
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/      ライン川以西に留まったという事になった。
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_


275◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:40:30 ID:bm4/TBxg

           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\       ローマの属州だったフランスやスペインの例を見れば分かる様に
          _人ヾ\  \ \   \  `i      ローマの支配地域では、ローマの影響から
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i     ラテン語を元とするロマンス語が、現代まで使用されている。
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/:::::::::i    |  | | |  |  |    その理由は、フランス編で彼女が、いった通りだ。
       〈   ;^::::::::::::::::::|| |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i::::__x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/     しかし、ライン川以東は、その様な事は無く、
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ      ローマの影響力は、限定的な物となった。
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/
         \::|::\_:::::::_,/^|::: ::::::::: _ヘ .| \,,,...,,   つまり、この戦いによってロマンス語とゲルマン語の
          ゝ.|:::::::::二:::::::;;;;;___;/_,,,ェヲ  .|\ \:::::   境界が、ライン川に沿って引かれたという事だ。
          /.∧:::::`ヾ-=;;;ー二二ノ´ /||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\;;::::::::- ̄:::::"  /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::


276◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:40:48 ID:bm4/TBxg

                _ _ __ _ r-、
                  {.r、\\`㍉、`\i\¨ミ、
               /Ⅵi\\\  \ .\.Ⅵ `㍉     だが、まぁ、境界といっても
              ,イ彡iiⅥム ヽ  ヽ  \ .\}\∧     ガチガチに固めていた訳ではない。
               }彡ニハⅦiム  \ \  .ヽ .∨ Ⅵ
                 {/,イ `¨¨∧ .i i        .∨i}i     勝手に移住してくる部族も居たし、
              Y//      .∨| | | |i i } l!Ⅵ}     傭兵や小作人として平和裏に
                 {i i,ィzzzzミ、 .乂i}i 从乂八il } i乂、     ローマに移住して来るゲルマン人も居た。
             {`Y ,ィ==r=ァミ、___,Yrィ尨ラ.}i}从{i ノノ
             人 {(弋__`彡豸⌒}i}_`⌒".ノノ  }/}     前回彼女が言った
               `Y`ー====彳i⌒` ‐==‐'.,ィ  iノノ     フランク人もまた、同様に最初は、
                         、_,ィ  . ,イ  /ミ、     平和裏に傭兵としてローマに移住して来たのだよ。
                  人  `‐-= zzz-≠彡′/{㍉ ヽ_
               /  .\  `ー‐‐‐    /ノiト、i} }i:i: Yヽ、
     ____,..-'/  /i} >‐-  --,..イ./ / ./ ./i:i:  i ` \
    /i}_____/  /./}   /ゝヘ    ./ ./ ./ i{i:i:  i}乂  `ーミ、____
  /乂⌒/  i/   /./i∨ j /}´⌒i}     ./ ./  ヽ___///i`㍉____   〉、
 / //  / , -'"   /./  i/__./i迄亥イ\  ./ ./        i}/ i:i:/  ヽ/⌒\
/  //_,..       /}   {ii: i/⌒㍉}彡' Уi:i:i:/       i}i:i:i:i:/   /    ∧


277◆S.DnKL8wio2014/11/18(火) 22:41:35 ID:bm4/TBxg

短いですが、これにて本日の投下は、
終了とさせて頂きます。

見て下さった方々に感謝を。

明日は、22:00頃から
『第2章 世界の姓  - ドイツ・ベネルクス編 Ⅱ -』を始めたいと思います。

近頃、投下時間が、遅れる事が多く、
皆様に御迷惑をお掛けしており、大変申し訳御座いません。

現在、多忙な為、これからも突発的な投下延期が、
多く発生すると思われます。

読者の皆様には、大変、御迷惑をお掛けしますが、
御理解とご協力の程を宜しくお願い致します。

それでは、お暇な時に覗いて下されば幸いです。


関連記事
やるやらと学ぶ人名講座 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。