--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/12/05

やるやらと学ぶ人名講座 第2章 世界の姓  - ドイツ・ベネルクス編 Ⅲ -

77◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:08:55 ID:3dz6eDXk

第2章 世界の姓  - ドイツ・ベネルクス編 Ⅲ -


78◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:09:09 ID:3dz6eDXk

            |                                   ,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            |__       ____________           ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              /  ./|      |~l~i~~~i~~~~~|~i~~~~~~l~~i~~'|         ||\  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;
             | ̄ ̄|  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||  \
             |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |\
     ____    |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |  \
   . / /|/| |_  |゚ |        .|  |   |    | |   |  | |  |         ||.0   |    \
 / ./|||| |  |∠/| |  |        .| ノ.       |  !  | ノ .|  |          ||    |    |
 | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,,,人,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,|______||    |    |
 |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                 ___________ \   |    |
 |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※,,,ヽ   \  \|.   0|
 |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                 / ※※※※※※※※※\   \  \   .|
 |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
 |_|/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                l⌒l⌒l i⊂⊃i   |\ \
/            /           /_,|                ⌒'⌒ l______,l   |  | ̄|>
             | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                              |\|_|
             |_|            |_|                            |  |


79◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:09:41 ID:3dz6eDXk

                 _ _ __ _ r-、
                   {.r、\\`㍉、`\i\¨ミ、
                /Ⅵi\\\  \ .\.Ⅵ `㍉
               ,イ彡iiⅥム ヽ  ヽ  \ .\}\∧     ・・・・・・ふぅ、
                }彡ニハⅦiム  \ \  .ヽ .∨ Ⅵ     少し、話し疲れたな。
                  {/,イ `¨¨∧ .i i        .∨i}i
               Y//      .∨| | | |i i } l!Ⅵ}     やらない夫君、
                  {i i,ィzzzzミ、 .乂i}i 从乂八il } i乂、     この家にコーヒーミルは、あるかね?
              {`Y ,ィ==r=ァミ、___,Yrィ尨ラ.}i}从{i ノノ
              人 {(弋__`彡豸⌒}i}_`⌒".ノノ  }/}
                `Y`ー====彳i⌒` ‐==‐'.,ィ  iノノ
                          、_,ィ  . ,イ  /ミ、
                   人  `‐-= zzz-≠彡′/{㍉ ヽ_
                /  .\  `ー‐‐‐    /ノiト、i} }i:i: Yヽ、
      ____,..-'/  /i} >‐-  --,..イ./ / ./ ./i:i:  i ` \
     /i}_____/  /./}   /ゝヘ    ./ ./ ./ i{i:i:  i}乂  `ーミ、____
   /乂⌒/  i/   /./i∨ j /}´⌒i}     ./ ./  ヽ___///i`㍉____   〉、
  / //  / , -'"   /./  i/__./i迄亥イ\  ./ ./        i}/ i:i:/  ヽ/⌒\
  / //_,..       /}   {ii: i/⌒㍉}彡' Уi:i:i:/       i}i:i:i:i:/   /    ∧


80◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:10:08 ID:3dz6eDXk

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)    もちろんありますよ。
.             |    (___人__)
             |        ノ     俺は、どこぞの白饅頭と違って
              .|        |      コーヒーを愛飲していますから。
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ



       ____
      /      \
    / ─    ─ \     おい。
  / -=・=-   -=・=-. \
  |      (__人__)    |    白饅頭たぁ、如何いう事だお。
  \    ..` ⌒´   .〆ヽ
   /          ヾ_ノ
  /rー、           |
 /,ノヾ ,>         | /
 ヽヽ〆|         .|


81◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:10:32 ID:3dz6eDXk

            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′   ふはははっ!!
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/       それは、良かった。
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ
..  彡 }_j        \            ヽ         いや、実は、貴重な豆を
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉         手に入れてね。
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´
  >x、八          \ `‐=ニソ__」            それを振る舞おうと
\    `>、          `ー‐ {´             思って、持って来ているのだよ。
  \     `  、         √
   \       `  、     /               無駄にならずに良かったよ。
     \         ` 、 ィ



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)      貴重な豆ですか?
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ


82◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:11:01 ID:3dz6eDXk

                 , ==、lr、ヽハハハ‐-、、
           ,ィ'三三ミ.llililil,ヘハハ ト,liヘハ‐、_
          ,f三三三ミllilililil l l l l l l l l ハ ヽ、
         ,f三彡´      ∨ハハ.iハ l l l l ハハ     ああ、そうだとも。
        l彡ィ=-― 、v--、,,,ィ-l从l从lハ l li .l ハlハ
          ,l-イl、   ,ノ--、ll。    ヾl l l l.l,リ.l 洲     実は、親しくしている人が居てね。
        l lイ'`ー=彳ノ  ヾ,、_  __ノルlリlルイlル州l
        l、リ. ,    `‐'ミ、    ̄ ´ `ヽリ_ノリ州リ    その人から譲って貰ったのだよ。
         `l  l ト--、-, ,、_ `  、、、  ´ l,ミlノイリ'
         l  l Yニ'二ニ='‐``ラ .!'   l ノイイリ/     ・・・・・・さて、どの様に挽くのが良いかを
         .l、 ,. 、ゞェェェェェェィリ'    ./`-イ,'´      教えてあげよう。
            >、ヽ、ー----‐イ   ,/彡イ〈、
        ,.イイハ‐、 ` 、 ____,, ィ _,,イ彡イィト ト、      台所は、こっちかね?
        ,イイ   ヘ ` ‐----‐_彡'´   /   ,' .l`i、__
     _,イ-‐-、 _,.イヘ、 _,, <     / イ//  .l ト、@ヽ、
   ,.イ//   )'´ l i'ミ、r,ミ、     ,ノ ,/イ././  l l 〉、__
.,ィl  ,/,.'    ,' ,! l ,i!l´ `ヾ,il   .,,ィ'´,イ . ./ /   . l.l ,' .l
.l l /,.'    ,' ,' l!,リ..ノr‐,ヽ,イヘ、 ,イ 〃,イ / /    .l.リ .リ.,イ
ハイ, '      l /.レl'l彡◎ミl}  ヘ, @,イ . イ / /    .ll! //
イ.'      l.,'. .Yl iノ.ノ.l、    ,ヽ' ,.' .,' ,     ll/イ l



             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |    そうですだろ。
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |     助かりますだろ。
           {         |
           {       /      コーヒーは、挽く時から注意しないとだろ・・・・・・。
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|


83◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:11:19 ID:3dz6eDXk

                        ____
                       /       \
                     /   -‐´ `ー\     ・・・・・・。
 <この豆は・・・・・・        /     (●)  (●)\
                    |        (__人__)  |
 <へぇ、成程だろ・・・・・・    \      ` ⌒´  /
                     >     ー‐  <
                    . /      / ̄彡ミヽ、
                    /    ヽ /  / ヽ  ヽ
                    ヽ.    Y  /   |  |
                     ヽ     ノ    ヽ ノ



       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \     ふんだ。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|    やる夫は、「午前の紅茶」でも飲んでいるお。
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )


84◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:11:34 ID:3dz6eDXk

            / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
          |   .( ⌒)(⌒)
  .           |    (___人__)
           |        ノ
           .|        |
           人、       |
         : ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ、
       /ヽ:::::| \{ ̄Y^'Yヽ 「 卜、
     /   !:l  └‐个个┘|: :| ヽ                   ._。_
          |:::|     j i   r-‐…ヾ、                .( ̄)
    ;   ゙:.   |:::|     {o{ _c},//∠.. Y           ____)(
    |   :..  |:::| _.. ┴zy('ー-__ -ー')勹         rク' ̄ ̄ ̄ ̄´          ._
    |    ,ゝ ァ^f´   〈/  `     ´ Yハ      ======         __,-―ゝ '―-、_
   _ノ-‐ァ'´  { !   、{: :       . : : : } {      V     /         .ヽ ̄,「| ̄ ̄| ̄ト゚〕^i
  { /    八 マ''ヽ._ヽ>x、_____;_;_;_ノ  〉  ___ゝ   ノ___        V  |   | / / /
   }       _,,.>'′  |・|  |:::| |   |.`    }三三三三三三三{´         .V_|_|__/ レ'
   \_..=-‐'´ |:::|     | {  |:::| | _.. ハ      || .____ :||          |___|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ({COFFEE}) ||        ,O) T ̄T∧
                             || .二二二二 :| ̄ ̄ ̄t‐、 ./  |   | ∧
                             _|| |  ○  l :::|___|_/' 〈___|__|__∧
                            _}三三三三三,.-‐l((:))((:))(!´-.、 (l)r=, ,、 
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .` ======== ´ r=,(l)r=,゛'(l)


85◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:11:55 ID:3dz6eDXk

.              (
         `.
         、 `ヽ.  `ヽ
.            ノ    ,!  ノ
       ,r   '´ _   '  _,
.         !     r'´   r‐'
      , , -─==i==i=‐- .._
    //   ,_.......i............___ ヽヽ
    トヽ.-''´:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::.ソノl
     l `` ー====-―´´ / ‐- 、
    |              ゝ!─、 l
      !              ノ、_j j
..    ',             ゝ_ノノ
     ゝ、          /
.         ` ` ̄ ̄ ̄ ̄ ´ コトッ


86◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:12:09 ID:3dz6eDXk

                ..._,,.. --ー―ーイ.,
             ,. -''⌒∨ :/  . . . . . . . .. ^ヽ、
       ,,.-/     ヤ: : : : : : : : : : : : : ... `ヽ.
      /    _ノイヽ、./: : : : : : : : : : : : : : : : :. ヽ.
     /⌒` ̄ ̄| |~7: : ' ' ' ' ' ' ' ' : : : : : : : : :. |
   /7,.- 、   .ゝヽ{'         ' : : : : : : /
  / /    ̄~^''''ゝこ|           ' : : : /
 /  i^ ~^''ヽ、     |\ノ=ニニニ=-、    ' :./
./   !     ^'''-  | /-ー-    \   ノ コクッ



                         _,,,,,、__
                     ___{r、   ',¨ヽ、
                       , '´  Ⅷ',   ',i ヽ
                  r'’ `ヽ、 Ⅵ:',  i l  Y
                  {⌒ヽr'゙゙゙゙`゙゙゙}  ll ll !  }      ・・・・・・うん、良い味、良い香りだ。
                  { ,イ"     } l l| l| l  }
                  Ⅵ ,ィ⌒ヽ 刈'⌒l|、| j
                 /{ ト、r━━ミーr━━ミリ'}、
                / 八{`廴_ノ¨¨廴_ノ'}ノヽ丶
               /   /  { .,、  、j:,.  ,、 八 ゚, \
              /    .{  込 ^ー=ニニ=‐'^ ノ    i  \
             /      :{     `ー、 ゙゙゙゙゙゙゙ ノ´}    .}    \
           /         |     ∨`¨¨¨´∨     l    /\
             {⌒ヽ、     .| .f^ヽ、っ___と⌒ヽ.   }   /   ゚,
            {   \   Ⅷ}゙ゝ-'(( ⊂:::::::::::)゙rと⌒) j  /      }
          l     \ ,イ 、__つ  ̄ ̄ ̄´ノ⊂¨¨)/  /     }
              Ⅷ     ゙∧ 廴__⊃、    /_⊂_¨ノ、\f´      j
.             Ⅷ     ∧∧ ゙ー、⊃──( ⊂__ノ}ムノj      レ'
            〉    /  ∨\_,斗'/   Ⅶ ̄ア./ ム{       i゚,
           Ⅶ斗'”   ∨ //'´  .,斗{、/ /   \    |:}
              〈        ゙V /__,斗'”: : :.∨ /      ヾ   /
            }        /o: : : : : : : : :∨         /
             |       ,イヽ: : : : : : : : : : : :\          /


87◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:12:28 ID:3dz6eDXk

                ..._,,.. --ー―ーイ.,
             ,. -''⌒∨ :/  . . . . . . . .. ^ヽ、
       ,,.-/     ヤ: : : : : : : : : : : : : ... `ヽ.
      /    _ノイヽ、./: : : : : : : : : : : : : : : : :. ヽ.
     /⌒` ̄ ̄| |~7: : ' ' ' ' ' ' ' ' : : : : : : : : :. |
   /7,.- 、   .ゝヽ{'         ' : : : : : : /
  / /    ̄~^''''ゝこ|           ' : : : /
 /  i^ ~^''ヽ、     |\ノ=ニニニ=-、    ' :./
./   !     ^'''-  | /-ー-    \   ノ コクッ



            ―― 、
         ./      \
        .'   __ ノ   ゝ.__ヽ    ゴクッ・・・・・・んん?
       .l   ( ー) (ー ) l
       l    (___人___) l
        .l      `--´  l
          .!          !( ((
          ヽ          ( ( ヽ) 
          ヽ          ¦ヽノζ
         .__>/癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        /⌒ /‐''"_, -ヘ|      |
      {   /   ´  _,,厶ヘ       /
     / ./      _,)ヽ___/
     (  /      _,ノ    |ヽ   }



            ―― 、
         ./      \
        .'   __ ノ   ゝ.__ヽ        ・・・・・・そうですか?
       .l   ( ●) (ー ) l
       l    (___人___) l       ちょっと私の口には・・・・・・。
        .l      `--´  l
          .!          !( ((
          ヽ          ( ( ヽ) 
          ヽ          ¦ヽノζ
         .__>/癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        /⌒ /‐''"_, -ヘ|      |
      {   /   ´  _,,厶ヘ       /
     / ./      _,)ヽ___/
     (  /      _,ノ    |ヽ   }


88◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:12:47 ID:3dz6eDXk

         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、     ふむ、それは、残念。
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|l
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|     やはり、このコピ・ルアクは、
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||     好き嫌いが、分かれるからな。
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_



                   /  ̄ ̄\
                 /    _ノ´ ⌒  ´-
                 |     ( ●)(●   `
                 |    (_人_)         なんと!!
                 |       ノ
                 |        |          このコーヒーは、
                _イヽ、.       , |          あのコピ・ルアクだったのですか!?
               ノ.......::::::::` ー─ァ≦
             ,.<...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..>、
          ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
         Λ::::::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j


89◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:13:06 ID:3dz6eDXk

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |      なんだお、そのコピー・ルークって?
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.    |  /      |



          / ̄ ̄ \
         _.,ノ ヽ、,_  \              コピー・ルークじゃなくて、コピ・ルアク。
        (= ) (= )   |
        (__人___)  u |         ⌒ヽ    ジャコウネコの糞から取り出した
         '、        |   ____  ,.-、ヽ、    コーヒー豆の事だ。
      ,,. -ー|         |ヽ__∠___ゝ」 r'
     / .::::::、::|       /ィ::::〔 _,.-ー  `'r-、
     l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/:::〔/    l:::. ヽ
     」 ::::l:::::::::::::::「二二::::/ :::::::ト、 y   |::::::. ',
     l ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r    l:::::::: i
    / :::::;;:ーミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_ ノ L::::|
   / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く:::::::::::::::: i::|


90◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:13:19 ID:3dz6eDXk

         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・


         ___
        / .u   \                何だお!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)  糞から取り出したコーヒーって!!
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


91◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:14:04 ID:3dz6eDXk

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)          おいおい、そうは言っても貴重品だぜ?
          .|    (___人__)
           |         ノ           100gで高いと1万円はするんだ。
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉     まぁ、匂いは、独特だから
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ      俺みたいに合わない人いるが・・・・・・。
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',



         ____
       /     \        何にしても違いは無いお!!
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \      やっぱり、コーヒーは、泥水だお!!
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|


92◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:14:28 ID:3dz6eDXk

           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i      ・・・・・・やる夫君。
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |     今、何と言ったかね?
        レ   ミ/:::::::::i    |  | | |  |  |
       〈   ;^::::::::::::::::::|| |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i::::__x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/
         \::|::\_:::::::_,/^|::: ::::::::: _ヘ .| \,,,...,,
          ゝ.|:::::::::二:::::::;;;;;___;/_,,,ェヲ  .|\ \:::::
          /.∧:::::`ヾ-=;;;ー二二ノ´ /||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\;;::::::::- ̄:::::"  /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::



       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\       へ?
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''


93◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:14:47 ID:3dz6eDXk

         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、    私の耳が、確かなら
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、    コーヒーは、泥水だと・・・・・・。
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|l
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|    これは、教育をする必要がある様だ。
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_


94◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:15:07 ID:3dz6eDXk

             |             ,仁三ミミヾ|l!l!lハl | ll|l|! |l| l li iliヽ_       /
                 |               メヲ彡ミミ㍉|l!l!l!l| .| |l|l|! |l| l li i | lii㍉     |    や
  大   コ  私  |               f彡ミミ㍉ヾ斗l!l!l!| .| l|l|! |l| l li ili l|l|! |l㍉   .|
              |           挂彡ミ气㍉l!l!l!l|l!l!| |ヘl|l|! |l| l li ilil|l|! | lハ .   |    る
  好    l   は  |              孑彡         .| |l|l|! |l| l li ilil|l|! |l| l li|   .|
               |          /´!  ,ィヘ      .| lヘ |l|l|! |l| l li il l|l|!|l ||  .|    夫
  き    ヒ       .|           / /| イ -‐ ヽ.     ;| |lWil|l|! |l| l li il l|l|!. |l|   .|
             /            〈 .ヽトr====、 〈.   ;.|/ | WwWl! |l| l li ili. ||l   |    君
  だ    l       /              \エ{{       ヾ===、爪"゙゛㍉W|/W|/l|l| |l|   \
            /               i ゝ      }}   〃辷=(:・:)=ヾ Wwl|l|!|l|l    \  ___/
       が    |                 |  `====イ==ニ乂. ゞ==彡}辷イl|!| l|l     //
            /\|             ∧      /::::|     ヘ _ , イ´  ./ /
          /                   ∧ rf、___ヽ::|_, ´__  ー-、  /_/
____/                      ィ―\ \+++    ー+++イ入 ヽ ./_
                     _ -‐' ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;ヽ   ̄ー---一  ̄     ,イ} `ト、_
           ___,,..-‐'' ̄;;;;;;;;;;/゙゙゙゙/ .ノ;;;;;;;;;;;;ヘ `ー----一'´ __ノ´| {!  |  ヽ
       ._/    /´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .   /;;;;;;/ ̄ ̄|≧ー ‐--‐ 一≦;;;;;;;;;| {i.  l    ` 、
      i {     ;;;;;;;;;;;;;, -'"     .// ̄|     ハ ̄ ̄{ ̄ ̄`ソ;;;;;;;;;| ;:  l     ` 、
      | {      , -'"       /   //◎_/ 〈   イ 〉 ◎/⌒ヽ;;| ;:   .l      `'ー-、_
      ハ {   , -'"          ./   / } ̄}  } }/{{合}}|彡ヽィ    l;|    l        /}
   _/', `、,-'"            /   /}  }  }  }/ー-一i彡 /    |;|     .l       ./  .〉


95◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:15:24 ID:3dz6eDXk

     _ _
    r、ヽヽ ,..
      l.i^iヽヽ! l
     `、ヽ   `!
       `、 `  {
      ヽ  , ヘヘ                          アイスコーヒーが、好きだ。
       ヽ' /  \
        く 。.    \          ,.-、、ヘ          カフェ・オ・レが、好きだ。
         \゚ 。    \       ,.._彡ミ',ハ、
            \     `ゝ、._  ,イヽ (_ノ彡,  ヽ       エスプレッソが、好きだ。
           \       __ヽ.l. ヽi、 `i彡ノ// `;-
          _ ヽ-─   ̄__,..-l、     L./// ,F`      カフェ・ラッテが、好きだ。
        ヽ´     _. -‐'ニィ○l `` ‐_,ーイ//,ト
        /ヽ`=i ,.-'´, - '´,. ヘ. _,!‐.ニ∠._,.-`  !、       カプチーノが、好きだ。
        /   //_..i'  /'"l∠ _,.-─‐,.、 `_ヽ、 ヽ
        /  /‐-´-〈 イ ...._i'_     i' r(ヽ! l'´  .i       ウィンナ・コーヒーが、好きだ。
       ,'   /      i ヽ   l、`ヽ-、/{ヽヽヽ!ミミ、`、
      ,'   i'      i.  ヽ   l、  ̄li. i `   lトl `゙ ヽ     トルココーヒーが、好きだ。
        i  /l      ヽ,.-'′   l、   lヽ   ノ ,!   `、
      ,l. /.{             _   l、  ! `l,.'- ´    /    アメリカン・コーヒーが、好きだ。
     ./l/  ! l       _.- '´ ヽ. i、 l.\--  ..._ /
    / l  l  l      ヽ ,.- ´   i、 l  \
    ,' l   l  l.i      ´       i、l.   \
   ,'  l  l.  l. l、        _. - ´  i、l.     ヽ
   ,'  l. ヽ、_j  l、  __.. - ´    l     l、    ヽ


96◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:15:51 ID:3dz6eDXk

                    _ ___ _
                  , '´ミ:.、 、 :.、` :. 、
                   /´三`ヽヾ  \ヾ:.   ヽ
                ,'三ニ ヾ、 :.ミ、\\_ヾ:、 }
     / ̄ `ヽ     /≦三:.、  ミ:.、\ ヾ:、 `ヽ.:}、
    ノ ー‐、'´ ̄ )   ヾ.>ー- ミ:.、 ミミミ、ヾヘj |::Y}、          ジャマイカのブルーマウンテン
.   イ .::::彡'/ ̄      ∨!  `ヽ>≦>/   Y:::' :::::.、
   } i>=ミ、_ノ´`Y  _{ii:、   r彳´,.:ゞ:仁=、  !,' : : '. i\       ハワイのコナ
   { ̄  ー-、_Y:/.  ム/>、r- <ゝ,、____.ノ ノ!' ,::'.     |}、 \
   | `i ::::::::::::::/.   ,'/////,ヘ.__八__,.: ,.:±'゙ ノ〃.    !、\:.\    タンザニアのキリマンジャロ
   |   ! .::::::::::ノ   {/////>:::`::.、:::._ ゙´  .,イ::,'       | \o\ \
   |  ! :::::::〃   //> ' : : :::::::// /⌒ヽ.〃     !  \_ノ '   エチオピアのモカ
..  }、 ._jソオ´{  > '     >{´ レ;ノヘ   〉      ハ'´ ̄
   |ミ=彡'´ ム}'´     ,.: '´>ム> ´〃 ,:ゞ=/      .' {.,        インドネシアのマンデリン
.   〉>'´ ̄z彡、    ///:´,.イ彡' ,イ 〃        '/´
  /´ ,イ ̄ ̄ヽミ}、>ヘ∧  } ゝ . _/--,_'       ,'           エルサルバドルのサルバドル
. ∧  /     .::::::::/ハ > ' ゙ ´   ,イ  \     ,____
  ∧/     .::::::::::/> '゛        ., '     \  人    `ヽ    この地球上で栽培されている
.  ,'  ...:::::::::::::::::/ー―――――/      > ミ.、//>.、   ∨   ありとあらゆる種類のコーヒーが、大好きだ!!
  / .::::::::::::::::::::::/´       /  ,. - 、   i   ∨////}    }
  } .:::::::::::::::::::::/         ,'- 、:  ,    }  ム   ∨///    /
  | :::::::::::::::::: ,'       ,:ハ  ヽ/   j.   ム   .∨/     /ヽ
  | :::::::::::::::::.ノ      ,イ  }.  ,ヘ`ー ヘ    ム   ,ヘ:..   / /
  | ::::::::::::/ 、     / /∧´  .∨  :. `ー--ミ=彳::::ヘ ,イ . /
  | ::::::::::{{::::::.、\  / /  .ハ    :、  `  ̄::::.ヘ:::::::::::::::/: : :/



          , 、、  ,,
        , '  ____ " 、、
         , '   /⌒三 ⌒\  ',      お、おおっお・・・・・・。
       ;  /( @)三(@)\  ;
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;
        |  u   |r┬-|  u  | ;
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;
    _   /    (___   | ',
  ,、'  /              |  ;
 、 ( ̄                |  ; 
     ̄ ̄ ̄|               | ;


97◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:16:10 ID:3dz6eDXk

  _    <ヌワーーッッ!!
  |:  |
  |:  |                     よろしい、ならばコーヒーだ!!>
  |:  |
  |:  |    <はぁ、全く・・・・・・。
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.


98◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:16:25 ID:3dz6eDXk

            |                                   ,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            |__       ____________           ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              /  ./|      |~l~i~~~i~~~~~|~i~~~~~~l~~i~~'|         ||\  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;
             | ̄ ̄|  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||  \
             |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |\
     ____    |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |  \
   . / /|/| |_  |゚ |        .|  |   |    | |   |  | |  |         ||.0   |    \
 / ./|||| |  |∠/| |  |        .| ノ.       |  !  | ノ .|  |          ||    |    |
 | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,,,人,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,|______||    |    |
 |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                 ___________ \   |    |
 |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※,,,ヽ   \  \|.   0|
 |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                 / ※※※※※※※※※\   \  \   .|
 |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
 |_|/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                l⌒l⌒l i⊂⊃i   |\ \
/            /           /_,|                ⌒'⌒ l______,l   |  | ̄|>
             | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                              |\|_|
             |_|            |_|                            |  |


99◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:16:38 ID:3dz6eDXk

                _ _ __ _ r-、
                  {.r、\\`㍉、`\i\¨ミ、
               /Ⅵi\\\  \ .\.Ⅵ `㍉     ・・・・・・ふぅ、
              ,イ彡iiⅥム ヽ  ヽ  \ .\}\∧     さて、続きを始めるとしようか。
               }彡ニハⅦiム  \ \  .ヽ .∨ Ⅵ
                 {/,イ `¨¨∧ .i i        .∨i}i
              Y//      .∨| | | |i i } l!Ⅵ}
                 {i i,ィzzzzミ、 .乂i}i 从乂八il } i乂、
             {`Y ,ィ==r=ァミ、___,Yrィ尨ラ.}i}从{i ノノ
             人 {(弋__`彡豸⌒}i}_`⌒".ノノ  }/}
               `Y`ー====彳i⌒` ‐==‐'.,ィ  iノノ
                         、_,ィ  . ,イ  /ミ、
                  人  `‐-= zzz-≠彡′/{㍉ ヽ_
               /  .\  `ー‐‐‐    /ノiト、i} }i:i: Yヽ、
      ____,..-'/  /i} >‐-  --,..イ./ / ./ ./i:i:  i ` \
    /i}_____/  /./}   /ゝヘ    ./ ./ ./ i{i:i:  i}乂  `ーミ、____
   /乂⌒/  i/   /./i∨ j /}´⌒i}     ./ ./  ヽ___///i`㍉____   〉、
  / //  / , -'"   /./  i/__./i迄亥イ\  ./ ./        i}/ i:i:/  ヽ/⌒\
 / //_,..       /}   {ii: i/⌒㍉}彡' Уi:i:i:/       i}i:i:i:i:/   /    ∧


100◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:16:52 ID:3dz6eDXk

                            ____
                           /      \     Kaffee!! Kaffee!! Kaffee!!
                         / ─    ─ \
                        /   (@)  (@)  \  Heil Kaffee!!
                       |      (__人__)     |
                        \     `⌒´    ,/  Sieg Kaffee!!
                        /     ー‐    \



           / ̄ ̄ \
          _.,ノ ヽ、,_  \                ・・・・・・あの、あれ、
          (= ) (= )   |                あのままにして良いんですか?
          (__人___)  u |         ⌒ヽ
          '、        |   ____  ,.-、ヽ、
       ,,. -ー|         |ヽ__∠___ゝ」 r'
      / .::::::、::|       /ィ::::〔 _,.-ー  `'r-、
      l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/:::〔/    l:::. ヽ
      」 ::::l:::::::::::::::「二二::::/ :::::::ト、 y   |::::::. ',
      l ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r    l:::::::: i
     / :::::;;:ーミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_ ノ L::::|
    / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く:::::::::::::::: i::|
   / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 :::::::::::::::: ||
  / ::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::V :::::::::::::::: |


101◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:17:10 ID:3dz6eDXk

            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/     何、直に治る。
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ         さて、と・・・・・・
..  彡 }_j        \            ヽ         神聖ローマ帝国までだったな。
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´
  >x、八          \ `‐=ニソ__」
\    `>、          `ー‐ {´
  \     `  、         √
   \       `  、     /
     \         ` 、 ィ´


102◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:17:49 ID:3dz6eDXk

         / // ///:|  | / | / / / //  ! |/ // / / / /
        / // /'|/|/! / / / /ィ/ /¨//`ヽj/// / / / /
        /|// / | /| / /─| |/ |/ //   |//|// /  /    神聖ローマ帝国は、
       ∧| /^ヽ/|/_| /´ ̄! /   ー-=zx、!/ \ / /      962年のオットー1世の戴冠から
       Ν/  ,; ヽィ'7'/    |{!    ゞミ、弋えラミ、厶イ;; ,; ;     1806年のフランツ2世の退位まで
      ∧{  〃 {ノ/,/     l|八    ⌒ヽ  }}  }lト;; ;'      約900年間ドイツの大部分を統治した国家だ。
      { V //ヽ|         \      ̄ ̄>’ √\\三≧
      Ⅵ {::.. |/    /`ヽ      \        ィ仁二\\/   その為、ドイツの姓名は、
       |ハ ∨      { {r‐、       `ー一r≦シ⌒ ̄ `ヽ/   神聖ローマ帝国時代の影響力が、強く現れている。
       Ⅵ} /       \            ̄       ヽ
     r=/ ;゚             ト=-             r─  ─一〉
   ノーノ;ハ {           ヽ‐=ニ=‐        ヽ   フ::::/
 イ′ |  ヘ ';                \‐=ニ三ニ=‐ 、 \  .:::::::;/ヽ
     |  八ハ                 \‐=ニ三ニ=‐- 、ヽ  ̄
    |   \             \ `  ‐=ニ三ニ=‐ヽ\ |
     |     \               ヽ    ` ‐=ニ三ニ 〉 ノ


103◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:18:22 ID:3dz6eDXk

                  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
                  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
                 /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|   この時代、ドイツの姓名に強い影響力を
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|  与えた出来事は、
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l
                { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ  ・ノルマン人
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"   ・イタリア政策
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ      この二つだろう。
                  」l 、            /
              _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /


104◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:18:42 ID:3dz6eDXk

        ____
       /      \     Kaffee!! Kaffee!!
     / ─    ─ \
    /   (○)  (@)  \  Kaffee!! ・・・・・・ハッ!?
   |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



     ____
   /      \
  /  ─    ─\      え、えーと・・・・・・。
/    (●)  (○) \    
|       (__人__)    |    ノルマン人の影響は、確かフランス編でも
./     ∩ノ ⊃  /     言及されていたけど、イタリア政策ってなんだお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <ゴソゴソ、メモメモ


105◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:18:59 ID:3dz6eDXk

            ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_
          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
         r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込    ふむ、
        ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y   君は、神聖ローマ帝国・・・・・・
       /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }    いや、それ以前のカロリング朝の時代から
       } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ    誰が、ローマ皇帝を戴冠させてきたかを
       { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}   覚えているかね?
        Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
        fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr |
        { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
       八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
    ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}
 ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八   、___ ‐、j_r‐' ___ノ ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i }
   .>'” ./:i:i:i:/:i会。  `ー-ミー─彡'´ ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l
 >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  `¨¨¨´ .,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |
   :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |
   .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}
   /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi
 /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽ
 i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}


106◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:19:14 ID:3dz6eDXk

     ____
   /      \
  /  \   ,_\
/    (●)゛ (●) \      え?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /      確か、ローマ教皇だおね?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ



                / ̄ ̄\
               /   _,.ノ `⌒           そうだ。
               |    ( ●)(●)
               .|    (___人__)           有名な戴冠を挙げると
               |        ノ           カロリング朝のカール大帝の時は、
               |        |_,-‐、  / ⌒)  時の教皇であるレオ3世が、戴冠させた。
               .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
            _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ      オットー1世の時も
     _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、    教皇であったヨハネス12世が、
    /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )    冠を授けている。
   丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
  i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
 / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',


107◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:19:41 ID:3dz6eDXk

        ______
.   / ̄ ̄    / ̄`ー─ヘ ノ7
   /     / /     /    /{
.  /   / /     /   / //,L.
  ′ /                 /-  }    神聖ローマ皇帝を名乗るには、
 i   /イ.//.i !    /   /  ./  '/ }    教皇から冠を授かる必要がある。
 |   ノ / !.! .|:i.  /_,,/ ///_    '/
 |     イ|:|:i:|:l // __ヾ__,/Ⅶノrヘ!     そして、この事の裏を返すと、
 l  :i| 从|从|/=Y斗t_ッ-ヽ乢rッミト、    教皇が、冠を授けなければ、
 }  :lト. 〈 |  |   人 ミ 彡 }ー{ミ彡 ノ    神聖ローマ皇帝を名乗れないという事だ。
ノイ|:|:i:|\ 」     __  ー‐ 、 {ー‐〔 _
 从|从川l|   }r‐     (.__  )  , : : ヽ
 /∧乂从!   从 `ー===‐--‐7 .′: : ∧
   ∧:. 人.    ヾr、::::____ ソ{  /  . : : :∧__
.   ∧   > .   こ二ニ  r丶 . : : :i:川:i了
    ∧  乂 心、 ___ ノ  \: : 从|:i:i:ト..., _
  〉  ∧,__ >-≠-<!i:.     丶乢I:i:i:i|:i:7 ト .. __
      ∧  .:i:i:i/ ̄ヽ |:i:i:.      >--<.ノ    .\
 .′    ∧:. _/、   :Ⅳノ:i:i:.           //    'ー─ヘ
        ∧./  \r‐、  ∨   丶   //{............ノ.::::/ ̄
 ___  .∧丶  .:}  \. ∨  、   \ '/____.::::/.:::〃
  ̄ ̄/   ∧ \:::}   ヽ.∨  \           ∨.:::::/



     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |      それが、どうしたんだお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ


108◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:20:02 ID:3dz6eDXk

                  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
                  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
                 /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|  つまり、だ。
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l
                { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ  神聖ローマ皇帝の位を得て、維持する為に
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"   神聖ローマ皇帝は、イタリアに居るローマ教皇に
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/     配慮や影響力を行使する事を
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ      強いられる事になったのだ。
                  」l 、            /
              _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /


109◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:20:23 ID:3dz6eDXk

         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、     また、当時のイタリアは、
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、    豊かな土地と資源、そして発展した都市が、
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、   存在していた為、それらを得る狙いもあった。
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|    この様な理由から歴代の神聖ローマ皇帝は、
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||    イタリアに出兵し、駐屯する等する事が多かった。
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|    この様なイタリアを重視した政策を
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|    イタリア政策と言うのだ。
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_


110◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:20:46 ID:3dz6eDXk

             ,                  フリードリヒ2世
          ,.'⌒´ ⌒ ー- 、              Friedrich II
        ,.´{  ー'ノ,,)   ミ ミ}
         { ,、  ゝ,,_,ノル、_ ミ}            13世紀の神聖ローマ皇帝。
          {` ゞ彡'ゝ__ 'ノ __,'イノ
        V ,-v'´ィャァ` fャァ,ハ             バルバロッサの異名で知られる
         ヽゝ.',     .,,〉 !'             フリードリヒ1世は、彼の祖父に当たる。
           {从.、   -- /
            ゞ|. ヽ、 ´ /、              9か国語を理解する程のその知性は、
             /゙ハ"´う)´'ハ,、_            当時の敵、味方から絶賛された。
.     ,i=iiニiiニiiニヘ/ハ_' ニ孑今ー- ''ニ''ニ''ニ=、
     i゙ ,.-── 、 ii  _,, イ    ̄`ニヽ    ,ハ    当時としては、進歩的、悪く言えば
     |. ゞ ll   ゞi ll f´       ノ ー'       i    かなり異端な考えの持ち主だったらしく、
      |   八   || ll ||       /    i /   |    何度か教皇と対立をしている。
      | i  ゞ.、,,|| ll ||_,,.  <.     i. l,/   ,リ
     !、|   , Jj ll |f''"´        ∨    〉   しかし、その進歩的な考え、行動から
    〈. !    `¨ .ll 'ー'         i     |    「王座上の最初の近代人」とも評されている。


その最たる例が、13世紀のシュタウフェン朝の皇帝フリードリヒ2世だろう。

彼は、1194年にイタリアに滞在中の父である
神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世の子としてイタリアで生まれている。

この時点で既に歴代の神聖ローマ皇帝のイタリア偏重ぶりが窺えるが、
彼の場合は、1220年に神聖ローマ皇帝となった後、
9年間しかドイツにおらず、その生涯の殆どをイタリアで過ごしているのだ。


111◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:21:06 ID:3dz6eDXk

             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒     ちなみに、このフリードリヒ2世は、
.         |    ( ●) (●)    当時としては、進歩的、悪く言えば
          |     (___人__)    異端な考えの持ち主だったらしくてな。
          .|        ノ
           j        |      様々なエピソードを持ってるんだ。
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ



                / ̄ ̄\
               /   _,.ノ `⌒           例えば、人間の最初の言葉は何かを知る為、
               |    ( ●)(●)          赤ん坊の世話をする乳母と看護師に
               .|    (___人__)          赤ん坊に向かって何も話さない様にした実験や
               |        ノ          また、効果が明らかでないとして神明裁判を
               |        |_,-‐、  / ⌒)  廃止したりしたと言われる。
               .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄   
            _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ      この事から分かる様に彼は、
     _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、    幾分か進んだ考えの持ち主だったらしい。
    /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
   丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
  i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
 / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',



     ____
   /      \
  /  ─    ─\     ふむ、ふむ。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ


112◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:21:31 ID:3dz6eDXk

                                         __
                                       }i!,`ヽ
                                    ,rzァハi!,   `T7z、_
                                 ,rヘ彡仆i]{i!;   i|   〕ix
                                   r冬´少'^¨`^!  i;i{i     ;  ・・・・・・この様なイタリア政策であるが、
                                   }ミ7r'"     ⅰ; {i |i; i  ⅰ この結果、ドイツ、イタリア双方で
                                   灯j〕竓=z_  }i !}!i| |i{! |!! i{{  様々な影響を受ける結果となった。
                                   炒竝些≧㍉ j{ノリ{l_jソ!j}||iリi{
                               f¨i{!     `Y〕jY圻こ〉刈i|ソリ
                              |i|i}!、     以〔 `¨¨¨^~^レ'}
                                乂}、,゙'ー= __j{__ ` -==イソ/
                               〕~`ー==≠= ..,_,rァ' リノ
                            __jY´∧  、`¨ここ¨´  ∧、                     r=‐ 、
      , ⌒ヽ                 _,. -=≦/乂/| \          イ}i∧\..,_                     }
     i{              . -=≦㌻^≧㌻// / | \ > __  < 乂{ ∧ Y㌻≧=- .,__          .′  ;
      ,     .      /¨¨´     ノ´/  i}  |   Ⅵ r‐ヘ  / / /i}! ヽ‘,       `¨^㌻ミ 、       .′   _j}
        Ⅵ}    ,     / /        /   ij!  |   Ⅶi|!j|iⅥ   .′ ij!   ;         `! ’       .′ ァ〔ソ{
       Ⅵ{i_  ‘,   .′ ,         /   i{!  i}   リⅥil|!八 ⅰ/  i{!   }!        | ‘,      ぐj|Ⅳ
\     <㌻j>   、  ,  i!       /    ij!   i}-=イ  Ⅶ/ ∧_{   ji}!   八        .::|  ‘,   /     `Y       /
:. \     }    { . .: |!         /     i{!   ‘,   レ=介=v′   / i{!     \       :::|  ‘, /     j    /
    >-==-jx,    ∨ .::::. |!             i}!   ‘,   /!|!|i|!|    / ,i}!      \     .:::|   ∨   zァヤレ'㌻´
     ::  ~`j    ∨::::::.}!    /     i{!     ‘, }i!l|i|j!i|   / / i{!       \  :::::|   /   く!jⅣ/   :.
  .:   .:: :        } ::::::.}!  xく        _j{}!      \}!|l;li|i!lj / / {¨¨゚'ー'⌒ヽ、     \:::_|   ,′    〕!i{^i   ::..
  .:::     :.         ‘,:.. ∧V′ \  Y´/{/′       Ⅵj|i/     \    \ ゚'ー--=イ::厂\/      {j!i|{   ::::::... `::...
..:::::::  .: :::..       ‘,   /     `メ /{/{           v'´   /      \    \     |ソア  :{        `Y\  ::::::::::. ::::


113◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:21:48 ID:3dz6eDXk

            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ   イタリア編でも言及していると思うが、
..  彡 }_j        \            ヽ   この歴代ローマ皇帝の行った結果、
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉  イタリアにてドイツ的な名前が広がった。
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´
  >x、八          \ `‐=ニソ__」     特に『Friedrich』「フリードリヒ」や
\    `>、          `ー‐ {´      『Heinrich』「ハインリッヒ」といった
  \     `  、         √       神聖ローマ皇帝に縁ある名前が、
   \       `  、     /        『Fedrico』「フェデリーコ」や
     \         ` 、 ィ´         『Enrico』「エンリーコ」となって多く命名された。


114◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:22:04 ID:3dz6eDXk

            ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_
          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
         r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込
        ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y
       /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }    そして、前述の通り、
       } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ    イタリア政策の影響は、
       { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}    ドイツにも影響を及ぼした。
        Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
        fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr
        { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
       八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
    ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}
 ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八   、___ ‐、j_r‐' ___ノ ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i }
   .>'” ./:i:i:i:/:i会。  `ー-ミー─彡'´ ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l
 >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  `¨¨¨´ .,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |
   :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |
   .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}
   /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi
 /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽ
 i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}


115◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:22:23 ID:3dz6eDXk

               ,仁三ミミヾ|l!l!lハl | ll|l|! |l| l li iliヽ_
              メヲ彡ミミ㍉|l!l!l!l| .| |l|l|! |l| l li i | lii㍉
             f彡ミミ㍉ヾ斗l!l!l!| .| l|l|! |l| l li ili l|l|! |l㍉    教皇への偏重から来る
             挂彡ミ气㍉l!l!l!l|l!l!| |ヘl|l|! |l| l li ilil|l|! | lハ .   カトリック的な影響はもちろんだが、
             孑彡         .| |l|l|! |l| l li ilil|l|! |l| l li|  歴代ローマ皇帝の採ったイタリアに注力する
            /´!  ,ィヘ      .| lヘ |l|l|! |l| l li il l|l|!|l ||   イタリア政策は、逆に本国であるドイツが、
            / /| イ -‐ ヽ.     ;| |lWil|l|! |l| l li il l|l|!. |l|  疎かになる事を意味していた。
           〈 .ヽトr====、 〈.   ;.|/ | WwWl! |l| l li ili. ||l
           \エ{{       ヾ===、爪"゙゛㍉W|/W|/l|l| |l|   事実、先のフリードリヒ2世の時代、
             i ゝ      }}   〃辷=(:・:)=ヾ Wwl|l|!|l|l   ドイツは、長子であるハインリヒに任された結果、
             |  `====イ==ニ乂. ゞ==彡}辷イl|!| l|l   反乱が相次ぎ、元々ゲルマン諸部族の連合体であった
             ∧      /::::|     ヘ _ , イ´  ./ /   神聖ローマ帝国は、分裂状態が加速してしまった。
             ∧ rf、___ヽ::|_, ´__  ー-、  /_/
             ィ―\ \+++    ー+++イ入 ヽ ./_      この様なイタリア偏重主義により、
      _ -‐' ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;ヽ   ̄ー---一  ̄     ,イ} `ト、_    ドイツの中央集権化は、遅れてしまったとされるのだ。
 ,..-‐'' ̄;;;;;;;;;;/゙゙゙゙/ .ノ;;;;;;;;;;;;ヘ `ー----一'´ __ノ´| {!  |  ヽ
 ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .   /;;;;;;/ ̄ ̄|≧ー ‐--‐ 一≦;;;;;;;;;| {i.  l    ` 、
 ;;;;;;;;;;;;;, -'"     .// ̄|     ハ ̄ ̄{ ̄ ̄`ソ;;;;;;;;;| ;:  l     ` 、
   , -'"       /   //◎_/ 〈   イ 〉 ◎/⌒ヽ;;| ;:   .l      `'ー-、_


116◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:22:37 ID:3dz6eDXk

             ____
           /   ― \     どういう事だお?
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   | <メモメモ



                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒    そうだな・・・・・・
                  |    ( ●)(●)   フランス編での中世初期の王様を覚えているか?
                  .|    (___人__)
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒)
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',


117◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:22:54 ID:3dz6eDXk

         ____
       /      \      えーっと、確か・・・・・・。
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   そうだお、普通イメージする豪華絢爛、唯一無二の国王像とは、
    |      (__人__)     |   中世初期の国王は、かけ離れているんだったおね。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. | <ペラッペラッ



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒     ああ、そうだ。
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)    中世は、その土地を所有している諸侯の自立性が強く、
             |        ノ    国王は、それら諸侯のまとめ役に過ぎなかった。
              .|        |
              人、       |     これは、カペー朝フランスでも神聖ローマ帝国でも変わらない。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ


118◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:23:14 ID:3dz6eDXk

             / ̄ ̄\    しかしながら、カペー朝フランスの国王は、
             /  ヽ_  .\   自身の勢力圏であるフランスで
            ( ●)( ●)  |   勢力を固める事に注力した。
           (__人__)     
            l` ⌒´    |   婚姻を結び、諸侯の力を削ぎ、直轄地を増やし・・・・・・
           {         |    そうした結果が、現在、我々がイメージする国王像だろ。
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|



             / ̄ ̄\            我々がイメージする国王像の元は、
          /   ⌒ ´ ⌒          17~18世紀の絶対王政時代のフランス国王の影響だろ。
.         |    ( ●) (●)    
          |     (___人__)         国王は、国家内の誰よりも力を持ち、
          .|        ノ          誰からも指図されない存在となっただろ。
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _    それは、その時期の国王であるルイ14世の言葉、
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y  「朕は、国家なり」が、表しているだろ。
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


119◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:23:42 ID:3dz6eDXk

                                         __
                                       }i!,`ヽ
                                    ,rzァハi!,   `T7z、_
                                 ,rヘ彡仆i]{i!;   i|   〕ix
                                   r冬´少'^¨`^!  i;i{i     ;  そうだ。
                                   }ミ7r'"     ⅰ; {i |i; i  ⅰ
                                   灯j〕竓=z_  }i !}!i| |i{! |!! i{{  フランスでは、本国に注力する事で
                                   炒竝些≧㍉ j{ノリ{l_jソ!j}||iリi{  国王権力を強化する事が出来た。
                               f¨i{!     `Y〕jY圻こ〉刈i|ソリ
                              |i|i}!、     以〔 `¨¨¨^~^レ'}  しかし、神聖ローマ帝国では違った。
                                乂}、,゙'ー= __j{__ ` -==イソ/
                               〕~`ー==≠= ..,_,rァ' リノ
                            __jY´∧  、`¨ここ¨´  ∧、                     r=‐ 、
      , ⌒ヽ                 _,. -=≦/乂/| \          イ}i∧\..,_                     }
     i{              . -=≦㌻^≧㌻// / | \ > __  < 乂{ ∧ Y㌻≧=- .,__          .′  ;
      ,     .      /¨¨´     ノ´/  i}  |   Ⅵ r‐ヘ  / / /i}! ヽ‘,       `¨^㌻ミ 、       .′   _j}
        Ⅵ}    ,     / /        /   ij!  |   Ⅶi|!j|iⅥ   .′ ij!   ;         `! ’       .′ ァ〔ソ{
       Ⅵ{i_  ‘,   .′ ,         /   i{!  i}   リⅥil|!八 ⅰ/  i{!   }!        | ‘,      ぐj|Ⅳ
\     <㌻j>   、  ,  i!       /    ij!   i}-=イ  Ⅶ/ ∧_{   ji}!   八        .::|  ‘,   /     `Y       /
:. \     }    { . .: |!         /     i{!   ‘,   レ=介=v′   / i{!     \       :::|  ‘, /     j    /
    >-==-jx,    ∨ .::::. |!             i}!   ‘,   /!|!|i|!|    / ,i}!      \     .:::|   ∨   zァヤレ'㌻´
     ::  ~`j    ∨::::::.}!    /     i{!     ‘, }i!l|i|j!i|   / / i{!       \  :::::|   /   く!jⅣ/   :.
  .:   .:: :        } ::::::.}!  xく        _j{}!      \}!|l;li|i!lj / / {¨¨゚'ー'⌒ヽ、     \:::_|   ,′    〕!i{^i   ::..
  .:::     :.         ‘,:.. ∧V′ \  Y´/{/′       Ⅵj|i/     \    \ ゚'ー--=イ::厂\/      {j!i|{   ::::::... `::...
..:::::::  .: :::..       ‘,   /     `メ /{/{           v'´   /      \    \     |ソア  :{        `Y\  ::::::::::. ::::


120◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:23:56 ID:3dz6eDXk

            ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_
          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
         r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込
        ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y
       /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }    歴代の神聖ローマ皇帝達は、
       } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ    イタリアに偏重するあまり、本国ドイツを疎かにし、
       { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}   皇帝権を強化しなかったのだ。
        Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
        fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr
        { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
       八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
    ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}
 ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八   、___ ‐、j_r‐' ___ノ ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i }
   .>'” ./:i:i:i:/:i会。  `ー-ミー─彡'´ ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l
 >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  `¨¨¨´ .,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |
   :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |
   .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}
   /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi
 /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽ
 i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}


121◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:24:40 ID:3dz6eDXk

         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、   その結果、国内には皇帝と並ぶ程の力を
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、   持った諸侯が、存在する事となった。
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|   また、国内の利害調整役である皇帝が、
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||   イタリアを優先する余り、国内調整が疎かになり、
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|   諸侯同士が、国内で反目しあう結果となったのだ、
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |   その結果、諸侯達は、自身の領地毎に集権化を進めた。
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/
       \__//'  ' \___/      i/ |     つまり、神聖ローマ帝国は、
       |     \  _              | /     国の中に多数の国があるという状態だったのだ。
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_



     ____
   /      \        ふ~む、成程だお
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ


122◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:25:47 ID:3dz6eDXk

            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ
..  彡 }_j        \            ヽ    ・・・・・・さて、12~13世紀頃のドイツの状態は、
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉   この様な状態だったのだが、
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´    姓名の方は、他の地域とさほど変わらなかった。
  >x、八          \ `‐=ニソ__」
\    `>、          `ー‐ {´        平民も貴族も姓を持たず、
  \     `  、         √         父称やあだ名、居住地名を
   \       `  、     /          個人名の頭に添える事で区別していた。
     \         ` 、 ィ´


123◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:26:04 ID:3dz6eDXk

            ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_
          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
         r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込
        ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y
       /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }    しかし、その姓が無い状態に
       } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ    変化が訪れる事となった。
       { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}
        Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ   ・・・・・・そう、十字軍の影響だ。
        fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr
        { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
       八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
    ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}
 ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八   、___ ‐、j_r‐' ___ノ ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i }
   .>'” ./:i:i:i:/:i会。  `ー-ミー─彡'´ ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l
 >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  `¨¨¨´ .,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |
   :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |
   .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}
   /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi
 /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽ
 i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}


124◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:26:31 ID:3dz6eDXk

              _,..。zzzzzzz;;.、
               ,..ィ/匆匆匆三ミミミミヽ、
              /洲≠≠≠ァ三ミミミミミミヽ
          /'''"     牟ミ/`ヽミミヽi∧          ウルバヌス2世
         ,'  ,.z=≠¨’  ゙'ゞ ノミ!Y、ヽヾ'.         Urbanus II
         { f㌢,.ィi"      ゙) /ミミヾヾ!
          ヽ ゙f《l}ン′      トイ州州ミl}          ローマ教皇。
.           / ゙'´   ,.-、    | . |州州ミ!    _,x
         /  _,   ,フi }.     | |ヾミミツ7ュ、_x斥芋    グレゴリウス7世の改革路線を
            'ーァ'_,.ィン′    ,.ィ l_¥,z≦ヒンミミミ    引き継いだ人物としてもしられるが、
           `ヾt′    //,z≦圭圭}{ミミミミミミ    一般には、クレルモン教会会議にて
               ヽ  ,.ィ佳圭圭圭l㌣价ミ洲洲ミミ    十字軍を呼びかけた人物として知られる。
                  ゙ー'7圭圭圭ミ㌣ィミl)ノ≠シ,i.イ圭
        //⌒)!      ,.ィミ圭圭≫"i。(゙YfへY!イ圭圭     この背景には、セルジューク朝に押されていた
        {:{     _,.ィ7/=圭///rヘノL三i.イlミ圭圭圭     ビザンツ帝国の救援と言う建前と
       ヾミ=-''ミ/イ}リl/_圭//lノ八ドl/圭圭圭圭圭     発展してきた欧州で高まっていた宗教熱と
    /(  //圭/YY)/__/ソ/))ツi}l/圭圭圭圭圭圭     豊かなオリエント地域に対する欲望が、
   ((  ノ//圭/川/__/圭//()゙//圭圭圭圭圭圭圭     その本音としてあったとされる。
ニ二三、ミ三f圭/ゾ/=/圭//(Y((/ミ圭圭圭圭圭圭圭
ー=ニ二ニ/圭'///''/圭lf//λし/圭圭圭圭圭圭圭圭
//て三/圭ノ/::/7:::圭lf//ミY≫iミ圭圭圭圭圭圭圭圭
/(川ミノ::/:lニ゙ ニl圭ソ/≫イ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
彡ソンl//圭:::://::圭圭レ佳圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
彡'圭//圭:::://::圭圭圭ソミ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭㌣


ウルバヌス2世によって呼びかけられた十字軍だが、
その本音はさておき、ここで注目したいのは、十字軍の構成人員だ。

十字軍を構成したのは、主に西ヨーロッパの諸侯たちだ。

この為、戦後、西ヨーロッパの諸侯たちが、力を落とす結果
となるのだが、それ以上に、この事は、名前に大きな影響を与えたのだ。


125◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:26:49 ID:3dz6eDXk

             ____
           /   ― \     どういう事だお?
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   | <メモメモ



                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒             イタリア編を覚えているか?
                  |    ( ●)(●)
                  .|    (___人__)             十字軍を運んだのは、イタリアの諸都市で
                  |        ノ             また、その時のイタリアでは、とあるものが、
                  |        |_,-‐、  / ⌒)   既に存在していた事を。
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',



     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・      とある事?
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |       えーっと、
/     ∩ノ ⊃  /       イタリアの諸都市は、
(  \ / _ノ |  |        他と比べて、発展しており、姓の文化が・・・・・・
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <ペラッペラッ


126◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:27:01 ID:3dz6eDXk

               ∩_
              〈〈〈 ヽ     あっ、分かったお!!
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |     十字軍を構成していた西ヨーロッパの諸侯を運んだのは、
   /( ●)  (●)\  !   !     イタリアの諸都市だお!!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /    この頃、イタリアの諸都市は、姓の文化を復活させていたお!!
  \     ` ー'´     //
  / __        /        この姓の文化に諸侯達は、当然触れていた筈だお!!
  (___)      /



         ____
        /⌒  ⌒\        また、十字軍の背景には、
      / (⌒) (⌒)\       発展してきた欧州で高まっていた宗教熱があったお!!
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、    つまり、西ヨーロッパ各地に姓の文化を必要とする
     \       `ー'   しE |     土壌が出来上がっていたんだお!!
     /           l、E ノ
   /            | |     その事はつまり、十字軍に参加した諸侯たちが、
   (   丶- 、       ヽ_/     帰郷するにつれて姓の文化が、
    `ー、_ノ               西ヨーロッパ中に広がったという事おね!!


127◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:27:19 ID:3dz6eDXk

                  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
                  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
                 /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|  正解だ。
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l
                { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ  十字軍に参加した諸侯達によって
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"  イタリアで復活した姓文化は、
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/    発展によって姓を必要とする様になった
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ     西ヨーロッパ中で広まった。
                  」l 、            /
              _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /


128◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:27:34 ID:3dz6eDXk

            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||   最初に姓の文化を取り入れたのは、
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′  貴族であったとされる。
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/      彼らは、元々社交や外交を行う為に
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ       自身の領地名を個人名の前に添える事で
..  彡 }_j        \            ヽ        個人を区別していた。
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´        だからこそ、その領地名を添えるやり方を
  >x、八          \ `‐=ニソ__」          そのまま家名として用いるやり方が、流行った。
\    `>、          `ー‐ {´
  \     `  、         √            これならば、自身が、どの領地を持ち、
   \       `  、     /              どの様な爵位なのかを対外に示す事も簡単だからな。
     \         ` 、 ィ´


129◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:29:22 ID:3dz6eDXk

         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_         その為、領地名を添えるやり方で用いていた
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、      (~出身の)を示す前置詞である『von』も
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、     家名として取り入れられた。
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、   例えば、『von ○○』「フォン・○○」と家名にあれば、
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|    ○○という場所を統治している貴族という風になった。
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||    ただし、時代が進むにつれ、
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|   実際の領土と名称の乖離が進む様になってくる。
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|   
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |   この結果、フランスの『de』や『du』の様に
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/    『von』は、貴族を示す一種の称号に変化したのだ。
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /       他にもドイツには、『zu』「ツー」という
       |       `-― ̄`    __      |レ;       貴族を示す称号がある。
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\  これは、称号化した地名ではなく、
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄  現在持つ領地を示す為に使われた称号で
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /     これも、後に姓や家名に変化していった。
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_


130◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:29:54 ID:3dz6eDXk

              ヽ、
      __}ニ=-‐=ニニ≧=}:.}ィr=‐         ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
      >.:.:.:.:./.:.:./.:.:.:.:.:.:.:`ヽ        Johann Wolfgang von Goethe
     /.:.:.:.:.:イ_:.:.:.:/.:.:/.:!:.:.:i:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:/.:.:.://}/.:.:.:.ト、:.:i:.:.:.:.:.:.:}      ドイツを代表する文豪の一人。
  -=彡.:.:.:./.\:.:.:.:.:.\:.:.:.:.ゝヽ}:.:.ヽ:.:.:{____
   イ;.:.:.:.∧:.:.:.:ヽ≧=‐-=ニ___≧:.:.:.:≧=‐'    数々の名著、名言を残したが、
    {/.;'.:.:iト、}、:.:}\:.:.i!:.:.:.}:.::}ヽ:.:.i、厂.:>    特に彼の著した『若きウェルテルの悩み』は、
     |/i:.:.:.i ィ爪7  ヾ!:.:/へ!:.:.∨/}/¨      欧州に大きな反響を呼び、ヒロインの名前である
      ヾハ} 乂ソ   }/〈.ヘノ.:.|:.:{        「シャルロッテ」と名付けられる女性が増えただけでなく、
       ノ        /.ハ/ヾ         主人公であるウェルテルを真似て
       ヽ _ __    ノ: : > ヽ        自殺する者が増える等の社会現象を巻き起こした。
         `、   /、/   __}、_
          ー   〈 __,,≠ニニ=!、
             {:.ヽY=ニニニニニ}:.:\
             ∨// // /∧〈:.:.:.:.:.ヽ
               〉/ // // ヽ\:.:.:.:.',
             /=i! i/ i/  | iヽヽ:.:.:.i!
             {ニ}イ  i!|  || /}ニ〉.:.:i!


・・・・・・そうだな。

貴族の称号への変化で有名所を挙げるとゲーテだろう。

彼は、本名を「ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ」と言い、
彼に付けられている「フォン」は、彼が貴族に叙された際に名乗り始めた物だ。

この事からも『von』「フォン」そのものが、
階級を表す称号に変化している事が分かるだろう。


131◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:30:15 ID:3dz6eDXk

   / ̄ ̄\               ちなみにこの『von』だが、
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、  オランダでは、『van』「ファン」となる。
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../   ただし、オランダでは、貴族的な意味合いは薄く、
  |    ` /       ``77   /    純粋に(~出身の)と言う意味合いが強い。
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./     その為、ドイツではあまり見ない、
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /      英語で『from the』を意味する
   |. \   〈\.\,〉 `,  f      『van der』「ファン・ダー」や短縮形の『ver』「フェー」
    | . \  (ヽ ヽ `..   |       の様な言葉が、姓となっている場合がある。
    |    .\ \      ノ



               /7
                 //
             //
       __    //       この『van』「ファン」に貴族的な性質が、
.    /ノ ヽ\ .//       付かなかった背景として
.   / (●)(●〉/        オランダが、16世紀頃に神聖ローマ帝国から
  l    (__人_,//l        独立をし始めた事や貴族よりも商人や市民の力が、
.  |    `⌒// ノ        強かった為だとされる。
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|


132◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:31:14 ID:3dz6eDXk

            / ̄ ̄\
          /_ノ  `⌒ \
    _     .| (● ) (⌒ ) .|   この『van』「ファン」や『van der』「ファン・ダー」、
    | !    | (__人___)   |   『ver』「フェー」で有名人を挙げると
    | !    |  ` ⌒ ´    .|   画家の『van dyck』「ファンダイク」(ダイク(=堤防)近くの出身)や
    | !   ,.-,|          |   同じく画家の『vermeer』「フェルメール」(海岸近くの出身)等がある。
  ._,ノ ┴、/ ,/ .|        /
  .r `二ヽ ) i ヽ        /
  .|  ー、〉 /   〉      <
  .|  r_,j j / ̄   '' ̄  ⌒ヽ
  .|   ) ノ/ {       ィ,  }
  ノ   ,/   |         |{  |



     ____
   /      \        ふむふむ。
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ


133◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:31:32 ID:3dz6eDXk

            ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_
          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
         r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込    ・・・・・・さて、貴族階級の話は終え、
        ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y   次は、庶民階級の話を始めよう。
       /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }
       } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ     フランスでの庶民の姓名については、
       { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}    言及が、あったかね?
        Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
        fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr
        { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
       八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
    ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}
 ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八   、___ ‐、j_r‐' ___ノ ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i }
   .>'” ./:i:i:i:/:i会。  `ー-ミー─彡'´ ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l
 >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  `¨¨¨´ .,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |
   :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |
   .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}
   /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi
 /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽ
 i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}


134◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:31:46 ID:3dz6eDXk

         ____
       /      \      えーっと、確か・・・・・・。
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   都市部の住民は、個人に生業を持ち、
    |      (__人__)     |   ギルドに加入していたから、その職業が世襲され、
     \    ` ⌒´    ,/    姓になったんだおね。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. | <ペラッペラッ



        ___
      /_ノ '' 'ー\      農村では、姓の普及は遅かったけど、
     / ( ●) ( ●)\     ナポレオンの法令によって
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\   これまで伝統的に個人を判別していた方法だった
   |       `'ーnl^l^l  |   居住地名やあだ名、父称等を姓として創姓したんだお。
   \         l   っ/
             (   ゝ
              i   \ <ペラッペラッ


135◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:32:05 ID:3dz6eDXk

                  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
                  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
                 /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|  そうだ。
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l
                { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ  フランスでの庶民の姓の特徴と
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"  ドイツの庶民の姓の特徴は、
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/    良く似ている。
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ
                  」l 、            /
              _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /


136◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:32:23 ID:3dz6eDXk

               ,仁三ミミヾ|l!l!lハl | ll|l|! |l| l li iliヽ_
              メヲ彡ミミ㍉|l!l!l!l| .| |l|l|! |l| l li i | lii㍉
             f彡ミミ㍉ヾ斗l!l!l!| .| l|l|! |l| l li ili l|l|! |l㍉    都市部では職業性が、多かったし、
             挂彡ミ气㍉l!l!l!l|l!l!| |ヘl|l|! |l| l li ilil|l|! | lハ .   農村では、姓の普及が遅かった点でも同じだ。
             孑彡         .| |l|l|! |l| l li ilil|l|! |l| l li|  
            /´!  ,ィヘ      .| lヘ |l|l|! |l| l li il l|l|!|l ||    ナポレオンの法令による影響も
            / /| イ -‐ ヽ.     ;| |lWil|l|! |l| l li il l|l|!. |l|  当時は、現在のドイツ西部に当たる地域は、
           〈 .ヽトr====、 〈.   ;.|/ | WwWl! |l| l li ili. ||l   ライン連邦としてナポレオンの勢力下だったし、
           \エ{{       ヾ===、爪"゙゛㍉W|/W|/l|l| |l|    ドイツ東部のプロイセンも
             i ゝ      }}   〃辷=(:・:)=ヾ Wwl|l|!|l|l   ナポレオン戦争敗北のショックから
             |  `====イ==ニ乂. ゞ==彡}辷イl|!| l|l    ナポレオン率いるフランスに習った
             ∧      /::::|     ヘ _ , イ´  ./ /    近代化の真っ最中だった。
             ∧ rf、___ヽ::|_, ´__  ー-、  /_/
             ィ―\ \+++    ー+++イ入 ヽ ./_
      _ -‐' ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;ヽ   ̄ー---一  ̄     ,イ} `ト、_    
 ,..-‐'' ̄;;;;;;;;;;/゙゙゙゙/ .ノ;;;;;;;;;;;;ヘ `ー----一'´ __ノ´| {!  |  ヽ    
 ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .   /;;;;;;/ ̄ ̄|≧ー ‐--‐ 一≦;;;;;;;;;| {i.  l    ` 、
 ;;;;;;;;;;;;;, -'"     .// ̄|     ハ ̄ ̄{ ̄ ̄`ソ;;;;;;;;;| ;:  l     ` 、
   , -'"       /   //◎_/ 〈   イ 〉 ◎/⌒ヽ;;| ;:   .l      `'ー-、_


137◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:33:03 ID:3dz6eDXk

        ______
.   / ̄ ̄    / ̄`ー─ヘ ノ7
   /     / /     /    /{
.  /   / /     /   / //,L.
  ′ /                 /-  }    当然、世襲の姓を国民に
 i   /イ.//.i !    /   /  ./  '/ }    義務付ける法令を発布された。
 |   ノ / !.! .|:i.  /_,,/ ///_    '/
 |     イ|:|:i:|:l // __ヾ__,/Ⅶノrヘ!     例えば、1813年にバイエルン王国が、
 l  :i| 从|从|/=Y斗t_ッ-ヽ乢rッミト、    ドイツ地域で初めて法令として発布している。
 }  :lト. 〈 |  |   人 ミ 彡 }ー{ミ彡 ノ
ノイ|:|:i:|\ 」     __  ー‐ 、 {ー‐〔 _
 从|从川l|   }r‐     (.__  )  , : : ヽ
 /∧乂从!   从 `ー===‐--‐7 .′: : ∧
   ∧:. 人.    ヾr、::::____ ソ{  /  . : : :∧__
.   ∧   > .   こ二ニ  r丶 . : : :i:川:i了
    ∧  乂 心、 ___ ノ  \: : 从|:i:i:ト..., _
  〉  ∧,__ >-≠-<!i:.     丶乢I:i:i:i|:i:7 ト .. __
      ∧  .:i:i:i/ ̄ヽ |:i:i:.      >--<.ノ    .\
 .′    ∧:. _/、   :Ⅳノ:i:i:.           //    'ー─ヘ
        ∧./  \r‐、  ∨   丶   //{............ノ.::::/ ̄
 ___  .∧丶  .:}  \. ∨  、   \ '/____.::::/.:::〃
  ̄ ̄/   ∧ \:::}   ヽ.∨  \           ∨.:::::/


138◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:33:21 ID:3dz6eDXk

                                         __
                                       }i!,`ヽ
                                    ,rzァハi!,   `T7z、_
                                 ,rヘ彡仆i]{i!;   i|   〕ix
                                   r冬´少'^¨`^!  i;i{i     ;   しかし、どれもこれも
                                   }ミ7r'"     ⅰ; {i |i; i  ⅰ   フランスと同じなわけではない。
                                   灯j〕竓=z_  }i !}!i| |i{! |!! i{
                                   炒竝些≧㍉ j{ノリ{l_jソ!j}||iリi{   ドイツの姓の特徴として
                               f¨i{!     `Y〕jY圻こ〉刈i|ソリ   知られている事がいくつかある。
                              |i|i}!、     以〔 `¨¨¨^~^レ'}
                                乂}、,゙'ー= __j{__ ` -==イソ/
                               〕~`ー==≠= ..,_,rァ' リノ
                            __jY´∧  、`¨ここ¨´  ∧、                     r=‐ 、
      , ⌒ヽ                 _,. -=≦/乂/| \          イ}i∧\..,_                     }
     i{              . -=≦㌻^≧㌻// / | \ > __  < 乂{ ∧ Y㌻≧=- .,__          .′  ;
      ,     .      /¨¨´     ノ´/  i}  |   Ⅵ r‐ヘ  / / /i}! ヽ‘,       `¨^㌻ミ 、       .′   _j}
        Ⅵ}    ,     / /        /   ij!  |   Ⅶi|!j|iⅥ   .′ ij!   ;         `! ’       .′ ァ〔ソ{
       Ⅵ{i_  ‘,   .′ ,         /   i{!  i}   リⅥil|!八 ⅰ/  i{!   }!        | ‘,      ぐj|Ⅳ
\     <㌻j>   、  ,  i!       /    ij!   i}-=イ  Ⅶ/ ∧_{   ji}!   八        .::|  ‘,   /     `Y       /
:. \     }    { . .: |!         /     i{!   ‘,   レ=介=v′   / i{!     \       :::|  ‘, /     j    /
    >-==-jx,    ∨ .::::. |!             i}!   ‘,   /!|!|i|!|    / ,i}!      \     .:::|   ∨   zァヤレ'㌻´
     ::  ~`j    ∨::::::.}!    /     i{!     ‘, }i!l|i|j!i|   / / i{!       \  :::::|   /   く!jⅣ/   :.
  .:   .:: :        } ::::::.}!  xく        _j{}!      \}!|l;li|i!lj / / {¨¨゚'ー'⌒ヽ、     \:::_|   ,′    〕!i{^i   ::..
  .:::     :.         ‘,:.. ∧V′ \  Y´/{/′       Ⅵj|i/     \    \ ゚'ー--=イ::厂\/      {j!i|{   ::::::... `::...
..:::::::  .: :::..       ‘,   /     `メ /{/{           v'´   /      \    \     |ソア  :{        `Y\  ::::::::::. ::::


139◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:33:41 ID:3dz6eDXk

            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′   それは、
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/     ・ドイツでは、『Muller』「ミュラー」という姓が、多い事。
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ
..  彡 }_j        \            ヽ      ・ドイツでは、フランスと比べ、聖人由来の姓が、少ない事。
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´      ・ドイツ西部には、フランス的な姓が、多い事。
  >x、八          \ `‐=ニソ__」
\    `>、          `ー‐ {´           この3つだ。
  \     `  、         √
   \       `  、     /
     \         ` 、 ィ´



     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |       如何いう事だお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ


140◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:34:00 ID:3dz6eDXk

                  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
                  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
                 /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|  ふむ、それじゃあ、1つずつ解説していこう。
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l
                { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ  まずドイツでは、『Muller』「ミュラー」という姓が、
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"  多い事からだ。
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ
                  」l 、            /
              _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /


141◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:34:34 ID:3dz6eDXk

        ______
.   / ̄ ̄    / ̄`ー─ヘ ノ7
   /     / /     /    /{
.  /   / /     /   / //,L.
  ′ /                 /-  }
 i   /イ.//.i !    /   /  ./  '/ }
 |   ノ / !.! .|:i.  /_,,/ ///_    '/     まず尋ねるが、『Muller』「ミュラー」は、
 |     イ|:|:i:|:l // __ヾ__,/Ⅶノrヘ!     何が由来の姓か知っているかね?
 l  :i| 从|从|/=Y斗t_ッ-ヽ乢rッミト、
 }  :lト. 〈 |  |   人 ミ 彡 }ー{ミ彡 ノ
ノイ|:|:i:|\ 」     __  ー‐ 、 {ー‐〔 _
 从|从川l|   }r‐     (.__  )  , : : ヽ
 /∧乂从!   从 `ー===‐--‐7 .′: : ∧
   ∧:. 人.    ヾr、::::____ ソ{  /  . : : :∧__
.   ∧   > .   こ二ニ  r丶 . : : :i:川:i了
    ∧  乂 心、 ___ ノ  \: : 从|:i:i:ト..., _
  〉  ∧,__ >-≠-<!i:.     丶乢I:i:i:i|:i:7 ト .. __
      ∧  .:i:i:i/ ̄ヽ |:i:i:.      >--<.ノ    .\
 .′    ∧:. _/、   :Ⅳノ:i:i:.           //    'ー─ヘ
        ∧./  \r‐、  ∨   丶   //{............ノ.::::/ ̄
 ___  .∧丶  .:}  \. ∨  、   \ '/____.::::/.:::〃
  ̄ ̄/   ∧ \:::}   ヽ.∨  \           ∨.:::::/


142◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:35:10 ID:3dz6eDXk

             ____
           /   ― \     『Muller』「ミュラー」かお?
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   | <メモメモ



             / ̄ ̄\           『Muller』「ミュラー」は、
          /   ⌒ ´ ⌒         ドイツ語で(粉屋)を意味する単語が、
.         |    ( ●) (●)        由来の姓だ。
          |     (___人__)
          .|        ノ         英語では、『MIiller』「ミラー」となるだろ。
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


143◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:35:31 ID:3dz6eDXk

         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、    
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、    そうだ。
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|    この粉屋というのは、
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|    農村にて収穫した小麦などの穀物を水車等を使用し、
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||    小麦粉にしたり、それを販売する店や人物の事だ。
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|    それが、何故、
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |    現在のドイツで使用される姓の人口で第1位となる程、
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/     ドイツでは、一般的な姓となったのか。
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /      これは、16世紀の欧州全体の動きが関わってくるのだ。
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_


144◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:35:56 ID:3dz6eDXk

            ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_
          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
         r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込
        ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y    16~17世紀頃、
       /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }    オランダやイギリスと言った海洋国家が、
       } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ     貿易によって栄る様になり、
       { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}    その地域では、都市が、発達する事となった。
        Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
        fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr
        { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
       八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
    ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}
 ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八   、___ ‐、j_r‐' ___ノ ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i }
   .>'” ./:i:i:i:/:i会。  `ー-ミー─彡'´ ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l
 >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  `¨¨¨´ .,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |
   :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |
   .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}
   /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi
 /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽ
 i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}


145◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:36:17 ID:3dz6eDXk

            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |  その結果、それらの都市では、
         /            ∨ / ノ| l |ハ  穀物に対する需要が増える事となった。
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||  その需要に答えたのが、
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′ ドイツやロシアといった中欧や東欧の国々だったのだ。
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/     特にドイツ、農地の豊かだった東部ドイツ地域では、
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ      西欧と同じ様な比較的自由度の高い農奴制であったのが、
..  彡 }_j        \            ヽ      その都市の需要に目を付けた領主が、
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉     逆に農民を強力に支配し、農場を経営する
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´      グーツヘルシャフトと呼ばれる制度が、誕生する事となった。
  >x、八          \ `‐=ニソ__」
\    `>、          `ー‐ {´          ちなみにこの様な地主貴族をユンカーと言い、
  \     `  、         √           ドイツの政治に多大な影響力を及ぼす存在となるが、
   \       `  、     /            ここでは割愛する。
     \         ` 、 ィ´


146◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:36:39 ID:3dz6eDXk

               ,仁三ミミヾ|l!l!lハl | ll|l|! |l| l li iliヽ_
              メヲ彡ミミ㍉|l!l!l!l| .| |l|l|! |l| l li i | lii㍉     さて、その様な環境の変化によって
             f彡ミミ㍉ヾ斗l!l!l!| .| l|l|! |l| l li ili l|l|! |l㍉    ドイツでは、都市向けの大量の小麦が、
             挂彡ミ气㍉l!l!l!l|l!l!| |ヘl|l|! |l| l li ilil|l|! | lハ .   栽培される事となった。
             孑彡         .| |l|l|! |l| l li ilil|l|! |l| l li|
            /´!  ,ィヘ      .| lヘ |l|l|! |l| l li il l|l|!|l ||   もちろん、栽培するだけでは、
            / /| イ -‐ ヽ.     ;| |lWil|l|! |l| l li il l|l|!. |l|  意味がない。
           〈 .ヽトr====、 〈.   ;.|/ | WwWl! |l| l li ili. ||l
           \エ{{       ヾ===、爪"゙゛㍉W|/W|/l|l| |l|   製粉し、販売しなければならない。
             i ゝ      }}   〃辷=(:・:)=ヾ Wwl|l|!|l|l
             |  `====イ==ニ乂. ゞ==彡}辷イl|!| l|l    だから、大量の小麦が作られるのと同じ様に
             ∧      /::::|     ヘ _ , イ´  ./ /   製粉をする人物や販売をする人物も増加した。
             ∧ rf、___ヽ::|_, ´__  ー-、  /_/
             ィ―\ \+++    ー+++イ入 ヽ ./_      その結果が、現在のドイツの『Muller』「ミュラー」
      _ -‐' ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;ヽ   ̄ー---一  ̄     ,イ} `ト、_    という姓の多さに繋がっているのだ。
 ,..-‐'' ̄;;;;;;;;;;/゙゙゙゙/ .ノ;;;;;;;;;;;;ヘ `ー----一'´ __ノ´| {!  |  ヽ
 ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .   /;;;;;;/ ̄ ̄|≧ー ‐--‐ 一≦;;;;;;;;;| {i.  l    ` 、
 ;;;;;;;;;;;;;, -'"     .// ̄|     ハ ̄ ̄{ ̄ ̄`ソ;;;;;;;;;| ;:  l     ` 、
   , -'"       /   //◎_/ 〈   イ 〉 ◎/⌒ヽ;;| ;:   .l      `'ー-、_



    __!i|!|
   !i|─  ─\
  /( ●)  (●)i!i|
/   |!| i!  |!| i!  \ ヽヽ    ふむ、ふむ。
|     ( ●)  (●) |  ) 〉
/     ∩ノ ⊃_) / /     成程だお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


147◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:37:03 ID:3dz6eDXk

                  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
                  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
                 /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|  それじゃあ、次だ。
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l
                { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ  ドイツでは、フランスと比べて
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"  聖人由来の姓が、少ない事だな。
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ     これは、16世紀に起こった宗教改革に
                  」l 、            /       原因を求める事ができる。
              _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /


148◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:37:25 ID:3dz6eDXk

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |      宗教改革?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ



   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /   イングランドのウィクリフや
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../    ベーメンのフス等色々とあるが、
  |    ` /       ``77   /    今回は、最も影響を与えた
.  ヽ   /          / /   /     ドイツのルターから始まる宗教改革の事だ。
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /      これは、1517年にマルティン・ルターが、
   |. \   〈\.\,〉 `,  f       『95ヶ条の論題』と呼ばれるカトリック教会への疑問を
    | . \  (ヽ ヽ `..   |       投げかけた文章をヴィッテンベルクの教会の扉に
    |    .\ \      ノ       張った事から始まるとされる。


149◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:37:54 ID:3dz6eDXk

               /7
                 //
             //
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/        当時、ドイツ諸侯の権力は、ローマ教皇の権力と比して
  l    (__人_,//l         弱かった為、ドイツは、「教皇の財布」とも呼ばれる程、
.  |    `⌒// ノ        ローマ教皇側が、優位だったんだ。
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/          その為、この論題は、ドイツ諸侯の間に衝撃を走らせ、
    / と'_{'´ヽ          宗教的問題ではなく、政治的な問題として
    /  _.、__〉 ト,         扱われる様になったんだ。
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|



             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\     この結果、1世紀にも渡るカトリック側と改革側・・・・・・
            ( ●)( ●)  |     後に抗議する者という意味を込められ、
           (__人__)      |     プロテスタントと呼ばれる事となる一派との抗争が続いた。
            l` ⌒´    |
           {         |        特に後期は、宗教では無く、国家間の代理争いとしても利用され、
           {       /         1618年からの三十年戦争では、 カトリック側のフランスが、
       _. -: ´Λ     _.へ` 、      プロテスタント勢力を援助する等した結果、戦場となったドイツは荒廃、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_     人口が、三分の一まで減ったと言われる。
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|


150◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:38:54 ID:3dz6eDXk

             ___ェェ-----、__
          __,-'''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``ヽ、_           マルティン・ルター
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;L           Martin Luther
       /j;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;/_/レリ_l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~`ヽ,
       //;;;;;;;;;/'レ//'/弋テt//l;;;;;;;;;、;;;;;;;;、;l        宗教改革の口火を切った人物として有名。
         l;;;;;lifフl     ~/.l/'l;;;;ソf,'l;;;;;;;l;;l
         リl;;l`./       ' .l;;/lゞ'」;;;;;;;lリ        彼の出した『95ヶ条の論題』という文章は、
          `i '-、 、      ノ /二’;;;;;;/         その後、キリスト教会の分裂を招いたが、
           ヽ ,-_--、.     .i ~リ;;;;;;;;l         彼自身は、その様な意図は無かったとされる。
            .`、       _ノ  レi;;;;;l
             ヽ     /    リjトl_______,      また、他の大きな影響として
             .l、 __,-''´::       l > l      これまで限られた人間にしか読めなかった
              ~  」::::        l/  `、     ラテン語の聖書をドイツ語訳にする等で
             _,,-''~ `ト、        /    /、_   民衆が、キリスト教の教義を理解できる様にし、
           _,-''´    l .l       _/    .l;;;;;;;   また、この事によって、共通的なドイツ語の成立に
        _,,-''       l. ノ     /     l;;;;;;;;;   重要な役割を果たしたとされる。
      _,-''        /'    /      l;;;;;;;;;;
     /、__       / i  ., /        l;;;;;;;;;;
   _,,-'`ヽ、~`--、   /\, '  L「---、      .l;;;;;;;;;;;


そうだ。

ローマ教皇の強い影響力を受けていたドイツの諸侯は、
それから脱する為に挙ってルター派を支持した。

その結果、地理的要因からカトリックの影響の薄いドイツ北部では、
殆どの諸侯が、ルター派になってしまったのだ。


151◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:40:20 ID:3dz6eDXk

        ______
.   / ̄ ̄    / ̄`ー─ヘ ノ7                 ルター派の教義は、
   /     / /     /    /{                 簡単に言えば、教会権力をある程度は認めつつも
.  /   / /     /   / //,L.                聖書の権威を強調したという事だ。
  ′ /                 /-  }
 i   /イ.//.i !    /   /  ./  '/ }                カトリック教会では、教会の権威のもとに
 |   ノ / !.! .|:i.  /_,,/ ///_    '/                聖書には載っていない、様々な規則を作ったのだよ。
 |     イ|:|:i:|:l // __ヾ__,/Ⅶノrヘ!
 l  :i| 从|从|/=Y斗t_ッ-ヽ乢rッミト、                つまり、プロテスタントは、聖書には載っていない事は止め、
 }  :lト. 〈 |  |   人 ミ 彡 }ー{ミ彡 ノ                聖書を第一に、聖書に基づいて信仰しようとしたのだ。
ノイ|:|:i:|\ 」     __  ー‐ 、 {ー‐〔 _
 从|从川l|   }r‐     (.__  )  , : : ヽ
 /∧乂从!   从 `ー===‐--‐7 .′: : ∧
   ∧:. 人.    ヾr、::::____ ソ{  /  . : : :∧__
.   ∧   > .   こ二ニ  r丶 . : : :i:川:i了
    ∧  乂 心、 ___ ノ  \: : 从|:i:i:ト..., _
  〉  ∧,__ >-≠-<!i:.     丶乢I:i:i:i|:i:7 ト .. __
      ∧  .:i:i:i/ ̄ヽ |:i:i:.      >--<.ノ    .\
 .′    ∧:. _/、   :Ⅳノ:i:i:.           //    'ー─ヘ
        ∧./  \r‐、  ∨   丶   //{............ノ.::::/ ̄
 ___  .∧丶  .:}  \. ∨  、   \ '/____.::::/.:::〃
  ̄ ̄/   ∧ \:::}   ヽ.∨  \           ∨.:::::/


152◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:40:57 ID:3dz6eDXk

               ,仁三ミミヾ|l!l!lハl | ll|l|! |l| l li iliヽ_
              メヲ彡ミミ㍉|l!l!l!l| .| |l|l|! |l| l li i | lii㍉
             f彡ミミ㍉ヾ斗l!l!l!| .| l|l|! |l| l li ili l|l|! |l㍉
             挂彡ミ气㍉l!l!l!l|l!l!| |ヘl|l|! |l| l li ilil|l|! | lハ .
             孑彡         .| |l|l|! |l| l li ilil|l|! |l| l li|  簡単に言うならば、これまでのカトリックが、
            /´!  ,ィヘ      .| lヘ |l|l|! |l| l li il l|l|!|l ||
            / /| イ -‐ ヽ.     ;| |lWil|l|! |l| l li il l|l|!. |l|  神>教会>聖書>信者
           〈 .ヽトr====、 〈.   ;.|/ | WwWl! |l| l li ili. ||l
           \エ{{       ヾ===、爪"゙゛㍉W|/W|/l|l| |l|   であったのに対し、プロテスタントは、
             i ゝ      }}   〃辷=(:・:)=ヾ Wwl|l|!|l|l
             |  `====イ==ニ乂. ゞ==彡}辷イl|!| l|l    神>聖書>教会(信者グループの事)
             ∧      /::::|     ヘ _ , イ´  ./ /
             ∧ rf、___ヽ::|_, ´__  ー-、  /_/     という風にしようとしたのだ。
             ィ―\ \+++    ー+++イ入 ヽ ./_
      _ -‐' ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;ヽ   ̄ー---一  ̄     ,イ} `ト、_
 ,..-‐'' ̄;;;;;;;;;;/゙゙゙゙/ .ノ;;;;;;;;;;;;ヘ `ー----一'´ __ノ´| {!  |  ヽ
 ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .   /;;;;;;/ ̄ ̄|≧ー ‐--‐ 一≦;;;;;;;;;| {i.  l    ` 、
 ;;;;;;;;;;;;;, -'"     .// ̄|     ハ ̄ ̄{ ̄ ̄`ソ;;;;;;;;;| ;:  l     ` 、
   , -'"       /   //◎_/ 〈   イ 〉 ◎/⌒ヽ;;| ;:   .l      `'ー-、_


153◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:41:48 ID:3dz6eDXk

            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// || ・・・・・・さて、この様な結果、
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′ プロテスタント地域では、カトリック教会が、
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/   認めた聖人の名前の人気が、急激下がった。
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ      プロテスタントは、
..  彡 }_j        \            ヽ      聖人については、ある程度は認めつつも
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉     聖書が基本であるから、それ程重視をしない。
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´
  >x、八          \ `‐=ニソ__」         その為、聖人の名前では無く、
\    `>、          `ー‐ {´          聖書に載っている人物名や信仰を表す名前が、
  \     `  、         √           良く命名される様になった。
   \       `  、     /
     \         ` 、 ィ´


154◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:42:01 ID:3dz6eDXk

         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、       例えば、洗礼者ヨハネに由来する『Johann』「ヨハン」や
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、     使徒ペトロに由来する『Peter』「ペーター」。
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|     また、同じく重視された旧約聖書からは、
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|     イサヤに由来する『Isaak』「イザーク」。
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||   
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|     そして、信仰心を表す名前としては、
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|     『Resolved』「リゾルヴド」等の名前も命名されたのだ。
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |   
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/     また、同時期に起こったルネサンスの影響もあった。
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /       古典の偉人にあやかる名前も名付けられ、
       |       `-― ̄`    __      |レ;       例えば、アウグストゥスに由来する
       |、 'ー============ー-' l      /l        『August』「アウグスト」等が名付けられたのだ。
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_


155◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:42:21 ID:3dz6eDXk

     ____
   /⌒  ⌒\            ・・・・・・ふむ、つまり、宗教改革の影響で聖人由来の名前を
  /( ●)  (●)\           命名する事が、減った。
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \
|     |r┬-|     |         また、当時の庶民は、主に父称やあだ名、居住地名で
/     `ー'´      ∩ノ ⊃     個人を判別していた。
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  / <メモメモ


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }    そして、姓が、後に義務付けられる時は、
     /⌒  ⌒\   |   |     父称やあだ名、居住地名で判別する方法から
   /( ●)  (●)\  !   !    そのまま姓にする事が多かった。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    
  |     |r┬-|       |  /     つまり、聖人由来の名前が少ないという事は、
  \     ` ー'´     //      その分、聖人由来の父称も少ないという事になるお。
  / __        /
  (___)      / <メモメモ    だからドイツでは、聖人由来の姓は、少ないんだおね?


156◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:42:51 ID:3dz6eDXk

                                         __
                                       }i!,`ヽ
                                    ,rzァハi!,   `T7z、_
                                 ,rヘ彡仆i]{i!;   i|   〕ix
                                   r冬´少'^¨`^!  i;i{i     ;  正解だ、素晴らしい。
                                   }ミ7r'"     ⅰ; {i |i; i  ⅰ
                                   灯j〕竓=z_  }i !}!i| |i{! |!! i{   聖人由来の名前が、少なくなった為、
                                   炒竝些≧㍉ j{ノリ{l_jソ!j}||iリi{  創姓時に父称となっていた
                               f¨i{!     `Y〕jY圻こ〉刈i|ソリ  聖人由来の名前が、少なかった。
                              |i|i}!、     以〔 `¨¨¨^~^レ'}
                                乂}、,゙'ー= __j{__ ` -==イソ/   その為、ドイツでは、聖人由来の姓が、
                               〕~`ー==≠= ..,_,rァ' リノ    少ないのだ。
                            __jY´∧  、`¨ここ¨´  ∧、                     r=‐ 、
      , ⌒ヽ                 _,. -=≦/乂/| \          イ}i∧\..,_                     }
     i{              . -=≦㌻^≧㌻// / | \ > __  < 乂{ ∧ Y㌻≧=- .,__          .′  ;
      ,     .      /¨¨´     ノ´/  i}  |   Ⅵ r‐ヘ  / / /i}! ヽ‘,       `¨^㌻ミ 、       .′   _j}
        Ⅵ}    ,     / /        /   ij!  |   Ⅶi|!j|iⅥ   .′ ij!   ;         `! ’       .′ ァ〔ソ{
       Ⅵ{i_  ‘,   .′ ,         /   i{!  i}   リⅥil|!八 ⅰ/  i{!   }!        | ‘,      ぐj|Ⅳ
\     <㌻j>   、  ,  i!       /    ij!   i}-=イ  Ⅶ/ ∧_{   ji}!   八        .::|  ‘,   /     `Y       /
:. \     }    { . .: |!         /     i{!   ‘,   レ=介=v′   / i{!     \       :::|  ‘, /     j    /
    >-==-jx,    ∨ .::::. |!             i}!   ‘,   /!|!|i|!|    / ,i}!      \     .:::|   ∨   zァヤレ'㌻´
     ::  ~`j    ∨::::::.}!    /     i{!     ‘, }i!l|i|j!i|   / / i{!       \  :::::|   /   く!jⅣ/   :.
  .:   .:: :        } ::::::.}!  xく        _j{}!      \}!|l;li|i!lj / / {¨¨゚'ー'⌒ヽ、     \:::_|   ,′    〕!i{^i   ::..
  .:::     :.         ‘,:.. ∧V′ \  Y´/{/′       Ⅵj|i/     \    \ ゚'ー--=イ::厂\/      {j!i|{   ::::::... `::...
..:::::::  .: :::..       ‘,   /     `メ /{/{           v'´   /      \    \     |ソア  :{        `Y\  ::::::::::. ::::


157◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:43:11 ID:3dz6eDXk

                  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
                  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
                 /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|  ・・・・・・さぁ、3つ目だ。
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l
                { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ  ドイツ西部には、
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"  フランス的な姓が、多い事だな。
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ      これは、ドイツというよりも
                  」l 、            /       フランス側の影響が、大きい。
              _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /


158◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:43:33 ID:3dz6eDXk

            ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_      先程、宗教改革について説明したな?
          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
         r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込    16世紀のフランスでも、ジャン・カルヴァンという人物により、
        ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y   影響の広まった、カルヴァン主義を信じる者達、
       /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }   ユグノーというグループが、存在していた。
       } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ
       { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}   しかし、前述した通の様にフランスは、カトリック勢力が、非常に強い。
        Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
        fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr    その為、彼らは、弾圧される事になってしまう。
        { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
       八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
    ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}
 ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八   、___ ‐、j_r‐' ___ノ ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i }
   .>'” ./:i:i:i:/:i会。  `ー-ミー─彡'´ ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l
 >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  `¨¨¨´ .,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |
   :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |
   .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}
   /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi
 /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽ
 i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}


159◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:43:52 ID:3dz6eDXk

        ______
.   / ̄ ̄    / ̄`ー─ヘ ノ7
   /     / /     /    /{
.  /   / /     /   / //,L.   特にヴァシーの虐殺と呼ばれる
  ′ /                 /-  }   ユグノーへの虐殺事件が起こって以降、
 i   /イ.//.i !    /   /  ./  '/ }   彼らユグノーは、フランスに対する
 |   ノ / !.! .|:i.  /_,,/ ///_    '/   対決姿勢を強める事となった。
 |     イ|:|:i:|:l // __ヾ__,/Ⅶノrヘ!
 l  :i| 从|从|/=Y斗t_ッ-ヽ乢rッミト、   その結果、フランスは、
 }  :lト. 〈 |  |   人 ミ 彡 }ー{ミ彡 ノ   ユグノー戦争と言う内乱状態に陥ってしまうのだ。
ノイ|:|:i:|\ 」     __  ー‐ 、 {ー‐〔 _
 从|从川l|   }r‐     (.__  )  , : : ヽ
 /∧乂从!   从 `ー===‐--‐7 .′: : ∧
   ∧:. 人.    ヾr、::::____ ソ{  /  . : : :∧__
.   ∧   > .   こ二ニ  r丶 . : : :i:川:i了
    ∧  乂 心、 ___ ノ  \: : 从|:i:i:ト..., _
  〉  ∧,__ >-≠-<!i:.     丶乢I:i:i:i|:i:7 ト .. __
      ∧  .:i:i:i/ ̄ヽ |:i:i:.      >--<.ノ    .\
 .′    ∧:. _/、   :Ⅳノ:i:i:.           //    'ー─ヘ
        ∧./  \r‐、  ∨   丶   //{............ノ.::::/ ̄
 ___  .∧丶  .:}  \. ∨  、   \ '/____.::::/.:::〃
  ̄ ̄/   ∧ \:::}   ヽ.∨  \           ∨.:::::/


160◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:44:14 ID:3dz6eDXk

         _ --――¬―-、 / |/  /   // /
        /´           / ミ/  / ヲ /-" /    アンリ4世
     /             |.ミ/ ノ フ ./-" /     Henri IV
    /               , ┴'、  彡/,、-''" ̄ フ
   /               /    ヽ∠ニ-ー"",ィ´    当初は、プロテスタント側だったが、
   |             |      ト---‐ '"  |     ギーズ公アンリ、アンリ3世の相次ぐ死去により、
   ヽ、.           l      /        八     王座が、舞い込んで来る事となった。
    ト、   r‐  ̄ ̄ ̄ ヽ、    _ノ_     /  |
     \.  l_ -─―¬ー-ニニ、   `ヽ、-ー   /    しかし、当時の慣習では、
       `ー|  |   |   ハ |   |`ヽ、__,|    ,/     フランス王は、カトリックとされていた為、
          | | |l  !|l |l|i |  | l | l , 、| ! l|__,./      カトリックに改宗、即位し、ブルボン朝を開く。
         Ll_|l_」L|_川」ィT;jー‐Y.k | i| l|
           |iヽLij   ┴ ニ  li,ソ川 l|          その後、プロテスタントの信徒に対し、
           | |lヽ く__,    ./ | 川 ||          カトリック教徒とほぼ同じ権利を与える
           | 川>、  ,、イ  |Ll」-ニ          『ナントの勅令』を発布、ユグノー戦争を終結させる。
       , -‐ TO7 入-rニ-‐¬´ ├) O`7--、
     /   // / / | |    _,.ノ // /   `ヽ、
    /   |  | L二_ノ_二二_/  // ,人 ヽ  、  \
   /    人  ヽ、_____,ン   //|  \    \ ヽ
  /   , イ  ト-   __二二 ,、 '´   |   `ー-、__ `ヽト、
 / ./   |   O-r-、___ -O' ´    入 _       ̄ヽ、|


これは、アンリ4世が、『ナントの勅令』と呼ばれるユグノーを含むプロテスタントの信徒に対し、
カトリック教徒とほぼ同じ権利を与える勅令を出すまで、30年近く続く事になったのだ。


161◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:44:54 ID:3dz6eDXk

            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/ 
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ     しかし、この『ナントの勅令』は、
..  彡 }_j        \            ヽ     ルイ14世の『フォンテーヌブローの勅令』により、
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉    廃止され、再び、フランスは、カトリックの国家へと戻ってしまう。
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´
  >x、八          \ `‐=ニソ__」
\    `>、          `ー‐ {´        その結果、彼らへの差別が、復活してしまう事となった。
  \     `  、         √
   \       `  、     /
     \         ` 、 ィ´


162◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:45:10 ID:3dz6eDXk

         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、      これを嫌ったユグノー等のプロテスタントの信徒の殆どは、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、     国外へ逃れる事となった。
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、   その際、ドイツ西部は、フランスと近く、陸続きである事も有り、
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|   脱出してきた多数のフランス人が、移住する事となった。
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||   その結果、フランス的な名前や
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|   フランスから来た事を指すあだ名が、
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|   そのまま19世紀の創姓時に、姓となったのだ。
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/    例えば、(フランス人)や(フランス出身)に由来する
       \__//'  ' \___/      i/ |     『Francis』「フランシス」や『Franz』「フランツ」。
       |     \  _              | /
       |       `-― ̄`    __      |レ;      (泉)に由来するフランス語の
       |、 'ー============ー-' l      /l      『Fontaine』「フォンテイン」等が、有名だな。
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_


163◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:45:25 ID:3dz6eDXk

     ____
   /      \      ふむ、つまり、フランスで起こったそれらの出来事により、
  /  ─    ─\     地理的に近かったドイツ西部にフランス人が、移住し、
/    (●)  (●) \   それが、フランス的な姓の元になったという訳だおね。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ



             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒              ああ、そうだろ。
.         |    ( ●) (●)
          |     (___人__)             ちなみに、このユグノーというグループは、
          .|        ノ              これまで商売について否定的な立場だったカトリックとは違い、
           j        |              勤勉に働く様にと説いていた為、
         ..ノヽ、    , ノ       _       特に商工業者に広く支持されていただろ。
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _     その為、『フォンテーヌブローの勅令』によって
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、   彼らが逃亡した事は、フランスの衰退を招く事になったんだろ。
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ   その為、財政の悪化を招く事にもなり、
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ   フランス革命の遠因にもなったとも言われているだろ。
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


164◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:46:08 ID:3dz6eDXk

                  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
                  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
                 /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|   ・・・・・・さて、姓については、大体話したな。
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l
                { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ    それじゃあ、次からは、ドイツの名前について
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"    話していこうか・・・・・・。
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ
                  」l 、            /
              _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /


165◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 21:46:47 ID:3dz6eDXk

これにて本日の投下は、終了とさせて頂きます。

見て下さった方々に感謝を。

明日の22時頃から

『第2章 世界の姓  - ドイツ・ベネルクス編 Ⅳ -』

の投下を予定しております。

それでは、お暇な時に覗いて下されば幸いです。


166小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/24(月) 21:49:41 ID:xtiCIZrw
乙乙ー

弾圧から逃れてきたユグノー由来のドイツ人だとアドルフ・ガーランドとかハンス・ヨアヒム・マルセイユ辺りが有名ですな。
しっかし普通にイメージできる王様ってのがフランス由来ってことに驚いた。


168小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/24(月) 21:50:51 ID:HGT1y/pI

vonで思いついたのはアイリスフィール・フォン・アインツベルンだった
あと最近読んだ本によると、絶対王政もそれほど絶対的な権力を持ってなかったとか


169◆S.DnKL8wio2014/11/24(月) 22:12:45 ID:3dz6eDXk

>>166

有名なアメリカの化学会社であるデュポンも
フランスから逃れたユグノーが、創業者ですね。

なので、デュポンのロゴは、『Du Pont』とDuとPontの間が、
離されて書かれています。



>>168

彼女もドイツ出身という設定でしたね。

う~ん、アインツベルンという地名があったのでしょうか。

それともゲーテの様に後々に貴族に叙されて
『von』を名乗る様になったのでしょうか。

古い家門っぽいので前者っぽいですが、
まぁ、フィクションですから、ちょっと曖昧ですね。


176小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/27(木) 11:29:09 ID:VRe.62Zo
乙です、創作の名前は著名人録見て語感で選ぶ(銀英はそのせいでアフリカ由来が多い)ので
史実的に見るとぐちゃぐちゃしてたり同じ名前使われたりしますよね
アニメ的人名の歴史はまた別の歴史として考えるべきかもしれませんね


177小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/27(木) 11:50:20 ID:.RmR4agA
やる夫で学ぶアフリカだっけ?
あれで銀英伝と同じ名前の人がやたら多くてびっくりしたなw


181小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/27(木) 19:06:27 ID:zOIPNptA
銀英伝はドイツの人が見たら、ありふれてて平凡な古臭い名前ばっかりだから何とも言えない印象を受けたそうな。
日本で言うなら山田太郎とか佐藤次郎とかがズラズラ並んでる感じで。


182小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/27(木) 19:34:29 ID:VvVG4j12
忍殺で日本人的にツッコミに困る名前がぞろぞろ出てくるようなものかw


183小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/27(木) 19:44:59 ID:PFvMcG4I
>>181
それは別にいいんじゃない、銀英伝の読者はあくまで日本人で、その日本人がどう感じるかが問題なんだから
大ヒットして世界中で翻訳出版されたのはあくまでおまけ

……欧米の小説に出てくる日本人ないし日系人の名前も、日本人からしたらかーなーりアレなのばっかりだったしな


184小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/27(木) 19:55:28 ID:.RmR4agA
日系人にはやたらとKenが多いという偏見があるw


185小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/27(木) 20:16:47 ID:0IYQ60es
ティファニーで朝食を、では「ユニオシ」って名前の日系人が出てたな
「クニヨシ」のもじりらしいけど


194◆S.DnKL8wio2014/11/28(金) 22:38:18 ID:i9lpz2k.

>>176 >>177

南アフリカは、歴史的な経緯から
アフリカ系、オランダ系(ドイツ系)、イギリス系とあるので
かなりごちゃ混ぜですね。

現在は、混血もあるのでさらに混沌とした状況に・・・・・・。



>>181

今回の本文中でも言っていますが、
ドイツでは、民族主義的な印象のある名前は、
古臭い印象を持たれ、現在は、敬遠されています。

これの流れは、ドイツやフランス、
イタリアだけでなく、世界的な流行となっています。



>>182 >>183 >>184 >>185

確かに名前に対する偏見や冷やかしは、
どの国にも存在しますね。


フランス編でも言った「国民の祝日」もその一例でしょう。


186小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/27(木) 21:16:15 ID:.0A30p/M
銀英の人名は日本で言うと、綾小路熊吉みたいのがいるって言われたときは吹いたなあ


189小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/27(木) 22:23:00 ID:VRe.62Zo
東欧は話題にしにくいけど何かエピソードでないかな
ハンガリーのフニャディが変な語感で面白い、使うことはないだろうけど


190小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/28(金) 00:21:59 ID:8UeaS/rw
>>186
ヤマダスズキさんレベルじゃなかっただけましだと思いたい。

欧米だとほんとに名前と同じ苗字があるけど、あれは父称姓が
Mc- とか -son とか付かずに定着しちゃったものなんだろうか?


191小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/28(金) 01:29:40 ID:f9a3FwZM
アレンとかポールとかジェイムズとかラッセルとかアンソニーとか
姓名どっちでも聞くな


195◆S.DnKL8wio2014/11/28(金) 22:38:42 ID:i9lpz2k.

>>186

土地名や『-brug』「~ブルク」(山城、城)を冠した姓は、
元々、その土地を持っていたり、城に居住していた
自由農民や領主、貴族が、姓の無い時代に
個人を判別する方法としてそれらの土地や城名を添えた名残だとされています。

その為、それらの姓は、何処となく貴族的なイメージが、
持たれているそうです。



>>189

もちろん、東欧も題材としますよ。

出来れば、何故東欧の語感は、
独特なのかを触れたいと思います。



>>190 >>191

もちろんそう言ったものもあるでしょうね。
特に自身の個人名とは別に洗礼名を持っていた人物等は、
「洗礼名+個人名」や「個人名+洗礼名」の様な感じで
創姓を行ったのではという考えが存在しています。

ただ、定説ではない為、異説が、多数存在します。


関連記事
やるやらと学ぶ人名講座 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。