--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/12/26

やるやらと学ぶ人名講座 第2章 世界の姓  - ロシア編 Ⅱ -

123◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:21:34 ID:IdYgmU8M

第2章 世界の姓  - ロシア編 Ⅱ -


124◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:23:02 ID:IdYgmU8M

            |                                   ,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            |__       ____________           ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              /  ./|      |~l~i~~~i~~~~~|~i~~~~~~l~~i~~'|         ||\  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;
             | ̄ ̄|  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||  \
             |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |\
     ____    |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |  \
   . / /|/| |_  |゚ |        .|  |   |    | |   |  | |  |         ||.0   |    \
 / ./|||| |  |∠/| |  |        .| ノ.       |  !  | ノ .|  |          ||    |    |
 | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,,,人,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,|______||    |    |
 |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                 ___________ \   |    |
 |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※,,,ヽ   \  \|.   0|
 |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                 / ※※※※※※※※※\   \  \   .|
 |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
 |_|/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                l⌒l⌒l i⊂⊃i   |\ \
/            /           /_,|                ⌒'⌒ l______,l   |  | ̄|>
             | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                              |\|_|
             |_|            |_|                            |  |


125◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:23:27 ID:IdYgmU8M

             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)             ・・・・・・ふぅ、解説も一段落したし、
          |     (___人__)             お茶を淹れ様と思うんだが、
          .|        ノ              何か注文はあるかい?
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


126◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:23:45 ID:IdYgmU8M

          /                   \
        /               ヘ   \     ヽ
          /           /{     i    ヽ    ヽ
       〃     /    / / ハ   i !       ',     ',
      j/    /    / /{ ′'  i }   i  }     i
      /   ,′ '    / / ii  ',  八   i  亅    i
.     /   l   !    /   ii   './ ハ __| i /ハ     !
     {ハ    ! _j. { r 7""  i  /ヽ 「  | iフヽ |    ハ、     ・・・・・・あっ、じゃあ、
    / {     ´ { ハ|_,厶ニ        ニ=从L.、 |   } リ `     紅茶をお願いします。
      '、   { 从レ'"f'´:::::j}`        ´{レ:::`}ヾ>|  j八/
        八  l ヘ, ` 弋:::(_ノ       ‘.::(_ノ ″j/   .
.      /  \l\\  `゛´            ,′    ',
     //     ヘ  '""     '    '"" /     ,ハ
     {ハ  {    人              人   / ∧ }
     { ヽ八   |  丶、    ´    ,. イ  }  /j/  ノ
         \  ト、\  |`  . __,. ィ | ノレ j/__
       「`⌒)ーヘ|_厂冂      |勹__,ノ⌒:く::.:」、
       j/ )::.::.::ヽ::.::.ヘく       〉::}::.::.::.::.::. i└ァヽ



                -─-
                  /      ‘,
             ,⌒   ⌒  |
                (●) (● )  .|       ん、分かった・・・・・・。
               (__人__)    |
              l        .|
                  ヽ      イ
               r个ー个='┐
              /{ニ`ニ´ニ /`7=-
          -=7: :/ニニニニニ/: :/: : : : : : :ニ=-_、
       /{: : : : :{: :{ニニニニ /: : { : : : : : : : : /: }
   ∩   〈: }:「 ̄})}: ,ニ「 ̄})=/: : (\: : : : ://\: {
  fニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ) `ヽ: {': : : : :ヾ
  く_うっ┐三三三三三三三と二´-   \}_: : : : : : :.
   ゝ∠ノ : |: :i: :|: : |ニニ ニニ|:ゝ-=ァ=‐- 、 /./\: : : : : :.
  |: : : : ::|、:|: :| :|ニニニ =|: : : /: : : : : У/: : : :\: : : : :.


127◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:24:01 ID:IdYgmU8M

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)
          .| U   (___人__)           ・・・・・・って、しまった。
           |     ` ⌒´ノ
           |        |_,-‐、_ -、      御茶請けが切れてら・・・・・・。
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',



                _,, - ―‐ - _
               ,, ´ ̄       ̄`ヽ、
            〃              ヽ
         /          ri  | i{      ヘ
           /   /    i |{  八  i    ‘,
          , ′  .′ i /| ,ハ/∧ ヽ:!     :.
       /    i 厶斗-j/ j乂 ヽ‐ !Ⅵ    !|    あっ、なら別に・・・・・・。
.      / i     j/}/ ! { /   ヽ }ノ' ト、   |八
        | ト、  |' y'斧ミx     ィ斧ミx  :. i| i ヽ
        V ∧ :|:. ゛弋う       弋:う j「 i:{ i| |
        / :Ⅵ :.             /i: 八 、
       ,:    ト、:.       ′       ,ノ}/ i{  .
         iハ!|:  |: :.ヽ     ( )    イ /  八 }
.         八  、ト、iハ>       イノ}ハ/i /  )ノ
            ヽ{ ヽ    ri `¨¨´ ト、/   j/
                  ノ `YY´  i
            ,, ´   | |   丶、
         ,, ´ {{    / \___> 、
.        rf´    ヾ /V⌒Y´∨/7  ` ー 、
.        | !       `´   }=={   ∨′    : i


128◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:24:17 ID:IdYgmU8M

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)       いや、良いよ。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ     近くに買える所があるから買ってくる。
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ



                    / ̄ ̄ \
                 ⌒´ ヽ、,_  \
                 (●).(● )    |   ・・・・・・そういう事だ。
                (__人___)     .|
                      '、           |   俺は、今から御茶請けを買いに行って来るが、
.                 |        |   お前は、紅茶を淹れといてくれ。
                  ,. -ーー|       /レ、
            /:::::::::::::::: ヽ__、____,. "/::::)- 、_
             l:::::::r/::::::::::::::「二二二 :::::::/::::::::ノ::::::\
         ,―――――へ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
         〝――r――ー `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
           |::::ノ} ―‐-   V::::::::::::::::::::::::::::::,′::::::::::::::::j
           |:::ト-ゝ―‐    V:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::/
           |::::l:::::{ _ー     lヽ、_::::::::::::/:::::::::::::::::::::l
           /::::::l:::::::::::`ヽ、__/ / ::::::\/:::/::::::::::::::v
           /::::::::l::::::::::::::::::::`,ー::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::/


129◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:24:34 ID:IdYgmU8M

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \       おっおっお!!
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\       任されたお。
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/       どうせなら
    | | | |  __ヽ、    /         ゆっくり買ってくると良いお!!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



                / ̄ ̄ \,-、_
             _,ノ ヽ、__ /  / ,〉、
            (●)(ー-/ ´/ /),
.              (__人_,{  / ' ´ミ、        お前なぁ・・・・・・。
             '、`⌒ ´V __ <、
              |    〈´/::::::Λ        俺が、最初に言った言葉を
              |      ヤ::::::::::::::Λ       覚えているのか?
             `ュ`ー─ーV::::::::::::::Λ
             /ム _ , ー ' V::::::::::::::Λ、
           _,. -/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::Vヘ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::.∨}
       j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::レ;
      i :::r ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::::ノ
.      i :::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::-==:::イ
.       | :::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


130◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:24:47 ID:IdYgmU8M

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \     心配せずとも覚えているお!!
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ



                       /) ̄ ̄\
                     /∠___ ヽ、,_ \
                    / / ,-イ)(= )!!! |    ・・・・・・はぁ、心配だろ。
                    l / /(__人___)   |
                    l   ', `⌒ ´  u |
                    ',    ',      |
                     j    ノ      /|_
                   _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
               ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
             /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
            | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l


131◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:25:04 ID:IdYgmU8M

                        ∩_
                        〈〈〈 ヽ
                ____   〈⊃  }
               /⌒  ⌒\   |   |
 <ガチャリ        /( ●)  (●)\  !   !    ・・・・・・さて、それじゃあ
            / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     お茶を淹れてくるお。
            |     |r┬-|       |  /
            \     ` ー'´     //      「アレクサーンドラ」ちゃんは、ここで待ってくれお!!
            / __        /
            (___)      /



                _ __
           ,,  ´        `
        /                   `ヽ、
       ,     i   |   、   i       ヽ
.      /     i |  ハ  |- ‐ - j{     ヽ ‘,
       ′  / !| |∨ | ヽト {\{ハ{       i  ‘,     ・・・・・・あっ、
     i     レ'八{/ヽ{   ィ斧ミx、      !|   ‘,     私も手伝いましょうか?
     |{    | yf斧  \ 弋うソ 〃i     八
.     八   |《弋リ      ,,,,,,,,,   |   イ     i
.      ヽ. |: ,,,, ′          厶イz八      |
.         Ⅵ   っ             j)/      八
          /                   __/     / ‘,
        ′   ヽ            イノ    /   ′  i|
       i       \ _ ,.....::   | j{ , /   /   八
       |{ i | } 、 !  |_ ,, ´ !ハ/j/ )/j/jノ
.       八ト、{ハ{ \ト、 |      ∨ / ´ / ´
          ヽ \ ` ノ         `   __
            ,, ´j           /  `  、
            . イ  /\_,x≦三/     / ヽ
          /  | /}_:_:/ `寸三歹     ,     ‘,
.         i  ´ /::::i    `¨´     /     ‘,


132◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:25:18 ID:IdYgmU8M

               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\       えっ?
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |      良いのかお?
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ



             .  ´   ´ ̄ `  . `ヽ、
         /             \  ヽ
         /          、          ヽ
.         /         ‘.    、    \‘,       ええ、自分だけ
        /        i |   !| !   j{  i    ヽ       何もしないのも心苦しいですし。
.     .′       i !| ト、 ヽリ _ト、_ハ !   ト ゝ
              |八{ ∨´ヽ{ }/  Ⅵ   :!|  ‘,    それに家じゃ、
      i      ヽ,斗‐ ヽ/ \ 〃斧ミx. |   八        自分で淹れたりしてましたから。
      |{ i   i イⅥxュ、′   弋うソ ,   /       i
.      八ト、  | | 《 Vじj          厶イ        |{
         \ト、{ ヽ゛ゞ゚' ,         八     八
          i ヽ ハ       ,      イ  `  /  /
          |   ヽ  `     / |_  |i / )ノ
          |{     ≧ ‐  r ´ ,, ´ レ'}/
.          八ト、  iハ ト、ハトr<   { ′
              ` \{  }ノ_,ノ !i     ノ `  _
               , rf ´   ノ{           / \
             ′:|i|  .イ`:く{ _____/   ハ
            i   {iレ' 廴:/ ∨///,/     /  i
.              У   /::::/   `寸/      /   i|


133◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:25:36 ID:IdYgmU8M

         / ̄ ̄ ̄\
       /  _ノ   ヽ_ \
      /   (>)  (<) \     いやー、助かるお。
      |  ::::::⌒(__人__)⌒:::::l
      \    |r┬-/   /     ・・・・・・あ、じゃあ、
.      /⌒/^ヽ、`ー'´ ,ィヽ、      本場のロシアンティのやり方を教えてほしいお!!
      /  ,ゞ ,ノ      ,  \
     l /  /       ト   >    色々、聞いてたりしていたけど、
       ヾ_,/          |/ /    どうも上手くいかないんだお。
       |          |/



            ,.-‐    ‐=ミ
          ,,   , -‐      ‐`ヽ、
           〃   /        i    ヽ
.        /   〃     /   | i |     ‘,
         ′   ′     /  / | |ノ  i:   :.
        .  / /   i  厶-‐/ ハハ i、-|::   }i
       , / イ  .:| /j/}/ / ∧ヽト、!::  八
       ,〃´.: |:..   |' yfチ斧    斧Y|::i /i{    ふふっ・・・・・・分かりました。
       /  .:::::/|:i:   | ゛弋::リ     ヒリ' |ノ' j八
      , i: :::/{从ト、:.{        ,   ,i i/      それじゃあ、淹れましょうか。
     { ,ハ:.   ヽ __`       ,  八|
     レ   ヽト、  ヽ |: 丶   `  / }| |
             \ {ヾー- ≧=‐- く{/'j八{
            ソ    | i ト、
          , イ      | i | ヽ、
       r<  `ヽ、    jY^ヽ__.イ`ヽ
       |  `ヽ、   \  / ヽ={ `寸.: i
       |     :.     ∨  V∧  :i |


134◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:25:54 ID:IdYgmU8M

                 _ _
              , r '  _ 、` 、
            / , r '     \\
          ./ /           ヘヘ
          / /           >`、
         ./ /       ,、  , r'ー>-`--、
         | |      .<  >.' /      ヽ
         ヘ.ヘ       / /          ヽ
         \\    / /             ヽ
           \ ゝ-、< /             , - 、
             ̄ヘヘ'             ./  .|
              `i            /   ./
           ____ .ヘ          /   /
          /_  `''''ゝ       ./   /
          '  `ヽ、   ゝ     /   /
               ` ー- '\_  /  /
                    `ー '

それでは、まず薬缶に水を入れて、火にかけ沸騰させます。

この沸騰は、温度が、95度の時・・・・・・
薬缶の底から5円玉程の気泡が、
出ている状態が、良いとされています。



       { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.゙}//ヽヽ
       ',           ...;;// /ノ
        ヽ         .::;;彡∠/
   ,,,--ー''~ ゝ、,,,,___..:;;/~''ー--,,,,
  ("゙   <二〈,,,,_____,,,,〉二>   `)
  `゙ - ,,、               ,,,, -"´
         ̄ ̄''''''''''''''''''''''''''' ̄

そして、その間に紅茶を淹れる前のポットとカップに
お湯を注ぎ、全体を温めておきます。

この時、使用するカップやポッドは、
お茶の色合いを損なう為、金属製の物は、避けます。


135◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:26:09 ID:IdYgmU8M

             .   ´  ̄ ̄   =ミ
          ,,´           `ヽ、
.         ,                  ヽ
      /        / /  }       ‘,
.      ,         ′ / ∧ ,′
     / /     / | /|i | ∨    i
    ノイ  i   ハ 斗/-|{ | /ヽト、_   | i   | i
     |{   |  ′Ⅵ′八{    \ヽメ、   | ト、     ちなみに、本来ならロシアンティ―は、
.     八  | | y'fチ斧  ヽ   x=ュ、 |    |{,ノ \   サモワールというロシア独特の
     / \ト、{ 《弋うノ      "{じ::ハ》|{i  八      お湯を沸かす器具を使うべきなのですが、
.      ′  ` ハ            ゞ '  八 , '  ‘,     日本の普通の家には、
.    i{   ! `         '        厶イ     i      置いていないので薬缶で代用します。
    八   |   ヽ      _     イ  |     i|
        \{ヽト、  i>      イ }/i ,  i{ 八
        ヽ  )ノ /\≧≦i){ノ}/ }ノ}/ )′
            /  | | |  |   /)
      __,,  fi´    ノ | |  ` //   _   /)
     /    ||  /イ:T:rへ / `こ7 _ 厶}//
.     ′    ヾ/   f⌒Y/    ヽ{ ,へ ヽ∨
     i          !::/     /ソくノ)  , ′
     |     /7≧x.、  /\   .イ7く /r‐'  /
     | {: /三三ニ/   `くミ三三{ ′ /
     |  Vニニニ/ \     〉三三}___{_



      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \    まぁ、普通の日本の家じゃ、
 |  l^l^ln ⌒ ´        |    そんな器具は、置いていないお。
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /


136◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:26:28 ID:IdYgmU8M

     _-==ニニ二二二ニニ==-_
     丨__  ̄ ̄. ̄.::::::. ̄:. ̄ ̄´::」
.      `こ三三三三三三三三ラ´
     ノノ   .........................    ヽ
.     //, .:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:゛:.、',
     i i.:.:.`.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-‐.:.:..:.:.:.:.:.:´..: i
     i i |` ‐- :.:._.:.:.:.:.:_:.: -‐ ´| i
     l.i::|                | |
     |.i::|                | l
     |.i::|                | |
     |.i::|                | |
     |.i::|                | |
    .',',`.:.:‐-  _    _  -‐.:´. i
    .ヽヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.: /
        `tー- .:._____ .::-一ァ''´
       `¨  …―…  ¨”´

さて、お湯を沸かせている間に
紅茶と一緒に出す付け合せを作りましょう。

材料は、お好みのジャム適量にウォッカ適量です。

ロシア気分を味わいたい方は、ロシアの家庭では、
ブルーベリーやラズベリー等からジャムを作るので
それを使ってみるのも良いかもしれません。



     _-==ニニ二二二ニニ==-_
     丨__  ̄ ̄. ̄.::::::. ̄:. ̄ ̄´::」
.      `こ三三三三三三三三ラ´      .     l ̄:l
     ノノ   .........................    ヽ           ヤニニア
.     //, .:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:゛:.、',          |l--l|
     i i.:.:.`.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-‐.:.:..:.:.:.:.:.:´..: i         ,.-´ `-、
     i i |` ‐- :.:._.:.:.:.:.:_:.: -‐ ´| i        _ノー‐_.八_
     l.i::|                | |      γ´  <__ノ`ヽ
     |.i::|                | l       |l ______ l|
     |.i::|                | |       |l |       | l|
     |.i::|                | |       |l |       | l|
     |.i::|                | |       |l |       | l|
    .',',`.:.:‐-  _    _  -‐.:´. i       |l |       | l|
    .ヽヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.: /       |l   ̄ ̄ ̄ ̄  l|
        `tー- .:._____ .::-一ァ''´       |l______l|
       `¨  …―…  ¨”´         `――――――´

そのお好みのジャムにウォッカを適量加えて混ぜて下さい。

余り、ウォッカを入れ過ぎると
ジャムの風味を消してしまうので注意して下さい。

なお、この付け合せですが、
ジャムが無い場合は、蜂蜜、砂糖でも代用可能です。


137◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:26:42 ID:IdYgmU8M

                 _ _
              , r '  _ 、` 、
            / , r '     \\
          ./ /           ヘヘ
          / /           >`、
         ./ /       ,、  , r'ー>-`--、
         | |      .<  >.' /      ヽ
         ヘ.ヘ       / /          ヽ
         \\    / /             ヽ
           \ ゝ-、< /             , - 、
             ̄ヘヘ'             ./  .|
              `i            /   ./
           ____ .ヘ          /   /
          /_  `''''ゝ       ./   /
          '  `ヽ、   ゝ     /   /
               ` ー- '\_  /  /
                    `ー '
  .i`Y´  ̄ ̄ヽ
  、!      :l
   ゝ     ノ
    ` ̄ ̄´

さて、お湯が沸き、ポットとカップが温まったら、
小さめのポットに茶葉を入れ、そのポッドにお湯を注いで下さい。

その際、勢いよく注ぎ入れる事で
紅茶の風合いが増すとされています。

なお、この時の茶葉の入れる量は、
茶葉の細かさや種類によって変わる為、お好みの量を見つけて下さい。

基本的にですが、粗い茶葉は、ティースプーン大盛にし、
細かい茶葉は、ティースプーン中盛とするのが、良いとされていま・・・・・・


138◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:26:55 ID:IdYgmU8M

              _    ̄   、
            ⌒´         \\
         /    |   \         \_
        ,'   /'   |    j|  \      〈⌒      ・・・・・・熱っ!?
       ノ  /    |\ 斗――ヽ
     ⌒7 / |  / |jl   ハ| ,x==ミi       人
       ,    | /从  / 〃v う |   ハ/ ヽ ヽ
       i |  | ' | x=ミ     `¨ / /     ハ i
       |人 八 |《 vソ   ,  :.:.:.⌒7 '      '  リ
         \ i ハ :.:.       /イ    / /
         / \ ,圦    (::)  /i    イ /
         {人  从个     ,, __ /_,|  /从'
           ∨  \{   r爪 ̄ ̄ヽ/>   ̄ ̄ヽ
           / ̄ ̄| ̄  r=--  /   /
           ハ    ,  /-\ ≠ /
 <ピシャッ     ,  ノ // |=/  ゞイ    ∨



         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)    だ、大丈夫かお!?
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


139◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:27:09 ID:IdYgmU8M

              /                i        ヽ
          /        /   j{    i|    ヽ     ‘,
         , ′   /   ,.イ  ,ハ   }|     ‘,   ‘,
        /    /   / !  /  ‘  八     、  ‘.    ヽ
       / /   / / ,′ | .′   ∨ iヽ.   !  i     ‘.\
.      /ィ      ′/  |  |{ |     / \{  ヽ |  j{     i
       ′|      | /厶斗七八{   /    \` }ノー-ハ      i|
         |{ !   j// ,≫斧ミx         xf斧ミx./ ‘    }|   あ、はい、何とか・・・・・・。
.         八 ト、  i   〃{じ::j:::}           {じ:::j::}㍉ ハ  .イ 八
        /  \ ヽ{ハ   とうO-'         ゚ ー とう /r|: / }/  ‘,
.       /       ヽ{.:.  ,,,,,,,,,,         ,,,,,,,,,,   , ソ }/ ′   i
.     ′         ヘ         ′        ,_ノ       }|
     i{   i       ∧                  /          八
.     八  ト、  i     i ヽ      ´   `      .イ  イ   .イ , '
       ヽ{ \{ 、   ! 、`           イ }// / j/
          `  ヽ \ ト ゝ)ノ _|≧=‐-‐=≦ |: }/  {/
                 )ノ     |` 、   ,, ´ }
                   ノ   TT    、
                /     | |     \


140◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:27:35 ID:IdYgmU8M

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○).  (○)\  /   /        ふう、それなら良かったお。
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    | u    .` ⌒´     /  /  /  /
    \            /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙'



         ____
       /     \
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \    ・・・・・・やっぱ危ないから
    |    , (__人__)    |    ここからは、やる夫がするお。
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ   「アレクサーンドラ」ちゃんは、
    /rー、           |   適宜、指示をしてくれると助かるお。
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|


141◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:27:47 ID:IdYgmU8M

       /      |        |           |   i          ‘,
     ′       :|       ハ   i      |   |           ‘,
          |     ∧     /  }   ト、-‐… |‐- |     : .     ト、
     |: :  |    厶-ー  /   ハ   | \   |\ | `  : : .    !⌒\
     | : : ∧ /′  ゚。  ′ /   \{    \{   }ハ   : : :}l :  |
: .    |: : {/  |    \{      \ァ竓竿ミメ、 ;  : : 八:  |{
: :    |: : :|  Ⅵ ,斗=ミ             んィ ハ Y |  .: :∧  八
: : .、 八.:.:.|   xfんィハ             { V⌒'リ } | . :/  }/     ・・・・・・はい、有難う御座います。
: : : \   ヽ{ 〃 {  V⌒             乂:....:ン  ,   , }  \
: : : :  \ ゚。{{  V:........:リ               厶イノ     ヽ    それじゃあ・・・・・・。
: : : : .   \{゙  ー-‐ '             iハハ/   :        ゚。
: : : :     ト、   ハVハ/i       '            : .    |
: :l|:     |,ハ                ,       人: .     ト、
.:八      |ー-ヘ           ー-           / : : : .   } \  }
′ ゚。    |\ 个: .                    . : :/ } : : : /  /    }ノ
    \  |  Ⅵ\ >             . イ: : / ノイ : /}/
     \{   リ  }ハ {\≧=‐-  ‐</^ V   }/
      \   /  } ノ   ー-=ミ__ ィ     :ト、
                /        | | |        ー-  .,,__
 __,.  -‐…     ´        | | |


142◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:28:22 ID:IdYgmU8M

                                         _
                                 ,.  -―――/ ヘ―――- .,,_
                          ,.  -      .l` ー-------------一 ´l   __
                         ゝ 、   `ヽ  !                    i/´  -- 、\
                              ヽ   ` '!                      /    .i ',
                            i                         ∨      ./ /
                            i      :                 ハ   ./ /
                                 i   ./                 ハ_ / ./
                                i /                      ヘ  /
                --------      /                       ∨
         ..:  ´             `   :..                          i
       〃       .................................        ヘ                         i
        ::.   .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...  ノイ                       i
         ∨≧ ., ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,. ≦./:                         /
     _   : ` ー- 二ニニニニニ二 -一 ´. . /                    /
   / r---、`ヽ      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       / `ヽ .,_            _,.  <
    i  i' ´  ヽ )                       /     \    ー---一
   入 :.     `.                   /         ヘ
  i.  \ `  ー---、                  , '           :
  ハ   `  ー---、ヽ             , '          /
   \     ハ  `ヘ.,_          _,./  /       ./
  . . \     \      ̄ ̄ ̄    /       /

蒸らす時間は、粗い茶葉は3分から4分程、
細かい茶葉は2分30秒から3分程が、目安とされています。

その間、蒸らしているポットが、冷えない様にティーマット等を使いましょう。


144◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:28:41 ID:IdYgmU8M

                         _ _
                      , r '  _ 、` 、
                    / , r '     \\
                  ./ /           ヘヘ
                  / /           >`、
                 ./ /       ,、  , r'ー>-`--、
                 | |      .<  >.' /      ヽ
                 ヘ.ヘ       / /          ヽ
                 \\    / /             ヽ
                   \ ゝ-、< /             , - 、
                     ̄ヘヘ'             ./  .|
                      `i            /   ./
                   ____ .ヘ          /   /
                  /_  `''''ゝ       ./   /
                  '  `ヽ、   ゝ     /   /
                       ` ー- '\_  /  /
                            `ー '
       { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.゙}//ヽヽ
       ',           ...;;// /ノ
        ヽ         .::;;彡∠/
   ,,,--ー''~ ゝ、,,,,___..:;;/~''ー--,,,,
  ("゙   <二〈,,,,_____,,,,〉二>   `)
  `゙ - ,,、               ,,,, -"´
         ̄ ̄''''''''''''''''''''''''''' ̄

その後、蒸らし終わったらポッドからカップに注ぎましょう。

小さなポッドに対して、比較的に多めの茶葉を入れる為、
かなり濃いの紅茶が出ますが、それをカップに注ぎ、
薬缶に入れてあるお湯を注ぎ、お好みの濃さに調整して下さい。



               { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.゙}//ヽヽ
  _            ',           ...;;// /ノ
 i(⌒`=、           ヽ         .::;;彡∠/
 《__ー' ,リ      ,,,--ー''~ ゝ、,,,,___..:;;/~''ー--,,,,
  ¨`ヾ!ゝ,    ("゙   <二〈,,,,_____,,,,〉二>   `)       _________
     `<)\  `゙ - ,,、               ,,,, -"´    ,, -'''"               :゛`'丶.、.......
       \), 、      ̄ ̄''''''''''''''''''''''''''' ̄       .  '´                    ::::::::::...`.::::::::....
        \), 、                       .i       (         )   .::::::::::  !::::::::::::...
          \\                       ヽ、                      ,: '.:::::::::
           \\                       `=ー--、....,,,,,______,,,,,... --‐=''´..::::::
             \ ゝ _                       ``" '' 'ー───‐―‐' ''' "´
              ) ⌒> 、
              ! {   ヽヽ
              Vム、   )}
               `<>-<ノ
                   ̄

そして付け合せを小さな器に移し、
紅茶と共に出せば、これで、ロシアンティ―の完成です!!


145◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:29:11 ID:IdYgmU8M

           ,,- ―― -=ミ
          /´ ̄      =ミ`ヽ、
       , '             `ヽ ヽ
.      /           、     ‘,‘,     後は、ジャムをスプーンで舐めながらお茶を楽しみましょう。
.      , ′   ,′ .′|  |       :. .
     /     |   /i j{  |  i  、   :.      まず、スプーンで掬ったジャムを舐めて甘みを味わい、
    ノイ   !:}|斗- | ハ _ハ__:|   }   ヽi     次に紅茶で口を潤すという風に飲むのが、一般的ですね。
     |{ i  |八 {/ /  乂{ Ⅵ`ヽ|  :′ トゝ
.     八{  | x=ュ     `___ jノ| /   |{    付け合せと混ぜたウォッカと温かい紅茶で
     / \{ ,,,,,,       '⌒ヽ ノイ / :八    寒い冬でも体を温める事が出来ます。
      .′   :     `  ''''''   f;| /j/   .
    i{    ヘ    Vフ     /ノj/   i  !}   この紅茶をサモワールで淹れ、
.    八ト、_,.xェ≧====zxく_ /i   /} 八   付け合せを舐めながら談笑する形式こそ
      fニ三三三三三三三三三三三}/´jノ     ロシアンティ―だとも言えますね。
      |ニ三三三三三三三三三三三| 、



       ___
     /     \
    / ⌒   ⌒ \
  /  (ー ) (● ) \         ・・・・・・うん、これは美味しいお!!
  |  ⌒ (__人__) ⌒  |
   \ γrj¨ ̄ ̄¨i  / ズズー
   / j '⌒t_r=、_ノ  \
  | /  /´ `¨´     |


143小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/19(金) 21:28:23 ID:D8KPcNr.
ロシアンティーって聞いたことあるな
プーチンも紅茶のみか


146◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:31:50 ID:IdYgmU8M

>>143

 このレスでも言っていますが、
 ロシアンティーは、結構国によって定義が違うので
 ここでは、ロシアで良く飲まれている飲み方を
 ロシアンティーとしています。



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       それにしてもロシアンティ―って
     / .イ '(●)  .(●)\     紅茶にジャムを淹れる物だとばかり思っていたお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /



                .   ´ ̄ ̄ ̄`  、
          /    ,  '⌒     ´ ̄`丶       そう思われている方は、多い様ですね。
                /            ヽ
          /     ,                     でもそれは、日本独自の考え方だとされています。
       ′  /            /   !       ‘,
            . ′       ′  / | i | i   i      例えば、イギリスでロシアンティーと言った場合、
      ,   ノイ     厶 ‐ / 八{ ト、{‐- |   ‘,  レモンティーを指します。
        ′   |    i´/ | / j/  乂 ヽ |   i .
      /  / }|     Ⅳ  Ⅳ /      Ⅵ  !ト ゝ これは、19世紀末のイギリスの女王である
.     /  / j八    |  x≠ミ    x=ミ i   八   ヴィクトリア女王が、ロシア皇帝ニコライ2世の
    /   ′ { (ヽ   |             ハ/     皇后となっていた孫娘のアレクサンドラ皇后に
.    ′! j   \ゞ\{           '   ′‘.      会いに行った際にレモン入りの紅茶を振る舞われた事から
  八{八ハ   i   ` ーr 、    ー    /   !|      イギリスでは、レモンティーをロシアンティーと言うそうです。
       \{\  i |__`        イ   八
           \ハ{  `   ≧=‐<  !  , ′      また、ロシアでも確かにジャムを紅茶に入れる人も居ますが、
          _,ノ      | | 、   )ノ}/        普通は、分けて楽しんでいる方が、多い様です。
       . <        | |  ` r __
       /´\  \      ノxへ_|  i .        また、地域や家庭によっては、ジャムを紅茶に入れる事を
.       ′   \  \    / \:ノⅣ!  ! |        行儀が悪いとしている所もある様です。
      i       ヽ   \_/   i::::く  ! |


147◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:32:07 ID:IdYgmU8M

           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'    ふむ、一体何故なんだお?
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/   ( ::)
      /      ー‐   ヽ ( ::)
     /      /^ー r ̄ ̄ ̄i
     |   i   /    ノ、___ノ
     |   l /  r‐´    ̄ |



            ,.-‐    ‐=ミ
          ,,   , -‐      ‐`ヽ、
           〃   /        i    ヽ
.        /   〃     /   | i |     ‘,
         ′   ′     /  / | |ノ  i:   :.   そうですね・・・・・・。
        .  / /   i  厶-‐/ ハハ i、-|::   }i
       , / イ  .:| /j/}/ / ∧ヽト、!::  八   主に二つの理由が考えられます。
       ,〃´.: |:..   |' yfチ斧    斧Y|::i /i{
       /  .:::::/|:i:   | ゛弋::リ     ヒリ' |ノ' j八   一つは、見た目の問題。
      , i: :::/{从ト、:.{        ,   ,i i/
     { ,ハ:.   ヽ __`       ,  八|      付け合せのジャムは、一般家庭の場合は、
     レ   ヽト、  ヽ |: 丶   `  / }| |     自家製が多い為、果実の潰れきっていない部分等が、
             \ {ヾー- ≧=‐- く{/'j八{      残っており、それが、紅茶に浮いてしまい、
            ソ    | i ト、           見た目が宜しく無い為と考えられています。
          , イ      | i | ヽ、
       r<  `ヽ、    jY^ヽ__.イ`ヽ       そして、
       |  `ヽ、   \  / ヽ={ `寸.: i       2つ目は、ロシアにおける紅茶の歴史です。
       |     :.     ∨  V∧  :i |


148◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:32:21 ID:IdYgmU8M

             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |     ロシアにおける紅茶の歴史?
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |



             .  ´   ´ ̄ `  . `ヽ、
         /             \  ヽ
         /          、          ヽ
.         /         ‘.    、    \‘,     ええ。
        /        i |   !| !   j{  i    ヽ
.     .′       i !| ト、 ヽリ _ト、_ハ !   ト ゝ    本格的に紅茶が伝わる前のロシアでは、
              |八{ ∨´ヽ{ }/  Ⅵ   :!|  ‘,   主に果実のジャムを湯に溶かしたお湯や
      i      ヽ,斗‐ ヽ/ \ 〃斧ミx. |   八      ハーブティーが飲まれていました。
      |{ i   i イⅥxュ、′   弋うソ ,   /       i
.      八ト、  | | 《 Vじj          厶イ        |{  17世紀頃、中国からお茶が、ロシアに伝わったのですが、
         \ト、{ ヽ゛ゞ゚' ,         八     八  まだまだ高価であり、飲めるのは上流階級に限られました。
          i ヽ ハ       ,      イ  `  /  /
          |   ヽ  `     / |_  |i / )ノ    しかし、当時は、保存技術も未熟だった為、
          |{     ≧ ‐  r ´ ,, ´ レ'}/       あまり質のよくない紅茶や高価さから僅かな量しか無い紅茶を
.          八ト、  iハ ト、ハトr<   { ′      まだまだ洗練されていない淹れ方で淹れていました。
              ` \{  }ノ_,ノ !i     ノ `  _
               , rf ´   ノ{           / \
             ′:|i|  .イ`:く{ _____/   ハ
            i   {iレ' 廴:/ ∨///,/     /  i
.              У   /::::/   `寸/      /   i|


149◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:32:41 ID:IdYgmU8M

           ____
         /       \
        /   ノ    ヽ ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'          あんまり、想像したくない味だおね。
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/   ( ::)
      /      ー‐   ヽ ( ::)
     /      /^ー r ̄ ̄ ̄i
     |   i   /    ノ、___ノ
     |   l /  r‐´    ̄ |



                _  -‐──‐ --  、
              -─-     -─-、  ` 、
.            /´           \   `       ええ、なので少ない茶葉で味を濃くする為、
.           /        、      ヽ   ヽ     濃ゆく煮出した紅茶をお湯で薄め、
         /    /  | l |  、    ヽ   ハ    質の良くない紅茶の味を調える為、
        /     / / /|  l,イ |l ヽ   ハ   '    砂糖と比べて比較的に安価だったジャムを
       //     { /! |ハ! /,ハ  ! i |  、ヽ       舐めながら紅茶を飲む様になったのが、
       i| l  l 从ノ | l  ソ/!ヽjノjハ  }   ヽ\ !    ロシアンティーの始まりだとされています。
       l| !  |/ィ芹ミjノ /イノ ィ≠ミハノ   |  トヽ l
       j人 l  ハ`弋ソ ノ    ト以}ヽl   !  |  ヽ、   ジャムは、完熟した果物から作れたので
         ヽト、 |::        弋ソノ !  / ハ !  |    外国の産物だった砂糖と比べて安く、
         /  ` i   `        / ノイ jノ i  ハ    また、保存性にも優れる為、
.        /イ   .ゝ   、  ,     ムイ     !  l   ジャムは、冬の備えとして良く作られていました。
        ,/ !    i: \      ,.. //     ./  ト !
.        j八i  /l {  `ァ =r≦ ,.-'ト!    / ハ | }   そんな理由から砂糖では無く、
          ヽノ  j八/{ノ「T7'´  |ハ  /i / jノjノ   ジャムや果実が、紅茶の風味を調整する為に
           ,.-─ァr‐‐'´ !l |  __ j.八ノ'`‐jノ、       使われたのでしょうね。
          イ   i !  /ヽ <___〃  /⌒ヽ


150◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:33:10 ID:IdYgmU8M

       ___
     /     \
    / ⌒   ⌒ \
  /  (ー ) (● ) \         へぇ、そうだったのかお。
  |  ⌒ (__人__) ⌒  |
   \ γrj¨ ̄ ̄¨i  / ズズー
   / j '⌒t_r=、_ノ  \
  | /  /´ `¨´     |



             .  ´   ´ ̄ `  . `ヽ、
         /             \  ヽ
         /          、          ヽ
.         /         ‘.    、    \‘,
        /        i |   !| !   j{  i    ヽ
.     .′       i !| ト、 ヽリ _ト、_ハ !   ト ゝ
              |八{ ∨´ヽ{ }/  Ⅵ   :!|  ‘,   そして、当時の紅茶を飲む習慣があったのは、
      i      ヽ,斗‐ ヽ/ \ 〃斧ミx. |   八      上流階級の人たちです。
      |{ i   i イⅥxュ、′   弋うソ ,   /       i
.      八ト、  | | 《 Vじj          厶イ        |{  見た目を気遣う必要からジャムを紅茶に入れる事は、
         \ト、{ ヽ゛ゞ゚' ,         八     八  行儀が悪いとされたのでしょう。
          i ヽ ハ       ,      イ  `  /  /
          |   ヽ  `     / |_  |i / )ノ    これは、紅茶の値段が下がり、
          |{     ≧ ‐  r ´ ,, ´ レ'}/       下の階級の人たちも紅茶を飲む様になった時にも
.          八ト、  iハ ト、ハトr<   { ′      引き継がれ、ジャムと紅茶は分けて楽しむ事が、
              ` \{  }ノ_,ノ !i     ノ `  _      標準となったのでしょうね。
               , rf ´   ノ{           / \
             ′:|i|  .イ`:く{ _____/   ハ
            i   {iレ' 廴:/ ∨///,/     /  i
.              У   /::::/   `寸/      /   i|


151◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:33:24 ID:IdYgmU8M

            ,.-‐    ‐=ミ
          ,,   , -‐      ‐`ヽ、
           〃   /        i    ヽ
.        /   〃     /   | i |     ‘,
         ′   ′     /  / | |ノ  i:   :.
        .  / /   i  厶-‐/ ハハ i、-|::   }i
       , / イ  .:| /j/}/ / ∧ヽト、!::  八   また、これまでの解説から分かる様に
       ,〃´.: |:..   |' yfチ斧    斧Y|::i /i{   ロシアでは、大陸諸国では例外的にコーヒーよりも
       /  .:::::/|:i:   | ゛弋::リ     ヒリ' |ノ' j八   紅茶が、良く飲まれており、日常に密接に関係しています。
      , i: :::/{从ト、:.{        ,   ,i i/
     { ,ハ:.   ヽ __`       ,  八|      例えば、ロシアでは、風邪を引いた際に
     レ   ヽト、  ヽ |: 丶   `  / }| |      ラズベリージャムと紅茶を一緒に飲むと
             \ {ヾー- ≧=‐- く{/'j八{      病状の回復が、早くなるという民間療法がある位です。
            ソ    | i ト、
          , イ      | i | ヽ、
       r<  `ヽ、    jY^ヽ__.イ`ヽ
       |  `ヽ、   \  / ヽ={ `寸.: i
       |     :.     ∨  V∧  :i |


152◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:33:39 ID:IdYgmU8M

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\      へぇ、知らなかったお!!
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、    「アレクサーンドラ」ちゃんは、
     \       `ー'   しE |    物知りなんだおね!!
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ



              _     ___
          / ´           `ヾ
        /                  \
        /   ´           i    ヾ
        /           / j{  i|        ‘,
.       /    /     ′ ハ  八    i    i    そ、そんな・・・・・・私なんて・・・・・・。
.       .′   .′ j{  ! i| |  ∨i i {    }     |
.     ノイ    !  ハ | !| |  ハト、{ハ{  ハ    !|
     八   i|ハ /―Ⅵ八{ ノ ‐\‐ 七7 ‘.   八
        ヽ.  | x≠≠ミ      x≠≠ミ  i /   ヽ
      / \{ . 弋うソ      弋うソ ″ ,'Ⅳ  ‘.
      .′   iハ              / ′   i
       i     ト、 . ''''''''''  ′  ''''''''''  .ノ     }|
       |{ !   八 人            イ       八
     八ト、   ヽ >   ⌒    イ /!    /
         \ト、 Ⅵ\ ≧    ≦ ノ}/ |   /}ノ
            ` \{  | `TT´  | ´ },ハ/
                ,, ´  | |   \
          . イ      ノ∧    ` r 、
       r‐=  ´  i|   イ::⌒Yヽ __/  `   __
       |      ヽ / ∨::::/   ∨//         i
       |   i          }⌒{    `¨′    / |


153◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:33:53 ID:IdYgmU8M

                           -‐━‐-
                    .  ´            `丶
                                  \
            -‐‐-ミ       -‐‐-ミ
           /                 \       ゚。
                                \      °
.           }       |            ゚。      .
          丿       |                °      |
                   ∧}                   |      ・・・・・・。
.      .        / | 人_」               {      |
      .′      {.   | イ  ^|\             人     !
      |     |  {  /|  | 、 |   \            ト\  ‘、
      |l   { 人 {_厶ヘ | \ト . __ ゚。 }        |       \
.      八  {  \〉    {   \   }ハ    |  |
         \{\  {r‐-ミ    ァ=‐-ミ__|/}  |  |        |
.             / \ ∧ Vリ       乂..ヅ^ }  人∧|. . .     ハノ
           .′   ハ ,,,        ,,,,,,,   厶イ _人. . .| . .人/
            i    / 人  ′          / {.. ./|/
            |   ′  .个. .    _ __     /   ∧/
.         人_∧  ∧ /{ 〕iト . __ .    ___彡′゚。
.              \{ ∨.人/\ __/`Tづ⌒     〉-ミ
                   . ⌒^´   ∥  」」_       /    \
                 /       || /⌒Vニニア´
                 .′      |レ'厂 ̄〉Vニア            .
                   }     .〈___/  V           |



       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \       ど、どうかしたのかお?
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)    「アレクサーンド・・・・・・
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''


154◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:34:07 ID:IdYgmU8M

                           -‐━‐-
                    .  ´            `丶
                                  \
            -‐‐-ミ       -‐‐-ミ
           /                 \       ゚。
                                \      °
.           }       |            ゚。      .
          丿       |                °      |
                   ∧}                   |   ・・・・・・『Саня』。
.      .        / | 人_」               {      |
      .′      {.   | イ  ^|\             人     !
      |     |  {  /|  | 、 |   \            ト\  ‘、
      |l   { 人 {_厶ヘ | \ト . __ ゚。 }        |       \
.      八  {  \〉    {   \   }ハ    |  |
         \{\  {r‐-ミ    ァ=‐-ミ__|/}  |  |        |
.             / \ ∧ Vリ       乂..ヅ^ }  人∧|. . .     ハノ
           .′   ハ ,,,        ,,,,,,,   厶イ _人. . .| . .人/
            i    / 人  ′          / {.. ./|/
            |   ′  .个. .    _ __     /   ∧/
.         人_∧  ∧ /{ 〕iト . __ .    ___彡′゚。
.              \{ ∨.人/\ __/`Tづ⌒     〉-ミ
                   . ⌒^´   ∥  」」_       /    \
                 /       || /⌒Vニニア´
                 .′      |レ'厂 ̄〉Vニア            .
                   }     .〈___/  V           |


155◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:34:23 ID:IdYgmU8M

             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |     ・・・・・・へ?
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |



                __ 
            ,,__´_     _`__  x
          /        ´      `ヾ
         /          j{           ヾ
.         /   /    ハ | }   :.    ヾ
.        /    /     /|  ,  ,'    i  :.   ‘,   「アレクサーンドラ」じゃなくて
.        .′   ,′ / /i |  | j/ |   | | |     :.   『Саня』「サーニャ」って呼んで下さい!!
.      ,: ′  |:i{ ′/八{  }/{ ヽ{ヽ :|ハ !   !| ヽ
        !{:.  .:|八{'‐/-- ヽ / ヽ- ‐‐jノ‐ jハ{   !| ト ゝ
      八i   | ,y'斧気       ィ斧ミx   i  八{
.        \ ト、ヽ弋::ソ     弋:::ソ j「 /| / ‘,
        ,′`:|,ハ  ,,,,,,,,       ,,,,,,,,, / j/    :.
.         ,    :ト :      ′     ,'イ     i
       i{     人    r っ    , /   /  !|
.       八{ヽ  :! 、 >       イ /  /} / 八
           ヽ \ト、{`ヽ | `¨¨´ | jノ〃j/  j/ /
                   厂`YY  ̄‘,
              /   :| |:   \
          ,, f{     /ハヽ    j7 、
       r  ´    ヽ   /f⌒Yヽrzzz/   ` ー 、
       | :. i    ` ´  ∨/|  ヾソ    :   i


156◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:34:42 ID:IdYgmU8M

       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\        ど、どういう事なんだお?
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n      いきなり「サーニャ」と呼んで下さいだなんて。
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''



                           -‐━‐-
                    .  ´            `丶
                                  \
            -‐‐-ミ       -‐‐-ミ
           /                 \       ゚。
                                \      °
.           }       |            ゚。      .
          丿       |                °      |
                   ∧}                   |     あっ、済みません・・・・・・。
.      .        / | 人_」               {      |
      .′      {.   | イ  ^|\             人     !
      |     |  {  /|  | 、 |   \            ト\  ‘、
      |l   { 人 {_厶ヘ | \ト . __ ゚。 }        |       \
.      八  {  \〉    {   \   }ハ    |  |
         \{\  {r‐-ミ    ァ=‐-ミ__|/}  |  |        |
.             / \ ∧ Vリ       乂..ヅ^ }  人∧|. . .     ハノ
           .′   ハ ,,,        ,,,,,,,   厶イ _人. . .| . .人/
            i    / 人  ′          / {.. ./|/
            |   ′  .个. .    _ __     /   ∧/
.         人_∧  ∧ /{ 〕iト . __ .    ___彡′゚。
.              \{ ∨.人/\ __/`Tづ⌒     〉-ミ
                   . ⌒^´   ∥  」」_       /    \
                 /       || /⌒Vニニア´
                 .′      |レ'厂 ̄〉Vニア            .
                   }     .〈___/  V           |


157◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:34:57 ID:IdYgmU8M

                _ __
           ,,  ´        `
        /                   `ヽ、
       ,     i   |   、   i       ヽ
.      /     i |  ハ  |- ‐ - j{     ヽ ‘,      ・・・・・・えっと、・・・・・・その、
       ′  / !| |∨ | ヽト {\{ハ{       i  ‘,     ロシアでは、初対面では無い知り合いの人でも
     i     レ'八{/ヽ{   ィ斧ミx、      !|   ‘,     ある程度の親密さになると再び名前を名乗る・・・・・・
     |{    | yf斧  \ 弋うソ 〃i     八        つまり、知り合いから一歩進んだ関係になりたい時に
.     八   |《弋リ      ,,,,,,,,,   |   イ     i     改めて自己紹介をします。
.      ヽ. |: ,,,, ′          厶イz八      |
.         Ⅵ   っ             j)/      八     その時の自己紹介では、
          /                   __/     / ‘,    相手に呼んで欲しい名前を言うんです。
        ′   ヽ            イノ    /   ′  i|
       i       \ _ ,.....::   | j{ , /   /   八    これは、再び自己紹介行う事で知り合いから
       |{ i | } 、 !  |_ ,, ´ !ハ/j/ )/j/jノ     一歩進んだ関係になった事を表明しているんです。
.       八ト、{ハ{ \ト、 |      ∨ / ´ / ´
          ヽ \ ` ノ         `   __
            ,, ´j           /  `  、
            . イ  /\_,x≦三/     / ヽ
          /  | /}_:_:/ `寸三歹     ,     ‘,
.         i  ´ /::::i    `¨´     /     ‘,



       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \   (・・・・・・ふむ、一歩進んだ関係・・・・・・つまり、
  |       (__人__)    |    さっきの「サーニャ」と呼んで欲しいという言葉は、
  \   ⊂ ヽ∩     <    友人になって下さいって事かお?)
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/


158◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:35:19 ID:IdYgmU8M

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\       分かったお!!
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、    「サーニャ」ちゃん!!
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ     それじゃあ、そっちもやる夫の事は、
   /            | |     やる夫と呼んでくれお!!
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ



       r≠==ミ       . -―…―‐-  .      x≦///}
       |///////≧x  ´              _x≦////////|
      ∨//////         ⌒ヽ  \//////////
      ∨////        !         \   ヾ'////,'//    ・・・・・・!!
         ヾ'//       |   |{     i   ‘,  ∨////
          У    /   ,ハ 八    |   ‘,  ∨// ‘,    はい、やる夫さん!!
       /    '   /  ∨ i    ト、   '    `´   ‘,
             |i   /   / \{ 、 __| \ i
      ノイ    斗‐ /¬    \ヽ}ノ `  Ⅵ           ‘,
       |{   i  | j厶=ミ      斗=ミx   ト、     、    \
.       八  |   } 《 f::心         f゚:::心》   ヽ    |{     ヽ
.        \ハ ハ 弋:ソ        弋:::ソ    / }   八       ‘,
          Ⅵ  ,,,,,       ,,,,,,     /:),  /    i     i
           i   .   `          ,_厶イ     |{ ハ |
           |{  人   マフ      / i    i|     八/ }ノ
              八 }  >       イ / ヽ  iト、  i 、/  \
              )ハ i ハ ≧=<  /     \{ \{⌒\
                  }ノ/  ヽ / | 「           `7 ー=ミ
                , - '7  i| |           /  /  ‘,
               /   /   リ |         /  /    ‘,


159◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:36:00 ID:IdYgmU8M

 <ガチャリ                                       ,,- ―― -=ミ
                                           /´ ̄      =ミ`ヽ、
                  ,ヘ                       , '             `ヽ ヽ
      ____      / /                .      /           、     ‘,‘,
     /\  /\   / /                 .      , ′   ,′ .′|  |       :. .
   /( ⌒)  (⌒)\/  /                      /     |   /i j{  |  i  、   :.
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /   ・・・・・・あはっはっは!!   ノイ   !:}|斗- | ハ _ハ__:|   }   ヽi
  |     |r┬-|       |                        |{ i  |八 {/ /  乂{ Ⅵ`ヽ|  :′ トゝ
  \     ` ー'´     /                    .     八{  | x=ュ     `___ jノ| /   |{
  /          \          ・・・・・・うふふふ!!  / \{ ,,,,,,       '⌒ヽ ノイ / :八
 /             \                       .′   :     `  ''''''   f;| /j/   .
/  /\           ヽ                      i{    ヘ    Vフ     /ノj/   i  !}
 /   \          ノ                  .    八ト、_,.xェ≧====zxく_ /i   /} 八
U      ヽ        ノ                       fニ三三三三三三三三三三三}/´jノ
                                       |ニ三三三三三三三三三三三| 、


160◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:36:22 ID:IdYgmU8M

                       ___
                     /    \
.           _       /       ヽ       うー、寒っ!!
.       /´  ._>.、    | _,ノ  ^ヽ、  |
       /〈 〈/ / ヽ.  >..、 | (一) (ー)   |       やっぱ、家が、暖かいな。
      ./_/ヘ_lヽゝー ヽ   ノ7、(__人_)  |
      ⊂ -'‐-、 ` ̄`¨   ,/:::::ヽ、   !
.            ̄ ̄´`7 /::::::::::::::::`>.v'、
              .....::::゙ゝ:::::::::::::::::::::::':::::`ヾ、
.           /´::::::::::::::::<:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.             /::::::::::::::::::::::::::::≧_、:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::>、:::::ー::::::::::::::::::::i
            /::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::>、::::::::::::::::::_ノ
          j::::::::::::::::::::j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y´ ̄
.        /:::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,{
        /:::::::::::::::::::/ !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!



                   / ̄ ̄ \
          -`  ⌒ ヽ、_    \
            ´   ●)(● )     |         ・・・・・・ん?
.               (_人_)    |
                 '、       |        如何したんだ2人して笑って?
               |         |
               | 、     .ィハ、_
               ≧ュ─ー ´:::::::::.......ヽ
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...>、
            ,.<..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
         /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
          j ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::Λ
         i :::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::}
           i :::Λ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V..::::::::::::::::::::イ',
           | :::::Λ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V..:::::::::::::::::::::ハ:i


161◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:36:36 ID:IdYgmU8M

                _ __
           ,,  ´        `
        /                   `ヽ、
       ,     i   |   、   i       ヽ
.      /     i |  ハ  |- ‐ - j{     ヽ ‘,
       ′  / !| |∨ | ヽト {\{ハ{       i  ‘,    い、いえ、何でもありません!!
     i     レ'八{/ヽ{   ィ斧ミx、      !|   ‘,
     |{    | yf斧  \ 弋うソ 〃i     八
.     八   |《弋リ      ,,,,,,,,,   |   イ     i
.      ヽ. |: ,,,, ′          厶イz八      |
.         Ⅵ   っ             j)/      八
          /                   __/     / ‘,
        ′   ヽ            イノ    /   ′  i|
       i       \ _ ,.....::   | j{ , /   /   八
       |{ i | } 、 !  |_ ,, ´ !ハ/j/ )/j/jノ
.       八ト、{ハ{ \ト、 |      ∨ / ´ / ´
          ヽ \ ` ノ         `   __
            ,, ´j           /  `  、
            . イ  /\_,x≦三/     / ヽ
          /  | /}_:_:/ `寸三歹     ,     ‘,
.         i  ´ /::::i    `¨´     /     ‘,



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /   おっ!!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |     やっと帰ってきたのかお。
  \     ` ー'´     /
  /          \      ちゃんと御茶請けは買ってきたのかお?
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


162◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:36:54 ID:IdYgmU8M

           / ̄ ̄\
         ⌒´ ヽ、,_  \      もちろんだ。
            (●)(●.)    |
         (_人___)    |      そっちこそ、
            '、       │      ちゃんと紅茶は淹れてあるんだろうな?
              }       {
          !、______ .ィ-ート、     今回は、俺も飲むんだぞ?
            V/:::::::::::::::::ヽ
                {::::::::::::::::::::::::::::::.、
           /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
   「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
   } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
   i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
   { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |
   \  ヽ {|V.::::::::::::::: \V:::::::::::::::::: |
     \  ノ|:.V.::::::::::::::::::::::〉.:::::::::::::::::|



                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /    もちろんだお。
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /       このティーポッドに・・・・・・。
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |


163◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:37:08 ID:IdYgmU8M

                   _
           ,.  -―――/ ヘ―――- .,,_ <カラッ
   ,.  -      .l` ー-------------一 ´l   __
   ゝ 、   `ヽ  !                    i/´  -- 、\
     ヽ   ` '!                      /    .i ',
      i                         ∨      ./ /
      i      :                 ハ   ./ /
      i   ./                 ハ_ / ./
      i /                      ヘ  /
      /                       ∨
     /                            i
    i                              i
    `ヽ                           i
      `ヽ                          /
       `ヽ                    /
         `ヽ                /
           >ー--ー---一ー--一<


164◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:37:25 ID:IdYgmU8M

          / : : : /             i :      : : ` 、
           / : : :./     /  ,   ;  | i       : : : ヽ
            ,'  : : :,'    /  /   /|  | | |、 : :| : :  :i
         i  : : /     /i . /!  / ! .,'| | lハ  : | : :  :|
         | : :/ . イ  .:::| / |  /  j / !.ハ | Vi  | : :   ヽ、
         | :.ノイ     ::::!'  l ./ __,/ . |! !| 、 リ;..イ i  i : :.
         イ´ /.:i   :十ナ''T;リ!三. /  ノ  リ._`Tメ ! l  ト、: :|
        ノ  ,'イ::l   :| ィf''f:::;ゞiヾ     イ::ゞ!ハ | .リ i| ヽ!
       /    ! :ヽ  :| .ヾ 弋Yノ        トYソ〃!./ /l  .ノ
        /     : : : :ト、|             `   /,' ,ノ ノ
        ,' ,  、  : : : Yヾ、          '    ,'  i|     あっ、先に飲んでたから
 .     i 从 ヽ  : : : : : ::ト、        __     イ  ハ    空っぽになっちゃってる・・・・・・。
       !'  ヽ :ト、 : : : :i:::|   、      イ: ::   :|
            \ ヽ:.:..ノリ:\   `  ィ::´::: |.: :   : ハ|
              ヾ'/:.  丶 ..__∧::|イ::::从:.:ノ ノリ
         __ ,. -:'::::...     ∧ ヽ、___
        /⌒ヽ  \ `ヽ.    //∧ ..::  ヽ ヽ`ヽ



         ____
       /     \
.    /       \     ・・・・・・しまったお。
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|   つい飲み過ぎてしまったお・・・・・・。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


165◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:37:42 ID:IdYgmU8M

                           / ̄ ̄ \  ノ(
                          ヽ、_,   _,.ノ \ ⌒
                _          | (= ) (= ) .|
                    | !        .  | (__人___)   |     おい!!
                 | !         |       U |
               | !   ,.-,    |        |     そりゃ、無いだろう!!
                  ._,ノ ┴ 、./ ,/     |         r
                 r `-ーヽ ) i      .ヽ, _ 、___ ,. 'ト
              |  ー、〉 /     _,,ノrj  `   / ト、,,,,_
              .|  r_,j j__,,.. r''''"::::::::ミ二二::::::/:::::::::::::::::::::: r ‐-、
               |   ) ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::;;;;;;;:: ヽ
                 ノニ-、 ,/::;;|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::: i::;;;;;;;;;;;:: }
            √..:::;;; ヽ、〉;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
           /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;::: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }



                       /) ̄ ̄\
                     /∠___ ヽ、,_ \
                    / / ,-イ)(= )!!! |
                    l / /(__人___)   |    はぁ、全く・・・・・・。
                    l   ', `⌒ ´  u |
                    ',    ',      |
                     j    ノ      /|_
                   _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
               ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
             /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
            | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l


166◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:37:56 ID:IdYgmU8M

            |                                   ,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            |__       ____________           ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              /  ./|      |~l~i~~~i~~~~~|~i~~~~~~l~~i~~'|         ||\  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;
             | ̄ ̄|  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||  \
             |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |\
     ____    |    |  |      |  |   |    | |   |  | |  |         ||    |  \
   . / /|/| |_  |゚ |        .|  |   |    | |   |  | |  |         ||.0   |    \
 / ./|||| |  |∠/| |  |        .| ノ.       |  !  | ノ .|  |          ||    |    |
 | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,,,人,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ,,,,,,,|______||    |    |
 |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                 ___________ \   |    |
 |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※,,,ヽ   \  \|.   0|
 |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                 / ※※※※※※※※※\   \  \   .|
 |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
 |_|/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                l⌒l⌒l i⊂⊃i   |\ \
/            /           /_,|                ⌒'⌒ l______,l   |  | ̄|>
             | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                              |\|_|
             |_|            |_|                            |  |


167◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:38:21 ID:IdYgmU8M

                / ̄ ̄ \,-、_
             _,ノ ヽ、__ /  / ,〉、
            (●)(ー-/ ´/ /),        ・・・・・・それじゃあ、
.              (__人_,{  / ' ´ミ、        続きを始めていこうか。
             '、`⌒ ´V __ <、
              |    〈´/::::::Λ
              |      ヤ::::::::::::::Λ <マッタク、オカゲデジブンデイレルハメニナッタダロ。
             `ュ`ー─ーV::::::::::::::Λ
             /ム _ , ー ' V::::::::::::::Λ、
           _,. -/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::Vヘ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::.∨}
       j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::レ;
      i :::r ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::::ノ
.      i :::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::-==:::イ
.       | :::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


168◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:38:34 ID:IdYgmU8M

         ____
       /     \
.    /       \     えーっと、
.  / /) ノ '  ヽ、 \    確か解説前の基礎事項を説明し終えた所だったお。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  / <ショウジキスマナカッタオ。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



          / : : : /             i :      : : ` 、
           / : : :./     /  ,   ;  | i       : : : ヽ
            ,'  : : :,'    /  /   /|  | | |、 : :| : :  :i
         i  : : /     /i . /!  / ! .,'| | lハ  : | : :  :|
         | : :/ . イ  .:::| / |  /  j / !.ハ | Vi  | : :   ヽ、
         | :.ノイ     ::::!'  l ./ __,/ . |! !| 、 リ;..イ i  i : :.   分かりました。
         イ´ /.:i   :十ナ''T;リ!三. /  ノ  リ._`Tメ ! l  ト、: :|
        ノ  ,'イ::l   :| ィf''f:::;ゞiヾ     イ::ゞ!ハ | .リ i| ヽ!   それじゃあ、
       /    ! :ヽ  :| .ヾ 弋Yノ        トYソ〃!./ /l  .ノ   話を元に戻しましょうか。
        /     : : : :ト、|             `   /,' ,ノ ノ
        ,' ,  、  : : : Yヾ、          '    ,'  i|
 .     i 从 ヽ  : : : : : ::ト、        __     イ  ハ <ス、スイマセンデシタ……
       !'  ヽ :ト、 : : : :i:::|   、      イ: ::   :|
            \ ヽ:.:..ノリ:\   `  ィ::´::: |.: :   : ハ|
              ヾ'/:.  丶 ..__∧::|イ::::从:.:ノ ノリ
         __ ,. -:'::::...     ∧ ヽ、___
        /⌒ヽ  \ `ヽ.    //∧ ..::  ヽ ヽ`ヽ


169◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:38:47 ID:IdYgmU8M

            ,.-‐    ‐=ミ
          ,,   , -‐      ‐`ヽ、
           〃   /        i    ヽ
.        /   〃     /   | i |     ‘,
         ′   ′     /  / | |ノ  i:   :.
        .  / /   i  厶-‐/ ハハ i、-|::   }i
       , / イ  .:| /j/}/ / ∧ヽト、!::  八
       ,〃´.: |:..   |' yfチ斧    斧Y|::i /i{
       /  .:::::/|:i:   | ゛弋::リ     ヒリ' |ノ' j八
      , i: :::/{从ト、:.{        ,   ,i i/
     { ,ハ:.   ヽ __`       ,  八|
     レ   ヽト、  ヽ |: 丶   `  / }| |  ・・・・・・さて、スラヴ人のついての文献は、
             \ {ヾー- ≧=‐- く{/'j八{  非常に乏しいと言いましたが、
            ソ    | i ト、       9~10世紀に入るとスラヴ人についての文献が、
          , イ      | i | ヽ、     チラホラ見かけられる様になってきます。
       r<  `ヽ、    jY^ヽ__.イ`ヽ
       |  `ヽ、   \  / ヽ={ `寸.: i
       |     :.     ∨  V∧  :i |



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   ふむ、どうしてだお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ


170◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:39:02 ID:IdYgmU8M

             .  ´   ´ ̄ `  . `ヽ、
         /             \  ヽ
         /          、          ヽ
.         /         ‘.    、    \‘,
        /        i |   !| !   j{  i    ヽ
.     .′       i !| ト、 ヽリ _ト、_ハ !   ト ゝ
              |八{ ∨´ヽ{ }/  Ⅵ   :!|  ‘,    そうですね・・・・・・
      i      ヽ,斗‐ ヽ/ \ 〃斧ミx. |   八       色々諸説は有りますが、
      |{ i   i イⅥxュ、′   弋うソ ,   /       i    理由は主に2つあります。
.      八ト、  | | 《 Vじj          厶イ        |{
         \ト、{ ヽ゛ゞ゚' ,         八     八
          i ヽ ハ       ,      イ  `  /  /
          |   ヽ  `     / |_  |i / )ノ
          |{     ≧ ‐  r ´ ,, ´ レ'}/
.          八ト、  iハ ト、ハトr<   { ′
              ` \{  }ノ_,ノ !i     ノ `  _
               , rf ´   ノ{           / \
             ′:|i|  .イ`:く{ _____/   ハ
            i   {iレ' 廴:/ ∨///,/     /  i
.              У   /::::/   `寸/      /   i|



                _  -‐──‐ --  、
              -─-     -─-、  ` 、
.            /´           \   `
.           /        、      ヽ   ヽ
         /    /  | l |  、    ヽ   ハ
        /     / / /|  l,イ |l ヽ   ハ   '    一つは、キリスト教の布教と同時に
       //     { /! |ハ! /,ハ  ! i |  、ヽ       彼らに文字も伝来され、文献が残る様になった事。
       i| l  l 从ノ | l  ソ/!ヽjノjハ  }   ヽ\ !
       l| !  |/ィ芹ミjノ /イノ ィ≠ミハノ   |  トヽ l    もう一つは、彼らが、国家を作り始めた事です。
       j人 l  ハ`弋ソ ノ    ト以}ヽl   !  |  ヽ、
         ヽト、 |::        弋ソノ !  / ハ !  |
         /  ` i   `        / ノイ jノ i  ハ
.        /イ   .ゝ   、  ,     ムイ     !  l
        ,/ !    i: \      ,.. //     ./  ト !
.        j八i  /l {  `ァ =r≦ ,.-'ト!    / ハ | }
          ヽノ  j八/{ノ「T7'´  |ハ  /i / jノjノ
           ,.-─ァr‐‐'´ !l |  __ j.八ノ'`‐jノ、
          イ   i !  /ヽ <___〃  /⌒ヽ


171◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:39:24 ID:IdYgmU8M

             .   ´  ̄ ̄   =ミ
          ,,´           `ヽ、
.         ,                  ヽ
      /        / /  }       ‘,
.      ,         ′ / ∧ ,′
     / /     / | /|i | ∨    i
    ノイ  i   ハ 斗/-|{ | /ヽト、_   | i   | i
     |{   |  ′Ⅵ′八{    \ヽメ、   | ト、
.     八  | | y'fチ斧  ヽ   x=ュ、 |    |{,ノ \
     / \ト、{ 《弋うノ      "{じ::ハ》|{i  八
.      ′  ` ハ            ゞ '  八 , '  ‘,
.    i{   ! `         '        厶イ     i  それじゃあ、一つずつ見ていきましょう。
    八   |   ヽ      _     イ  |     i|
        \{ヽト、  i>      イ }/i ,  i{ 八  まずは、キリスト教の布教と同時に
        ヽ  )ノ /\≧≦i){ノ}/ }ノ}/ )′  彼らに文字も伝来され、文献が残る様になった事ですね。
            /  | | |  |   /)
      __,,  fi´    ノ | |  ` //   _   /)
     /    ||  /イ:T:rへ / `こ7 _ 厶}//
.     ′    ヾ/   f⌒Y/    ヽ{ ,へ ヽ∨
     i          !::/     /ソくノ)  , ′
     |     /7≧x.、  /\   .イ7く /r‐'  /
     | {: /三三ニ/   `くミ三三{ ′ /
     |  Vニニニ/ \     〉三三}___{_
     |   `寸i/      ヽ /三「     |


172◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:40:04 ID:IdYgmU8M

                .   ´ ̄ ̄ ̄`  、
          /    ,  '⌒     ´ ̄`丶
                /            ヽ
          /     ,
       ′  /            /   !       ‘,
            . ′       ′  / | i | i   i
      ,   ノイ     厶 ‐ / 八{ ト、{‐- |   ‘,
        ′   |    i´/ | / j/  乂 ヽ |   i .
      /  / }|     Ⅳ  Ⅳ /      Ⅵ  !ト ゝ これは、文字通り意味ですね。
.     /  / j八    |  x≠ミ    x=ミ i   八
    /   ′ { (ヽ   |             ハ/    スラヴ人へのキリスト教の伝道は、
.    ′! j   \ゞ\{           '   ′‘.     9世紀後半にキュリロスとメトディオスと呼ばれる人物が、
  八{八ハ   i   ` ーr 、    ー    /   !|     モラヴィア王国(現在のチェコにあたる位置にあった国家)に
       \{\  i |__`        イ   八     宣教を行った事が、初だとされています。
           \ハ{  `   ≧=‐<  !  , ′
          _,ノ      | | 、   )ノ}/       もちろん、それ以前にも
       . <        | |  ` r __        キリスト教の伝播はあったでしょうが、
       /´\  \      ノxへ_|  i .       この事によって、スラヴ人に大々的に
.       ′   \  \    / \:ノⅣ!  ! |       伝わったと考えられているのです。
      i       ヽ   \_/   i::::く  ! |



            ,.-‐    ‐=ミ
          ,,   , -‐      ‐`ヽ、
           〃   /        i    ヽ
.        /   〃     /   | i |     ‘,
         ′   ′     /  / | |ノ  i:   :.
        .  / /   i  厶-‐/ ハハ i、-|::   }i
       , / イ  .:| /j/}/ / ∧ヽト、!::  八
       ,〃´.: |:..   |' yfチ斧    斧Y|::i /i{
       /  .:::::/|:i:   | ゛弋::リ     ヒリ' |ノ' j八
      , i: :::/{从ト、:.{        ,   ,i i/
     { ,ハ:.   ヽ __`       ,  八|
     レ   ヽト、  ヽ |: 丶   `  / }| |    何故、彼らの伝道が、大きな影響を与えたのか。
             \ {ヾー- ≧=‐- く{/'j八{
            ソ    | i ト、         それは、キュリロスとメトディオスが、
          , イ      | i | ヽ、       スラヴ人の言葉に聖書を翻訳したからだと
       r<  `ヽ、    jY^ヽ__.イ`ヽ     言われています。
       |  `ヽ、   \  / ヽ={ `寸.: i
       |     :.     ∨  V∧  :i |
       |     i     _  i/∧ xヘ |
      :.     :.    /,心、|//∧ミ心.


173◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:40:28 ID:IdYgmU8M

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   聖書の翻訳?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / <メモメモ



             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒            基本的に聖書は、
.         |    ( ●) (●)           ラテン語かギリシャ語で書かれていたんだ。
          |     (___人__)
          .|        ノ           だから他の言語を母語としている国や住民からすれば、
           j        |            非常に分かり難かったんだ。
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y    前々回にやったルターのドイツ語訳が、
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _   大きな影響を与えたというのもこの辺りに理由がある。
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


174◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:41:37 ID:IdYgmU8M

             .  ´   ´ ̄ `  . `ヽ、
         /             \  ヽ
         /          、          ヽ
.         /         ‘.    、    \‘,
        /        i |   !| !   j{  i    ヽ      ええ、そうです。
.     .′       i !| ト、 ヽリ _ト、_ハ !   ト ゝ
              |八{ ∨´ヽ{ }/  Ⅵ   :!|  ‘,    なので彼らは、伝道する為に
      i      ヽ,斗‐ ヽ/ \ 〃斧ミx. |   八      古代教会スラヴ語と呼ばれる言語を考案しました。
      |{ i   i イⅥxュ、′   弋うソ ,   /       i
.      八ト、  | | 《 Vじj          厶イ        |{  この古代教会スラヴ語と呼ばれる言語は、
         \ト、{ ヽ゛ゞ゚' ,         八     八  ギリシア語を当時、マケドニアで使用されていた
          i ヽ ハ       ,      イ  `  /  /   ブルガリア語方言に翻訳する為に考案された言語で
          |   ヽ  `     / |_  |i / )ノ    ギリシア語を基本とし、スラヴ語に対応する為に
          |{     ≧ ‐  r ´ ,, ´ レ'}/       改良を加えたものでした。
.          八ト、  iハ ト、ハトr<   { ′
              ` \{  }ノ_,ノ !i     ノ `  _      そして、この言葉で使われる文字は、
               , rf ´   ノ{           / \   後々にキュリロスが、作ったとされた為、
             ′:|i|  .イ`:く{ _____/   ハ  キリル文字と呼ばれる様になりました。
            i   {iレ' 廴:/ ∨///,/     /  i
.              У   /::::/   `寸/      /   i|



                _  -‐──‐ --  、
              -─-     -─-、  ` 、
.            /´           \   `
.           /        、      ヽ   ヽ
         /    /  | l |  、    ヽ   ハ   この古代教会スラヴ語とキリル文字は、
        /     / / /|  l,イ |l ヽ   ハ   '   ギリシア正教の布教と共にスラヴ中に広がりました。
       //     { /! |ハ! /,ハ  ! i |  、ヽ
       i| l  l 从ノ | l  ソ/!ヽjノjハ  }   ヽ\ !   これによって、
       l| !  |/ィ芹ミjノ /イノ ィ≠ミハノ   |  トヽ l   文字を持たなかったスラヴ人の間でも
       j人 l  ハ`弋ソ ノ    ト以}ヽl   !  |  ヽ、  文献が、残される様になったのです。
         ヽト、 |::        弋ソノ !  / ハ !  |
         /  ` i   `        / ノイ jノ i  ハ  しかし、一方でスラヴ人の名前の中に
.        /イ   .ゝ   、  ,     ムイ     !  l  キリスト教的な名前が、入り込む事となり、
        ,/ !    i: \      ,.. //     ./  ト !  信仰が広まるにつれて
.        j八i  /l {  `ァ =r≦ ,.-'ト!    / ハ | }  逆にスラヴ系やノルマン系の在来の名前を
          ヽノ  j八/{ノ「T7'´  |ハ  /i / jノjノ  駆逐してしまう事にもなりました。
           ,.-─ァr‐‐'´ !l |  __ j.八ノ'`‐jノ、
          イ   i !  /ヽ <___〃  /⌒ヽ


175◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:41:56 ID:IdYgmU8M

            ,.-‐    ‐=ミ
          ,,   , -‐      ‐`ヽ、
           〃   /        i    ヽ
.        /   〃     /   | i |     ‘,
         ′   ′     /  / | |ノ  i:   :.
        .  / /   i  厶-‐/ ハハ i、-|::   }i
       , / イ  .:| /j/}/ / ∧ヽト、!::  八
       ,〃´.: |:..   |' yfチ斧    斧Y|::i /i{
       /  .:::::/|:i:   | ゛弋::リ     ヒリ' |ノ' j八
      , i: :::/{从ト、:.{        ,   ,i i/
     { ,ハ:.   ヽ __`       ,  八|
     レ   ヽト、  ヽ |: 丶   `  / }| |  また、この一種の外国語とも言える
             \ {ヾー- ≧=‐- く{/'j八{  古代教会スラヴ語とキリル文字の伝来によって
            ソ    | i ト、       スラヴ圏では、面白い事が、発生しました。
          , イ      | i | ヽ、
       r<  `ヽ、    jY^ヽ__.イ`ヽ    同じ起源を持つ名前なのに
       |  `ヽ、   \  / ヽ={ `寸.: i   別の2つの名前で表される名前が、
       |     :.     ∨  V∧  :i |   出てきてしまったのです。
       |     i     _  i/∧ xヘ |
      :.     :.    /,心、|//∧ミ心.



             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |   如何いう事だお?
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   | <メモメモ


176◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:42:12 ID:IdYgmU8M

                .   ´ ̄ ̄ ̄`  、
          /    ,  '⌒     ´ ̄`丶
                /            ヽ
          /     ,
       ′  /            /   !       ‘,
            . ′       ′  / | i | i   i
      ,   ノイ     厶 ‐ / 八{ ト、{‐- |   ‘,
        ′   |    i´/ | / j/  乂 ヽ |   i .
      /  / }|     Ⅳ  Ⅳ /      Ⅵ  !ト ゝ
.     /  / j八    |  x≠ミ    x=ミ i   八
    /   ′ { (ヽ   |             ハ/
.    ′! j   \ゞ\{           '   ′‘.
  八{八ハ   i   ` ーr 、    ー    /   !|
       \{\  i |__`        イ   八     そうですね・・・・・・。
           \ハ{  `   ≧=‐<  !  , ′
          _,ノ      | | 、   )ノ}/       それでは、一つ例を出して
       . <        | |  ` r __        説明してみましょうか。
       /´\  \      ノxへ_|  i .
.       ′   \  \    / \:ノⅣ!  ! 
      i       ヽ   \_/   i::::く  ! |



                _  -‐──‐ --  、
              -─-     -─-、  ` 、
.            /´           \   `
.           /        、      ヽ   ヽ
         /    /  | l |  、    ヽ   ハ
        /     / / /|  l,イ |l ヽ   ハ   '
       //     { /! |ハ! /,ハ  ! i |  、ヽ
       i| l  l 从ノ | l  ソ/!ヽjノjハ  }   ヽ\ !
       l| !  |/ィ芹ミjノ /イノ ィ≠ミハノ   |  トヽ l   『Georgios』「ゲオルギオス」という聖人がいます。
       j人 l  ハ`弋ソ ノ    ト以}ヽl   !  |  ヽ、 
         ヽト、 |::        弋ソノ !  / ハ !  |   この人物は、キリスト教でも特に有名な聖人の一人で
         /  ` i   `        / ノイ jノ i  ハ  英語では、『George』「ジョージ」、
.        /イ   .ゝ   、  ,     ムイ     !  l  仏語では、『Georges』「ジョルジュ」、
        ,/ !    i: \      ,.. //     ./  ト !  独語では、『Georg』「ゲオルク」とある様に
.        j八i  /l {  `ァ =r≦ ,.-'ト!    / ハ | }  非常にポピュラーな名前でロシアにも当然存在します。
          ヽノ  j八/{ノ「T7'´  |ハ  /i / jノjノ
           ,.-─ァr‐‐'´ !l |  __ j.八ノ'`‐jノ、
          イ   i !  /ヽ <___〃  /⌒ヽ


177◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:43:05 ID:IdYgmU8M

             .  ´   ´ ̄ `  . `ヽ、
         /             \  ヽ
         /          、          ヽ
.         /         ‘.    、    \‘,
        /        i |   !| !   j{  i    ヽ
.     .′       i !| ト、 ヽリ _ト、_ハ !   ト ゝ
              |八{ ∨´ヽ{ }/  Ⅵ   :!|  ‘,
      i      ヽ,斗‐ ヽ/ \ 〃斧ミx. |   八
      |{ i   i イⅥxュ、′   弋うソ ,   /       i
.      八ト、  | | 《 Vじj          厶イ        |{   この『Georgios』「ゲオルギオス」に因んだ名前ですが、
         \ト、{ ヽ゛ゞ゚' ,         八     八  ロシアでは、なんと『Georgij』「ゲオールギイ」と
          i ヽ ハ       ,      イ  `  /  /    『Yurij』「ユーリイ」という2つの名前が、
          |   ヽ  `     / |_  |i / )ノ    同じ『Georgios』「ゲオルギオス」に
          |{     ≧ ‐  r ´ ,, ´ レ'}/       因んだ名前として存在しているのです。
.          八ト、  iハ ト、ハトr<   { ′
              ` \{  }ノ_,ノ !i     ノ `  _
               , rf ´   ノ{           / \
             ′:|i|  .イ`:く{ _____/   ハ
            i   {iレ' 廴:/ ∨///,/     /  i
.              У   /::::/   `寸/      /   i|



            ,.-‐    ‐=ミ
          ,,   , -‐      ‐`ヽ、
           〃   /        i    ヽ
.        /   〃     /   | i |     ‘,
         ′   ′     /  / | |ノ  i:   :.
        .  / /   i  厶-‐/ ハハ i、-|::   }i
       , / イ  .:| /j/}/ / ∧ヽト、!::  八
       ,〃´.: |:..   |' yfチ斧    斧Y|::i /i{
       /  .:::::/|:i:   | ゛弋::リ     ヒリ' |ノ' j八
      , i: :::/{从ト、:.{        ,   ,i i/    これは、先ほど言った古代教会スラヴ語が、
     { ,ハ:.   ヽ __`       ,  八|    ギリシア語起源である事や聖職者等の文化を
     レ   ヽト、  ヽ |: 丶   `  / }| |    担う者達を中心に使用された言語である事と関係があります。
             \ {ヾー- ≧=‐- く{/'j八{
            ソ    | i ト、          まず、第一に古代教会スラヴ語は、
          , イ      | i | ヽ、        ギリシア語を手本として作られたおり、
       r<  `ヽ、    jY^ヽ__.イ`ヽ      当時のロシアで話されていた世俗的な
       |  `ヽ、   \  / ヽ={ `寸.: i     古代ロシア語(平俗ロシア語)とかなり差異があった為、
       |     :.     ∨  V∧  :i |     『Georgios』「ゲオルギオス」をロシア語に直す際に
       |     i     _  i/∧ xヘ |     『Yurij』「ユーリイ」とかなり違う読みになってしまいました。
      :.     :.    /,心、|//∧ミ心.


178◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:44:21 ID:IdYgmU8M

                .   ´ ̄ ̄ ̄`  、
          /    ,  '⌒     ´ ̄`丶
                /            ヽ
          /     ,
       ′  /            /   !       ‘,    また、当時、文字を使い、文化を担っていたのは、
            . ′       ′  / | i | i   i       聖職者や貴族階級の限られた者達だけでした。
      ,   ノイ     厶 ‐ / 八{ ト、{‐- |   ‘,
        ′   |    i´/ | / j/  乂 ヽ |   i .   当時のロシアが、師として仰いでいたのは、
      /  / }|     Ⅳ  Ⅳ /      Ⅵ  !ト ゝ  ギリシア正教の本拠地でもあったビザンツ帝国です。
.     /  / j八    |  x≠ミ    x=ミ i   八
    /   ′ { (ヽ   |             ハ/     そこからギリシア正教と共に伝わった古代教会スラヴ語、
.    ′! j   \ゞ\{           '   ′‘.      キリル文字は、世俗の日常語であった古代ロシア語に対し、
  八{八ハ   i   ` ーr 、    ー    /   !|      文化的で高い位置の言語として位置づけられたのです。
       \{\  i |__`        イ   八
           \ハ{  `   ≧=‐<  !  , ′      結果、庶民的な『Yurij』「ユーリイ」の名前は、
          _,ノ      | | 、   )ノ}/        上流階級では好まれず、古代教会スラヴ語での
       . <        | |  ` r __         『Georgios』「ゲオルギオス」読みである
       /´\  \      ノxへ_|  i .        『Georgij』「ゲオールギイ」が、
.       ′   \  \    / \:ノⅣ!  ! |        上流階級で好まれる様になったのです。
      i       ヽ   \_/   i::::く  ! |



                _  -‐──‐ --  、
              -─-     -─-、  ` 、
.            /´           \   `
.           /        、      ヽ   ヽ
         /    /  | l |  、    ヽ   ハ
        /     / / /|  l,イ |l ヽ   ハ   '
       //     { /! |ハ! /,ハ  ! i |  、ヽ
       i| l  l 从ノ | l  ソ/!ヽjノjハ  }   ヽ\ !
       l| !  |/ィ芹ミjノ /イノ ィ≠ミハノ   |  トヽ l   例えば、ロシアの帝室だったロマノフ家には、
       j人 l  ハ`弋ソ ノ    ト以}ヽl   !  |  ヽ、  ゲオールギイという名前の人物は、
         ヽト、 |::        弋ソノ !  / ハ !  |  存在していてもユーリイとい名前の人物はいません。
         /  ` i   `        / ノイ jノ i  ハ
.        /イ   .ゝ   、  ,     ムイ     !  l  そして、この様に分裂し、
        ,/ !    i: \      ,.. //     ./  ト !  その後に平俗ロシア語にキリル文字が、
.        j八i  /l {  `ァ =r≦ ,.-'ト!    / ハ | } 当て嵌められていくにつれて違う名前だと
          ヽノ  j八/{ノ「T7'´  |ハ  /i / jノjノ  認識される様になり、今日に至っているのです。
           ,.-─ァr‐‐'´ !l |  __ j.八ノ'`‐jノ、
          イ   i !  /ヽ <___〃  /⌒ヽ


179◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:44:38 ID:IdYgmU8M

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   ふむ、なんだかフランス編での
 |    (●)  (●) |   ロマンス語の読みと書き方みたいだお。
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \ <メモメモ



                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)   ふむ、確かに似ているな。
                  .|    (___人__)
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒)
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',


180◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:45:39 ID:IdYgmU8M

             .   ´  ̄ ̄   =ミ
          ,,´           `ヽ、
.         ,                  ヽ
      /        / /  }       ‘,
.      ,         ′ / ∧ ,′
     / /     / | /|i | ∨    i
    ノイ  i   ハ 斗/-|{ | /ヽト、_   | i   | i
     |{   |  ′Ⅵ′八{    \ヽメ、   | ト、
.     八  | | y'fチ斧  ヽ   x=ュ、 |    |{,ノ \
     / \ト、{ 《弋うノ      "{じ::ハ》|{i  八
.      ′  ` ハ            ゞ '  八 , '  ‘,
.    i{   ! `         '        厶イ     i
    八   |   ヽ      _     イ  |     i|  ・・・・・・さて、
        \{ヽト、  i>      イ }/i ,  i{ 八  次は、彼らが、国家を作り始めた事ですね。
        ヽ  )ノ /\≧≦i){ノ}/ }ノ}/ )′
            /  | | |  |   /)
      __,,  fi´    ノ | |  ` //   _   /)
     /    ||  /イ:T:rへ / `こ7 _ 厶}//
.     ′    ヾ/   f⌒Y/    ヽ{ ,へ ヽ∨
     i          !::/     /ソくノ)  , ′
     |     /7≧x.、  /\   .イ7く /r‐'  /
     | {: /三三ニ/   `くミ三三{ ′ /
     |  Vニニニ/ \     〉三三}___{_
     |   `寸i/      ヽ /三「     |


181◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:48:10 ID:IdYgmU8M

                _  -‐──‐ --  、
              -─-     -─-、  ` 、
.            /´           \   `
.           /        、      ヽ   ヽ
         /    /  | l |  、    ヽ   ハ
        /     / / /|  l,イ |l ヽ   ハ   '
       //     { /! |ハ! /,ハ  ! i |  、ヽ       ロシアの建国の話は、
       i| l  l 从ノ | l  ソ/!ヽjノjハ  }   ヽ\ !    北欧編でも話された様に
       l| !  |/ィ芹ミjノ /イノ ィ≠ミハノ   |  トヽ l    ノルマン人が、大きく関わっています。
       j人 l  ハ`弋ソ ノ    ト以}ヽl   !  |  ヽ、
         ヽト、 |::        弋ソノ !  / ハ !  |    例えば、『ルーシ原初年代記』によれば、
         /  ` i   `        / ノイ jノ i  ハ   リューリクと呼ばれるヴァリャーグ(ヴァイキング)が、
.        /イ   .ゝ   、  ,     ムイ     !  l   ノヴゴロド王国を建国し、
        ,/ !    i: \      ,.. //     ./  ト !   その親族であるオレーグが、ドニエプル川を下り、
.        j八i  /l {  `ァ =r≦ ,.-'ト!    / ハ | }   キエフ公国を建国したとあります。
          ヽノ  j八/{ノ「T7'´  |ハ  /i / jノjノ
           ,.-─ァr‐‐'´ !l |  __ j.八ノ'`‐jノ、
          イ   i !  /ヽ <___〃  /⌒ヽ




            ,.-‐    ‐=ミ
          ,,   , -‐      ‐`ヽ、
           〃   /        i    ヽ
.        /   〃     /   | i |     ‘,
         ′   ′     /  / | |ノ  i:   :.
        .  / /   i  厶-‐/ ハハ i、-|::   }i
       , / イ  .:| /j/}/ / ∧ヽト、!::  八
       ,〃´.: |:..   |' yfチ斧    斧Y|::i /i{
       /  .:::::/|:i:   | ゛弋::リ     ヒリ' |ノ' j八
      , i: :::/{从ト、:.{        ,   ,i i/    当時、スラヴ人は、
     { ,ハ:.   ヽ __`       ,  八|     民族ごとに分裂して居住し、
     レ   ヽト、  ヽ |: 丶   `  / }| |     国家を形成していませんでした。
             \ {ヾー- ≧=‐- く{/'j八{
            ソ    | i ト、          そこにノルマン人がやって来て
          , イ      | i | ヽ、        武力によって統一したと言われています。
       r<  `ヽ、    jY^ヽ__.イ`ヽ
       |  `ヽ、   \  / ヽ={ `寸.: i      この事によって国が、形成され
       |     :.     ∨  V∧  :i |      外国の文献にもスラヴ人の事が、
       |     i     _  i/∧ xヘ |      記される事になったのです。
      :.     :.    /,心、|//∧ミ心.


182◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:49:44 ID:IdYgmU8M

             .  ´   ´ ̄ `  . `ヽ、
         /             \  ヽ
         /          、          ヽ
.         /         ‘.    、    \‘,
        /        i |   !| !   j{  i    ヽ
.     .′       i !| ト、 ヽリ _ト、_ハ !   ト ゝ     これらの事からも分かる様に
              |八{ ∨´ヽ{ }/  Ⅵ   :!|  ‘,    ロシアには、北欧の影響力が、強く存在していました。
      i      ヽ,斗‐ ヽ/ \ 〃斧ミx. |   八
      |{ i   i イⅥxュ、′   弋うソ ,   /       i    もちろん、これは名前にも言えます。
.      八ト、  | | 《 Vじj          厶イ        |{
         \ト、{ ヽ゛ゞ゚' ,         八     八   例えば、キエフ公国を建国した『Oleg』「オレーグ」や
          i ヽ ハ       ,      イ  `  /  /    その女性名である『Origa』「オリガ」等の名前は、
          |   ヽ  `     / |_  |i / )ノ     ゲルマン古語の『heilger』(繁栄)が語源となっていますし、
          |{     ≧ ‐  r ´ ,, ´ レ'}/        オレーグの死後にキエフ公国を継いだ
.          八ト、  iハ ト、ハトr<   { ′       『Igor』「イーゴリ」も北欧的な『Ingvar』の変化した名前です。
              ` \{  }ノ_,ノ !i     ノ `  _
               , rf ´   ノ{           / \    これらの名前は、
             ′:|i|  .イ`:く{ _____/   ハ   ロシア的な名前と認知されていますが、
            i   {iレ' 廴:/ ∨///,/     /  i   そのルーツは、北欧・・・・・・ノルマン人にあるのです。
.              У   /::::/   `寸/      /   i|



                .   ´ ̄ ̄ ̄`  、
          /    ,  '⌒     ´ ̄`丶
                /            ヽ
          /     ,
       ′  /            /   !       ‘,
            . ′       ′  / | i | i   i        しかしながら、これら北欧にルーツを持つ名前は、
      ,   ノイ     厶 ‐ / 八{ ト、{‐- |   ‘,   先程挙げた3つを除いてあまり使われていません。
        ′   |    i´/ | / j/  乂 ヽ |   i .
      /  / }|     Ⅳ  Ⅳ /      Ⅵ  !ト ゝ   理由は、主に2つあります。
.     /  / j八    |  x≠ミ    x=ミ i   八
    /   ′ { (ヽ   |             ハ/      一つは、先ほど言った様に
.    ′! j   \ゞ\{           '   ′‘.       キリスト教の布教によって異教的な名前が、
  八{八ハ   i   ` ーr 、    ー    /   !|       排除されてしまった為。
       \{\  i |__`        イ   八
           \ハ{  `   ≧=‐<  !  , ′       もう一つは、
          _,ノ      | | 、   )ノ}/         ノルマン人が、スラヴ人に同化してしまったスピードが、
       . <        | |  ` r __          早かった為です。
       /´\  \      ノxへ_|  i .
.       ′   \  \    / \:ノⅣ!  ! |
      i       ヽ   \_/   i::::く  ! |


185◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:53:18 ID:IdYgmU8M

            ,.-‐    ‐=ミ
          ,,   , -‐      ‐`ヽ、
           〃   /        i    ヽ
.        /   〃     /   | i |     ‘,
         ′   ′     /  / | |ノ  i:   :.
        .  / /   i  厶-‐/ ハハ i、-|::   }i
       , / イ  .:| /j/}/ / ∧ヽト、!::  八
       ,〃´.: |:..   |' yfチ斧    斧Y|::i /i{
       /  .:::::/|:i:   | ゛弋::リ     ヒリ' |ノ' j八
      , i: :::/{从ト、:.{        ,   ,i i/    例えば、『ルーシ原初年代記』には、
     { ,ハ:.   ヽ __`       ,  八|     キエフ公国を建国した「オレーグ」の時代でも
     レ   ヽト、  ヽ |: 丶   `  / }| |     既に彼は、スカンジナビアに神々では無く、スラヴの神々に
             \ {ヾー- ≧=‐- く{/'j八{     戦いの際の誓いを述べていたという記述がありますし、
            ソ    | i ト、          イーゴリ時代では、彼は自信の息子に
          , イ      | i | ヽ、        『Svyatoslav』「スヴャトスラーフ」という
       r<  `ヽ、    jY^ヽ__.イ`ヽ      スラヴ系の名前を付けていました。
       |  `ヽ、   \  / ヽ={ `寸.: i
       |     :.     ∨  V∧  :i |
       |     i     _  i/∧ xヘ |
      :.     :.    /,心、|//∧ミ心.



                _  -‐──‐ --  、
              -─-     -─-、  ` 、
.            /´           \   `
.           /        、      ヽ   ヽ
         /    /  | l |  、    ヽ   ハ
        /     / / /|  l,イ |l ヽ   ハ   '
       //     { /! |ハ! /,ハ  ! i |  、ヽ
       i| l  l 从ノ | l  ソ/!ヽjノjハ  }   ヽ\ !
       l| !  |/ィ芹ミjノ /イノ ィ≠ミハノ   |  トヽ l   これらの事から分かる様に
       j人 l  ハ`弋ソ ノ    ト以}ヽl   !  |  ヽ、  かなり早い段階からノルマン人は、
         ヽト、 |::        弋ソノ !  / ハ !  |   スラヴ人と同一化していたとされているんです・・・・・・
         /  ` i   `        / ノイ jノ i  ハ
.        /イ   .ゝ   、  ,     ムイ     !  l
        ,/ !    i: \      ,.. //     ./  ト !
.        j八i  /l {  `ァ =r≦ ,.-'ト!    / ハ | }
          ヽノ  j八/{ノ「T7'´  |ハ  /i / jノjノ
           ,.-─ァr‐‐'´ !l |  __ j.八ノ'`‐jノ、
          イ   i !  /ヽ <___〃  /⌒ヽ


187◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 21:55:28 ID:IdYgmU8M

これにて今回の投下は、
終了とさせて頂きます。

見て下さった方々に感謝を。

次回は、明日の21時頃を予定しております。

果たしてやる夫の運命は如何に……。

それでは、次回もお暇な時に
覗いて下されば幸いです。


184小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/19(金) 21:52:40 ID:D8KPcNr.
イギリスに入ったのもノルマン・フレンチというフランス語の一種だしな
固有の言語の影響力は意外に小さい


186小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/19(金) 21:54:32 ID:3k98scUM
このあたりラノベで知ったw


190◆S.DnKL8wio2014/12/19(金) 22:02:02 ID:IdYgmU8M

>>184

イギリスのノルマン系言語の影響力は、
現在もはっきりとした説が出ていないので
かなり曖昧ですよね。

大いに影響があるという説が存在すれば、
あまり関係が無いという説もありますし……。



>>186

ヴァイキングを詳しく書いているのは、
ヴィンランドサガですかね。

始めてみた時は、驚きました。



191小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/19(金) 22:10:42 ID:3k98scUM
乙ー
やる夫がなかなかハマりませんねえw

>>190
いえ、もう二十年くらい前の富士見の『死天使は冬至に踊る -ルスキエ・ビチャージ-』って作品で
スビャトスラフ大公死後の三兄弟の時代を舞台にした、たぶん他には例がないだろうって作品ですw

これで中世ロシア史に興味もっていろいろ本あさったんだよなー
といってもその頃なんてせいぜい図書館当たるくらいしかなかったんだけど


193小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/20(土) 08:27:10 ID:dx2LCrLA
乙でした
ロシアってソ連と共産党のイメージが強すぎて、なかなか親しみがないんだよなあ
世界史でもロシア成立までほとんど出てこなかった記憶


無粋なツッコミだけど>>145 のAAって簀巻きだったはず(小声)


194小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/20(土) 13:31:37 ID:kD3fV52Q
>>193
イーゴリ・スヴャトスラヴィチ公「せやろか?」


195小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/20(土) 16:21:06 ID:r0tNN6ew
名前の歴史って人間の歴史なんだな、当たり前だけど


198◆S.DnKL8wio2014/12/21(日) 11:28:38 ID:vyVTvyW.

>>191 >>193

そんなマニアックな時代を舞台にした作品があったのですか?
いやー、知りませんでした。

タタール以前のロシアは、10世紀以前は文献が乏しく、
それ以降は、ロシアをキリスト化したウラジミール1世以外は、
教科書に載っていない事が多いですからね。

それに授業では、ローマ帝国とイスラム、宋の間に挟まれて
かなり影が薄いんですよね……。


>>145のAAは~

な、なんだってー!?

>>1は、椅子に逆に座り、
背もたれの上からこっちを見ているAAだと思っていました。




>>195

そうですね。

最初の方でも触れましたが、自他を区別する為に人類が、
言葉を持った時からあったのだと考えられています。

そう考えると、名前は、
人間の歩んできた歴史という海から突き出た
氷河の一部とも言えますね。


202小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/21(日) 12:05:07 ID:7KGqteZY
ウクライナ人はスキタイ人の子孫を自称することもあるけど真偽はどうなんでしょうか


204◆S.DnKL8wio2014/12/21(日) 20:02:20 ID:vyVTvyW.

>>202

ウクライナ南部、黒海北岸やカスピ海に挟まれた地域は、
広大なステップの広がる高原(キプチャク高原)となっており、
遊牧民族が、古来より住んでいました。

スキタイ人は、その地で
紀元8世紀から紀元1~2世紀に渡って活動していた
遊牧騎馬民族の総称とされています。

しかしながら、その勢力は、次第に衰え、
突厥やハザール人に代表される
テュルク系遊牧騎馬民族の支配を受け、
次第に同化し、モンゴルの支配の支配を受けるも
マジョリティであった彼らに逆にモンゴル人が同化、
そして現在に至っています。

(ちなみにキエフ・ルーシ時代に活動していた
 ペチェネグ人もホロヴィッツ人
 全てではないが、基本的にトゥルク系民族とされている)

つまり、今現在、キプチャク平原にいる民族は、
トゥルク系の民族が殆ど占めており、
クリミア問題で有名となったクリミア・タタール人も
トゥルク語を話しています。

歴史的に見れば、確かにウクライナにおいて
スキタイの子孫を呼称する事も言えなくもないでしょうが、
ウクライナ語自体が、スラヴ共通基語から派生しており、
ウクライナの多数派は、やはりスラヴ系のウクライナ人です。

(なお、ウクライナ人は学術的な民族区分けに過ぎず、
 ロシア人と同一であるとする説もあるが、反露感情から
 ウクライナ人自体は、ロシア人との同一性を嫌っているとされる)



関連記事
やるやらと学ぶ人名講座 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。